美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
746鞍目@ホシノキング

昨年の5月以来、乗馬日記を書いていない事に気が付きました(;^_^A
でも地道にポツポツと乗っています。

秋以来ずっと脚の位置を直されています。
始めの頃は脚が前に出ていたため、脚を引くように言われ続けていました。
頑張って後ろに引くように意識していたら、今度は引きすぎだと言われて
また修正中です(>_<)

正しい位置はつま先が腹帯から少し出る辺りで、それより後ろに引くと
お尻が浮いたりして安定しません。
ホッシーのように手綱を引く力が強い馬は、座りが安定しなくて
踏ん張れないので、特に駈歩の時にバランスを崩し、馬のコントロールが
上手く出来ません。

「脚を前に投げ出すような気持ちで乗るように」と指導を受けてから4ヶ月、
やっと最近少しずつ良くなっている気がします。
良い位置の時は反撞が少なくなり、気持ち良く乗れるようになってきました(笑)

10年以上乗っていても、乗馬はまだまだ奥が深くて難しいです(^^;


話は変わって、先日物産展で仕入れた岐阜・養老軒の「ふるーつ大福」。

薄い求肥のお餅の中に、苺・バナナ・栗・つぶ餡と生クリームが入っていて、
全体がとても柔らかいです。
ナイフで半分に切ろうとしたら潰れてしまいました(^^;

    fruit-daihuku1

なので、断面図はパンフレットから・・・

    fruit-daihuku2

旦那曰く、「雪見大福みたい」との事ですが(笑)、具材それぞれのバランスが
良く、上品な甘さで美味しく頂きました。
スポンサーサイト
679鞍目@ホシノキング

退院後2ヶ月以上空いての乗馬再開です。
お腹を屈めるとまだ痛いけれど、主治医の先生から「まだ乗っていないの?」
と言われていたので、体を慣らすためにも恐る恐る乗ってみる事にしました。

まずは常歩で蹄跡を何周か回ってみます。
これは特に問題なし。
20分近く歩くと飽きて来たので軽速歩をしてみたら、揺れと反動でお腹が
気持ち悪いような・・・

インストラクターさんからは「正反動は駄目ですよ~。 まだ駆歩の方が
反動が少ないかな。  無理しないように!」と注意を受け、10分軽速歩
したところで疲労感・・・
試しにちょっとだけ駆歩してみたけれど、体が付いていかない感じがして
早めに上がりました。

馬の手入れはスタッフが手伝ってくれて助かりましたが、蹄の裏を掘ったり
洗ったりする作業は、屈まなくてはいけないので辛いものがあります。

軽く乗っただけなのに、終わると疲労感とお腹への不安があって、
本格的に乗れるのはまだ当分先のようです。
焦らずゆっくりと体を慣らしていかなくては・・・(^^;
675鞍目@フェイルウィン

今年は雪が少なく、-20℃以下になる日も数えるくらいだったので、
馬に乗るのは例年に比べて随分楽だった気がします。
日記は書いていませんが、休まず乗馬に通っていました(笑)

フェイルウィンに乗るのは、今日で2回目。
昨秋来た半血種の子で、力が強く部班をすると跳ね上がる癖があるので、
平日はあまり使われていませんでした。

    feilwin

初回はおっかなびっくり乗っていましたが、部班では無かったためか
大人しく、反応も良くて乗りやすい印象です。

今回もとても良い子で、直ぐにハミ受けをしてくれて気持ち良く乗れました。
まるで自分が上手くなった様な気にさせてくれる馬です(笑)

課題は乗っているうちに、段々ハミにもたれて重くなってくるので、
手で持ち上げるのでは無く脚で押し込んであげる事。
推進力を如何に持続させて行くかという所でしょうか(^^;

終わって足の裏を掘っている最中、乾草を2階へ上げている音に
驚いて、馬が屋内馬場を爆走(゜o゜;;
もう1頭いた馬までつられて、2頭で走り回ってしまいました。
手綱を踏んだら大変と慌てましたが、何とか押さえる事が出来て
ほっと一息(;^_^A
全く油断も隙もありませんわ。
652鞍目@キタノミドリ

先週初めまでは外馬場で乗れたのに、さすがにこの時期ともなると
屋内馬場でしか乗れなくなりました。

可愛かったオルレアンとメジロゲネシスは出厩し、代わりに入って来た馬は
名前すらまだ覚えていません(^^;
ゲネには色々と教えてもらったので、いなくなったのはとても寂しいです(;.;)

キタノミドリは夏頃に入って来た馬で、前回乗った時に肋骨のヒビの
原因になった子です。
顔をゴシゴシ擦り付けてくるのを予想して、及び腰になりながら
馬装をしましたが、その癖は少し大人しくなった様子。

    kitanomidori1

3ヶ月ぶりに騎乗した感じも悪くなく、速歩はフワフワして気持ち良く、
駆歩の出足もスムーズ。
体が大きい割には、手綱を引っ張る感じもしないので、駆歩に関しては
ホシノキングより乗りやすいかも。

気になるのは、速歩しながら顔がフニャフニャと横を向いたりするのと、
ハミ受けが出来ない事。
障害専門にやっていた馬だからなのかな~・・・
おまけに太り過ぎみたいで、速歩してる時から息切れしてて、
駆歩すると肩で息して凄い息遣い(笑)

オーストラリア競馬のG1で、鞭を当て過ぎてレース後に、
心筋梗塞を起こして無くなった馬がいたそうですが、ミドリちゃんの息を
聞いていたら少々心配になりました(;^_^A
馬もダイエットが必要かもね~(笑)
633鞍目@メジロゲネシス

気が付けば、4月以来の乗馬日記です(^^;

この間もっぱら気に掛けてやっていたのは、ハミ受けの練習。
どの馬に乗っても、残り10分くらいになると、ハミを受けてくれるように
なって来ましたが、この状態になってやっと馬が、乗り手の意思を
感じ取って動けるようになったという、始まりにしか過ぎません。

準備運動が終わった頃に、ハミ受けが出来るようになるのが
目標ですが、まだまだ先のようです(>_<)

順番としては、準備運動で元気よく馬を動かす事、それから拳を使って
馬の頭を下げさせていく。
この時外方の手綱は張って、内方の拳を使って下げるのに、私は拳が
弱いらしく上手くいきません。
そもそも拳が強いとか弱いとかいうのも、イマイチ判っていないような・・(;^_^A
感覚的な物は、練習を積んで体で覚えるしかなさそうです。

そういえば、冬の間調馬索でしごかれていたのが役に立ったのか、
先月辺りから正反動がとても楽になり、鼻歌でも歌って乗っていたい
ような気分です(笑)

無駄な力が大分抜けて、姿勢が良くなったのではないかと
自分では思っていますが、少しずつでも進歩が判るのは
楽しいものですね~。
この年になっても、そういう楽しみがあるのは嬉しいものです(^^)
// HOME // NEXT