美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
歳を取るにつれて、筋肉痛は時間を置いて出ると言いますが、体重増加も
同じだなと、つくづく感じる今日この頃。
いい気になってこの2週間、お菓子を午前と午後に食べていたら、今頃に
なって体重が急に増えてきた(^^;;)

私にとって、お菓子はストレス解消法なので、ここでスッパリ止められません。
そこで甘い物は1日1個に制限して、気分だけはダイエット中(笑)
あぁ、それなのに新しいケーキ屋さんを、研修帰りに見付けてしまったのです(^^;

常磐公園近くにある、フランス菓子「アンジュール」。
素材の組み合わせ方が面白く、旭川ではあまり無いタイプのケーキがあります。

食べてみたのは、抹茶のムースと粒餡をクレープ生地で包んだ「抹茶のムース」、
アップルパイの上にプリンが載った「ポミエ」、カスタードクリームと
苺・生クリームの3層になっている「フルーツケーキ(?)」の3種類。
特にフルーツケーキは、スポンジにシロップが含ませてあり、ジューシーで
さっぱり感があり、なかなか美味しい~。

割と小ぶりのサイズなのも嬉しいところ(^^)
ケーキバイキングで10個食べたのも今は昔、色んな味を試したいから、
ケーキは小さめが有り難い(笑)
次回はタルト系にチャレンジかな~♪
スポンサーサイト
ついに買いました! ル・クルーゼの22cmココット・ロンド♪
お店で眺めたり、ネットでチェックしたりとずーっと気になっていたものの、
値段と重さ故になかなか手が出なかったお鍋が、セールでほぼ半額(@_@;)
これは買わないと損です(笑)

鋳物ホーロー製のお鍋は、厚さ4mm・重さ約5kg。
持ち運ぶには大変で、キッチンの上にある収納庫だと出し入れは無理です(笑)
そのままオーブンにもかけられて、蓋の重さでほぼ密封出来そう~。
鍋の厚みがあるので保温性も良く、余熱で煮込みも出来そうです。
洗ったら直ぐ、水気を拭かなくては縁が錆びるそうなので、それがちょっと
面倒かな~。

初料理は、ポトフにしてみました。
野菜と焦げ目を付けたお肉を、スープとワイン・スパイスで30~40分弱火で
煮込んだ後、火を止めて暫く放っておきます。
余熱で野菜やお肉はふっくら柔らか、ジャガ芋と玉ねぎは甘くなって、
出来上がりはいつもとは違うようです。
ワンランク上のポトフかも?(笑)
お鍋の評判が良いのも、判る気がします。

このサイズで作ったポトフは、2人で食べたら3回分!(爆)
見た目は大きく感じないのに、凄い量が出来ました(笑)

肉じゃがや煮物をするなら、18cmサイズがあるといいかな?
セールになったら、もう1つ鍋が増えそうです(笑)

友人と久しぶりにランチ、それもフレンチとくれば、食べる時の心構えも
普段とは違います(笑)
昨日行ったお店は、レストラン&バー「K's」。
コンクールで賞を取ったというシェフのお料理は、盛りつけがとても綺麗で
センスが感じられます。
味付けも勿論美味しくて、感動しながら頂きました(^^)

お魚のランチコースは、前菜がラタトゥユの上に白身魚のカルパッチョと
生ハムを載せた物でした。
次にキノコのスープが出て、メインは鰈のワイン蒸し&ハニーマスタード
ソース(多分?)。
デザートは、アイスクリームとクレームブリュレにフルーツ添えと、
女性には嬉しい充実感♪
コーヒーは別注文ですが、このボリュームだと文句なんてありません(笑)

写真が無いのが残念ですが、食べるのに夢中で、すっかり念頭から
消えていました(^^;

今、ガスオーブンをどうしようか思案中で、ガスオーブン歴17年の友人から、
使い勝手を聞きました。
友人曰く、「オーブン料理が上手く出来て、絶対にお勧めだよ~!
しかも壊れない(笑)」。
コンベクションタイプはその当時、お料理が乾燥しやすいと店員さんからは
勧められなかったそうです。

電子レンジの機能付きについては、オーブン料理を多く作る人だと、
レンジと並行作業になる事が出てくるから、スペースがあるなら別々に
買った方が良いかな~と言っていました。
そうなの! 問題は置き場所なのよね~!
野菜の下ごしらえやご飯の温め等、レンジを使わない日はないけれど、
庫内が熱いままでは使えないので、時間のロスが出てくるし、かといって
2つの調理器具を置く程広い台所でもない・・・

システムキッチンに、ガスオーブンと食洗機を組み込んだら、お鍋の
収納スペースが無くなるっていうのもネックだしね~。
広~いキッチンがあれば、そんな悩みも無くなるのに、生憎我が家はウサギ小屋(笑)
料理しなけりゃ、スペースが無くてもスッキリなのに~(笑)
お料理を美味しく仕上げる、プロの裏技調味料というのをTVで見ました。

肉じゃがにはコーラ、味噌ラーメンにはピーナッツバター、缶詰のミートソース
には砂糖と味噌を入れると、味にコクと深みが出てグッと美味しくなるそうです。
ピーナッツバターは、言われてみれば「ああそうか~」と思うし、
ミートソースに味噌も、シチューの隠し味に味噌っていうのもあったり
するので、これも判る気がします。
でも、肉じゃがとコーラの組み合わせはねぇ・・ 想像もしませんでした(@_@;)

このポイントは2つ。
コーラの炭酸でお肉が柔らかくなり、香料やカラメルなどが肉じゃがの味に
深みを与えるのだそうです。
「豚肉のコーラ煮」はよくありますが、じゃが芋にもコーラは合うのね~。

コーラ煮じゃないけど、うちで時々登場するのが「スペアリブのマーマレード煮」。
お料理を作るのが面倒で、見栄えよくしたい時には欠かせません(笑)
煮る時間は掛かりますが、煮汁の量に注意さえしていれば、その間は
ネットで遊べます(笑)

出来るだけカロリーを押さえたいので、お肉はフライパンで焼いて
焦げ目を付けてから、お湯の中に長ネギの切れ端と共に30~40分茹でます。
その後別の鍋に、茹でたスペアリブとお酒・マーマレード・醤油・砂糖・
ニンニクと水を入れ弱火で煮ます。
調味料は適当に入れても、味がまとまりやすいのも良い所(笑)
マーマレードが多いとちょっと苦みがあったり、ジャムの甘さによって
砂糖の量も加減が必要なので、味見をしながら作るといいですね~。
そろそろ春野菜が出回る時期です。
代表選手といえば、やはり菜の花でしょうか。
おひたしや和え物にしたりしますが、ちょっぴりほろ苦い味が体を冬眠から
目覚めさせてくれる気がします。

家ではたまにしか食べませんが、偶然同じ日のお昼と夕食に菜の花の
お料理を続けて食べました。

お昼に食べたのは、「春野菜のパスタ」。
トマトソースの具は、炒めたウドや筍・キャベツ。
その上にソテーした菜の花が、彩りよく載っています。
野菜の味や香りを活かすために、ソースは薄味でした。
そのせいか、全体的にボケた感じがしましたが、ウドや菜の花の
こういう使い方もあるんだな~と頭の中にメモ(笑)
特にウドとパスタの組み合わせは、思いもしませんでした。
ただパスタに使うなら、トマトソースよりはシンプルな塩味の方がいいかも?

夕食に出たのは、「菜の花の明太子マヨネーズ和え」。
塩茹でした菜の花と蟹肉を、明太子マヨネーズで和えただけですが、
緑と白とピンクの色合いがとても綺麗で美味しいです。
これはうちでも、すぐに真似出来そう~(笑)

自分でお料理を作っていると、パターンが決まってしまいがちだけど、
こうやって新しい物を食べるのは、気分もお料理もリフレッシュ出来ていいわ~(^^)
ソーセージには目がない我が家で、なかなか食べる機会に恵まれなかったのが、
手作りソーセージ屋さんの「Horn(ホルン)」。
東京のオーケストラでホルン奏者だったオーナーが、第2の人生として
旭川でソーセージの工房と喫茶店を始めたというお店です。
近くに行ったついでに、やっと寄る事が出来ました。

昼下がり、入り口のドアを開けると同時に「いらっしゃいませ」の声が
お出迎え。
驚いて店内を見渡すと、私以外には誰も居ません。
直ぐに、「広い席へどうぞ」とか「上着を脱いでゆっくりして」と言われ、
サッとお水も出してくれます。
本当はソーセージのテイクアウトだけのつもりだったのに、親切に応対されて
お水まで出て来たら、「テイクアウトだけなんですが・・・」とは
とても言いにくい(^^;
つい遠慮しちゃうのよね~(^^;;)
流されるままに私は、椅子に座ってホットドッグセットを注文してしまいました(苦笑)

レタスと胡瓜とソーセージを挟んだフレッシュドッグは、長いソーセージに
粒マスタードが添えられています。
ケチャップは好みで掛けるようになっていて、シンプルだけどソーセージの
旨味が味わえます。
それに飲み物が付いて680円。
その他のメニューは、ピラフにソーセージのお料理で、アルコールも昼間から
OKなのは大人向きか(笑)

テイクアウトしたのは、サマーソーセージ(大葉と生姜入り)に
スイスガーリックソーセージ(香辛料の利いたスモークソーセージ)です。
どちらも脂控えめなのかあっさりして、肉質は柔らかめでちょっとボソボソ感あり。
味付けは上品な薄味で私好み、特に大葉と生姜入りは、爽やかで美味しい~♪

店内にはピアノやアルプスホルンがあって、ミニコンサートの練習も
出来るようです。
ホルンのレッスンもあるそうで、音楽好きな人には面白いお店でしょうね。

巷では、1本5000円もするミネラルウォーターが話題のようです。

どんな物にお金を掛けるのかは人それぞれ、想像するにそのお水は、
美味しくてまさに甘露なのでしょう。
でも私はお水に5000円も払うなら、5000円でゴージャスなランチを
食べたいです(笑)

普段は水道水も飲んでいますが、今一番気に入っているミネラルウォーターは、
クリスタルガイザーの「スパークリングレモン」。
ほのかなレモンの香りと酸味がする発泡水で、飲み口がスッキリして
グビグビと飽きずに幾らでも飲めてしまいます。
柑橘系の香りは、気分的にもリフレッシュ♪
糖類が入っていないので、カロリーゼロなのも嬉しい~。

ところがこのお水、こちらでは手に入りにくいのです。
コンビニやスーパーを何軒か回ってみても、何処も扱っていないようで、
やっと1軒見付けたスーパーでは在庫切れ。
仕方なく隣に並んでいた、伊藤園の「Natural Sparkuling シイクワシャー」を
買ってみました。

こちらはシイクワシャーの果汁が入った、無糖の発泡水です。
ノンカロリーなのは同じですが、クリスタルガイザーのよりは少し酸味が
強いかもしれません。
果汁が入っている分、ヘルシーかな?(笑)
こちらも私は好きですね~(^^)

クリスタルガイザーの発泡水には、他にライムやオレンジ、ベリーベリーの
風味もあるようです。
どれも爽やかそうで、試してみたいですわ。
先日の大九州展では、鹿児島「有村屋物産」の薩摩揚げも購入。
目の前で揚げている薩摩揚げは、香ばしい香りが漂いとても美味しそう~。

飛び魚天や枝豆入り・五目揚げなど色んな種類の中から、選んだのは蓮根天。
九州らしいのは飛び魚だけど、これを選んだのは私が単に蓮根好きだから(笑)
軽く炙って食べてみると、プリプリッとした弾力とその後からじわっと
旨味が湧き出します。
素材の良さが感じられる、美味しい薩摩揚げでした。

そういえば実家では、昔から薩摩揚げを「天ぷら」と呼んでいました。
一般的に東日本では「薩摩揚げ」と言うのに、北海道在住の我が家は
何故か「天ぷら」(^^;
多分、祖父母が西日本出身だからなのでしょうか。

その祖母が、子供の頃に作ってくれたカレーライスには、お肉の代わりに
「天ぷら」が入っていました。
天ぷらから出る甘みで、カレーはとってもスウィーティー♪
こう書くと、美味しそうなカレーに見えるでしょ?
でも美味しくないんです(笑)
甘くて辛いカレーは嫌いじゃないんだけど、この組み合わせはどうも
相性が悪い気がします(^^;
やっぱり天ぷらは、そのまま食べるかおでんの具がいいな~(笑)
ホワイトデーのお返しを頼まれて、「大九州展」を覗きがてらデパートへ
お出掛け。
旦那の指名は、「キハチ」と「ロイズ」のホワイトデー限定商品でしたが、
ロイズのは既に売り切れ(@_@;)
取り敢えずキハチをゲットしてから、売り場を1周してみたものの、
どれもピンと来ません。
やっぱりロイズかな~と、クッキーやフィナンシェなどの焼き菓子を、
適当に箱詰めにして貰いました。

必要な個数をそれぞれ買ったら、お菓子だけで大きな紙袋一杯。
荷物は重いし、これ以上買うのはもう嫌!(^^;
それに自分で自分のホワイトデーのお菓子を買うのも、少々癪に障ります(笑)
どうせなら、プレゼントは軽くて嵩張らない方が好きだしね~♪
で、自分用にはスカートを買っちゃいました(爆)

さて、「大九州展」でのお目当ては、こちらでは初登場の菊屋の「ぷりんどら」。
ところが人気なのか、まだ2時過ぎだったのにもう売り切れ・・・
このところ限定販売の商品には、ことごとく振られっぱなしで、どら焼きに
まで見捨てられてしまいました。
あ~ぁ・・ 並ぶくらいの気合いがなきゃ、美味しい物は食べられないのねぇ・・・
その代わりは、福砂屋のオランダケーキにふくやの明太子でした。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

着付けの先生達との久しぶりのランチは、個室でまったり落ち着ける
和食庭園「小城」。
こぢんまりしたお庭は万俵家のそれには及びませんが、築山の山水庭には
鯉が泳いでいて、なかなか風情があります。

ランチはお弁当から会席までメニューが豊富で、どれにしようか迷って
しまいましたが、「美容と健康」の謳い文句によろめいて「薬膳粥御膳」
に全員決定!
年齢を問わず女は、”美肌”や”若さ”という言葉に弱いのです(笑)

黒米とクコの実や松の実が入ったお粥を中心に、ホエー豚の角煮・
金糸菜の入った野菜の煮物・湯葉のお刺身・烏骨鶏のゆで卵などが付いた
お膳は、上品な盛りつけの割には食べ応えもあり、お腹の底から
ヘルシーになるって感じ♪
デザートの生姜シャーベットはサッパリと美味しく、薬膳茶のドクダミや
ハトムギが美人の仕上げのとどめです(笑)
お部屋を出る頃には、女に磨きが掛かっている事間違いなし!(爆)

お皿の具材の配色を眺めながら先生は、色を識別する能力の話をしてくれました。
この能力は子供の時に作られるので、例えば100色のクレヨンを与えられた子と、
20色のクレヨンを与えられた子とでは、その後の微妙な色を見分ける力が
違ってくるのだそうです。

黄色といっても、青みがかった黄色やグレーが混じった黄色など色んな
黄色があるけれど、それを子供のうちに体験させると、大人になっても
微妙な色合いの違いが判るようになるのだとか。
これは14歳までの経験が大事だそうで、25歳を過ぎると能力は下る一方・・・

そうすると私は、手遅れ過ぎて救いようがないのか・・・?(^^;
// HOME //