美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
週末、横浜に出掛けていました。
朝家を出る時は雪が舞っていたのに、羽田に着くと悔しい程良いお天気(笑)
ツツジが咲いていたりして、北海道より1ヶ月半は季節が先を進んでいる
感じです。

到着したのが割と早い時間だったので、中華街に直行してランチ。
事前に友人から、お勧めのお店を色々と教えて貰ったのですが、ゆったり座れて
外れが無いという事で「萬珍樓 本店」へ行く事にしました。

注文したのはランチのコース。
日本人らしく、3種類の真ん中をチョイス(笑)

前菜は、白菜の甘酢や蒸し鶏などの盛り合わせ。
甘酢が良い塩梅の味付けです。

    manchinrou1

北京ダック入りのフカヒレスープ。
一瞬鳥インフルエンザが頭を過ぎりましたが(^^;、具沢山の上品なスープでした。

    manchinrou2

芝海老のチリソースと烏賊の香り揚げ。
チリソースが凄く私好み♪

    manchinrou3

点心は海老焼売とフカヒレ蒸し餃子。

    manchinrou4

白身魚と茄子の煮込み。
八角の香りが効いていて、見た目よりもあっさりしています。

    manchinrou5

ご飯は十六穀米のトマトソース添え。
別添のソースを掛けて、リゾット風に食べてみました。
中華でこんなメニューは初体験(@_@;)
さっぱりしていて、お腹が一杯でもスルスルと入っていきます(笑)

    manchinrou6

デザートはマンゴープディング。

    manchinrou7

お料理は全体的に薄味で、油っぽく無く上品です。
熱々で出してくれるのも良い感じ。
味のバランスも良く、美味しく頂きました。
スポンサーサイト
一足早いクリスマスランチを、グランドホテルの「中国料理 桃源」で
頂きました。

野菜を星形に切ってあったり、素材にクリスマスカラーの赤と緑を使って
いたりと、中華でもそれなりにクリスマスっぽい雰囲気が出るものですね~(^^)

一応コース仕立てで前菜のサラダ、春巻きと海老団子をパンの衣で揚げた物に
続いて登場したのが、フカヒレの煮込み・泡雪仕立て。

    tougen5

泡立てた卵白を泡雪に見立てて、銀杏やパプリカを飾って華やか。
広東風の味はややこってり系ですが、相変わらず美味しいです。

鶏手羽元のトウチ蒸しはしっかりした味付けで、お肉は柔らかく簡単に解れます。
白いご飯かお酒が欲しくなりました(笑)

    tougen6

帆立のオイスターソース炒めは、帆立貝に衣を付けて揚げてあるのが一手間違います。
色々なきのこが入っているのが、ヘルシーな感じで女性向けかな。

    tougen7


定番の五目炒飯が出て、デザートはリンゴのコンポートが入ったココナッツ
ミルクと、雪だるまの白玉団子。

tougen8

とんがりコーンの帽子を被った雪だるまは愛らしくて、食べるのが
勿体ないくらい!
フォークを刺してる自分が残酷に思えます(^^;
ココナッツミルクもとても美味しくて、今まで食べた中華デザートの中でも
上位に入るかも。
これだけでもお代わりしたかったわ~♪

来週のクリスマスは多分家で何か作るので(まだ何も考えていませんが(^^;)、
レストランで楽しむのは多分これで終わりでしょうか?
自分で作るより、他人様に作って貰うお料理はやっぱり美味しいですね~(笑)

GW後半はお天気があまり良くなかったので、結局何処にも出掛けませんでした。

街へお買い物に出掛けたついでに寄ったホテルの中華ランチが、美味しくて
休み中のクリーンヒットだったかも(笑)

「桃源」の今月の極みランチは、フカヒレ好きorコラーゲン好きには
たまらないメニューです。

メインは「生ウニとフカヒレの煮込み」
何で味付けしたんだろう? 初めて食べる味で、上手く表現出来ないけど
とても美味しいのは確か。

    hotel5-4

「フカヒレと白菜のパイ包み焼き」米粉で作ったスティックを挿しています。
これは広東風の煮込みを、器に入れてパイで蓋をして焼いた物で、フレンチ風
のお洒落な感じです。

    hotel5-5

それにフカヒレの白湯スープ・サラダ・ご飯・ザーサイ・デザートと
コーヒーです。

    hotel5-6

    hotel5-7

これだけコラーゲンを取ったら、お肌が艶々になりそう~(笑)
大満足のランチでした。
美味しい中華が食べたくなり、グランドホテルの「桃源」へランチに行きました。

目指すは1日10食限定の「極みランチ」。
9月のメニューは、オホーツク産帆立貝の黒酢炒め・冬瓜のズワイ蟹あんかけ・
上海式蒸し鶏・ 豚肉あんかけご飯・ フカヒレスープにサラダ、ザーサイと
デザート・コーヒーが付いた、惚れ惚れしてしまう品数&お得感です(笑)

   tougen2    tougen3

品数が多過ぎてカメラの枠に入りきらず、分割して撮ってしまいました(^^;

黒酢炒めには帆立と長芋が入っていて、食感の違いが楽しめるし、味付けは
上品でバリエーションが豊富なので、飽きずに最後まで美味しく頂きました(^^)

旦那が食べたのは「中国四川省 担々麺」で、本場の汁無し和えそば
スタイルです。
日本で一般的なのは、辛めのスープがある担々麺ですが、これは陳建民さんが
考えたお料理だそうで、日本人がラーメンなどスープのあるお蕎麦が好きなのを
見て、本場スタイルを改良したのだとか。

太麺を使っているので、見た目は中華風ナポリタンのようで、こちらも
美味しそう~♪
今月一杯までの限定なので、巡り会えた時は食べてみたいです。
西武のコート・スーツ下取り割引券があったので、旦那のパンツを買いに
出掛けました。
冬が来る度に太るらしいので、近頃は私も「ストレッチ素材のパンツが楽で
いいよ~」と勧めるのですが、これに慣れると他は履けなくなるようです(笑)

婦人物はパンツやスカートの裾上げは実費を取られるのが普通ですが、
紳士物のパンツは料金を取られない事に最近気が付きました。

お店の人に理由を聞くと、「紳士物は脚が長く作ってあって、裾がそのままに
なっているので、最初から裾上げするのが前提になっている」からだそうです。
言われてみれば婦人物は、脚は長くてもそのまま履ける状態では売られています。
脚短の私には、裾上げするのは当たり前でも、一度解いてから裾上げを
するという手間が掛かるので、別料金なのだとか。

裾上げしない女性って、一体何人くらいいるのだろう~?と思いつつ、
旦那のパンツの裾上げ待ち2時間を潰すのに、お昼ご飯でも食べようと
近くのエスタに行ってみました。

ここの5階に来るのは十数年ぶり(^^ゞ
その頃から変わらずにあるのは、「四川飯店」くらいです。
陳健一さんと関係あるのかは判りませんが、”四川”と言えば麻婆豆腐と
担々麺?(笑)
で、麺好きの私は担々麺をオーダーしました。

     shisenhanten


スープは練り胡麻がかなり入っているのか、トロリと濃厚でしかも辛く、
微かな酸味も感じられます。
具はターサイ&挽肉とシンプルで、濃厚なスープははまると癖になりそうです。

終わり頃にジャスミン茶も出してくれたので、気分もすっきり。
喫煙席と近かったのが残念でしたが、麺はなかなか美味しかったです。
// HOME // NEXT