美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘味界の今時の主流はとろとろプリンなのか、物産展やフェアなどで色々な
お店のプリンを見掛ける機会が増えています。
1度にプリンの食べ比べが出来るなんて、甘い物好きにはたまりません(笑)

この機会を逃してなる物かと、購入したのは 帯広ユトリベルグの「おびひろ
ナチュラルプリン」
、池田町パパラギの「牧場のとろとろプリン」、
あとは 地元のエチュード洋菓子店「ひよこのお昼寝プリン」です。

何れも瓶に入ったトロトロ系のプリンで、北海道の素材に拘っています。
ユトリベルグは、バニラ以外が全て十勝産の原料で、牛乳は帯畜大の低温殺菌牛乳。
パパラギは勿論パパラギ牧場の牛乳で、エチュードはオホーツクの牛乳と
東旭川の有精卵を使っているそうです。

だからどれも濃厚で美味しいんだけど、私の舌では格段の違いがあるかと
訊かれると、返事に困ります(笑)
甘さやトロトロの食感、それに卵の匂い(卵黄の量?)の違いはあっても、
それ程大差はないような・・・(^^;
プロが作るトロトロプリンは、どれも似た雰囲気なのかもしれません。

食べ続けて判ったのは、カラメルソースがあった方が、味にメリハリがついて
良いということでした(笑)


    purin

スポンサーサイト
そろそろ、農家のおばちゃんの野菜直売所がオープンする時期だろうと、
花菜里ランド(市農業センター)を覗いてみました。

毎週土曜日だけやっている「まごころ市」は、朝取れた新鮮な野菜が安く
手に入るので人気があり、午前中に行かないと目ぼしい物が無い事もしばしば。
一昨日は葉物野菜にブロッコリー・越冬ジャガ芋等の他に、この時期ならではの
生わらびが売られていました。

わらびのあく抜きは自分でやった事がないので、買おうかどうしようか
迷っていたのですが、思い切っておばちゃんにあく抜きの仕方を訊いてみました。
わらびのあく抜きは簡単で、バットにわらびを並べて重曹を適当に振り、
そこへ熱湯を充分浸る程注いで、そのまま一晩放置。
この時、お湯からわらびが顔を出しては駄目です。
翌朝には真っ黒な水になるので、それを取り替えれば出来上がり~。
後は、下の固い部分を切って、好きに料理をすれば良いそうです。

「へぇ~、茹でなくてもいいんだ? 意外と簡単じゃん!」と、下ごしらえを
しながら頭の中では、大江千里さんの「ワラビーをぬぎすてて」が回っています(笑)
<ちなみに、最近までずーっと「ワラビー」は動物の「ワラビー」だと
思っていました(恥爆)

作ったのは、「わらびと豚肉の炒め煮」と「わらびのおかかマヨネーズ和え」の2品。
炒め煮の方は、少量の油でお肉とわらびを炒めてから、出し汁・醤油・酒・
味醂・砂糖で味付けした、昔ながらの懐かしい味わいです。

和え物は、さっとわらびを茹でてから適当な大きさに切って、マヨネーズと
醤油少々、それに鰹節と一緒に混ぜてみました。
マヨネーズ味は初めてだったけど、お好み焼きっぽくってわらびとの相性も
悪くはない。
煮物や和風の和え物に飽きた時には、目新しくていいかも。

ところで、わらびを細かく叩くと粘りが出てくるのですね~。
お味噌や醤油を混ぜたりして食べるらしいのですが、わらびが粘る事自体
初めて知りました(^^;
TVショッピングのCMで見掛ける「ビリーズ ブートキャンプ」。
パワフルな黒人ビリーがやっているエクササイズで、画面に映る女性達は
みんな腹筋が割れていて格好いいし、楽しそうに見えます。
気になっていたこのエクササイズを、友人のブログで読んでから益々興味津々。
何でもアメリカ軍隊式のトレーニングを取り入れて、短期間でダイエット
出来るというエクササイズだそうで、やった人は体がボロボロになるくらい
凄いのだとか?(^^;

私も試してみようかなと思っていた所、他に周りでもやっている人が何人か
いたようで、運良くその中の1人からDVDを借りられました。

4本セットのDVDは、2日で1枚ずつこなしていくようです。
まだ私のキャンプは1日目ですが、スクワットやストレッチ、ジャブなどの
動きが組み合わされていて、始めてから15分でもう汗が・・・
思っていたよりかなりキツイ!(苦笑)
でも音楽はノリが良く、ビリーは絶え間なく声を掛けてくれて、
「やれば出来る!」だの、「未来の自分を想像するんだ」とアメリカ人らしい
positive thinking なので、私も乗せられてその気になってきます(笑)
しかも「苦しい時は休んでもいい」と、優しい言葉も掛けたりするので、
ビリーって意外といい奴じゃん!と思ったり・・(笑)

1本は55分と長いので、家事の合間に動いている私には、なかなか最後まで
行く時間がありません(^^;
それにジャブの姿は猫パンチをしてるようで、人には絶対に見せられない(爆)

真面目に毎日やっていると、痩せるというよりは筋肉質の体になりそうです。
お腹も空くので、ついお菓子も食べちゃったりして・・・(^^;
家に生ビリーがいて、「その一口が努力を無駄にする!」なんて叱咤激励して
くれたら、良いダイエットになりそうなんだけど~(笑)

出掛けるのが億劫な時に、便利なのが宅配ピザ。
といっても、うちで注文するのは年に数回程度だけれど、以前に1度だけ
頼んだ事がある「ピザ 10.4(テン.フォー)」から、突然電話が
掛かってきました。
「お客様から暫くピザのご注文がありませんが、何かお気に召さない事でも
ありましたでしょうか?」という、コールセンターのお姉さんからの電話です。

このお店は函館が発祥の、全国へ展開中の(無い県もありますが)
ピザチェーンで、和風ピザやナポリタンが載ったピザなどの
ちょっと変わったピザや、北海道産の小麦をピザ生地に使っている
というのがウリです。
他のピザチェーンと違い、注文は一括してコールセンターで受けて、
最寄りのお店から配達するというシステムなので、顧客の好みや
注文頻度などの顧客管理もしっかりしているようです。
だから私が、半年以上も注文していないのが気になったのでしょう(^^;

ピザを頼む回数自体も少ないし、お気に召さない点と言われても
「う~ん・・・」と返事を躊躇っていると、お姉さんは重ねて「何でも
仰って下さい」と言います。
それでつい、「うちにはちょっと味が濃いというか、塩気がきついようで・・・」
と言ってしまいました。
すると「そうでしたか・・ 誠に申し訳ありません。 きちんとマニュアル
通りに作っているはずなのですが、貴重なご意見をありがとうございます。
きちんと伝えておきますので。  
もし宜しければ、サービスクーポンをお届けしますので、お気に召したら
ご利用下さい。」と、相手が悪い訳でもないのに、とっても
ご丁寧なお返事が・・・(^^;;)
味は個人の好みの問題なのに、こんな風に言われるとかえって恐縮してしまいます。

数日後、3日間限定の40%引きのチラシと、ピザ1枚にSサイズのピザが
おまけに付いてくるクーポンが入っていました。
こうなると、ピザを頼まないと悪い気がしてなりません(笑)
商売上手なのか、ここまでされるとお客としては好感度が高いですわ♪

自分がお弁当を持って行く時、ついでに旦那の分も作るくらいで、普段は
お昼のお弁当を旦那には持たせていません(^^;

ところが我ながら驚いた事に、今週は月曜日から毎日お握りを作っています。
猫に朝早くから「ご飯を頂戴~♪」と起こされるので、早く起きたついでに
旦那のお弁当も作っているのです(笑)

毎日ともなると、さすがにお握りの具もマンネリ化。
ゆかりを混ぜたご飯に梅干し、明太子やタラコ、醤油を混ぜた鰹節、
白ゴマを混ぜたご飯に鮭など、数種類を取っ替え引っ替えという感じで、
目新しさがありません。
マヨネーズ系は私が好きではないし、鰹節+チーズ+醤油を具にした時は、
「怪しかった」と一言・・・(笑)

ワカメご飯などご飯に具を混ぜるのもいいけれど、おにぎりの醍醐味は
ガブッと囓った時に中の具が判るサプライズだと思うので、やっぱり
真ん中の具は欲しい~(笑)

タイムリーな事に、偶然昨日のTVで「美味しいお握りの作り方」が
放送されてました。
お握りは、お米と空気が適度に混ざってふんわりした状態だと、口の中に
入って直ぐにほぐれて、お米の旨味が充分に味わえるのだそうです。
コンビニの中には、ふんわり感を出すために、ご飯をそのまま三角の型に入れ、
空気を圧力でご飯の中に吹き込むという、作り方をしている所もあるようです。

自分で作る究極の作り方は、塩水を薄く塗ったお茶碗の中に、ご飯を入れ
指でほぐしてから、お茶碗の中で回転させるように滑らすだけ。
引っ繰り返して、同じ様に滑らせたら出来上がり。
決して力を入れたり、握ったりしたらいけないのだそうです。

これだと柔らかくてふんわりしたお握りが出来そうだけど、その場で
食べるのならともかく、持ち運んでいるうちに崩れてきそうな
気がするのは私だけ?(笑)

ご飯を炊く時は、水分を控えてやや固めに、炊けたら直ぐにバットなどに
広げて水分を飛ばすと良いみたい。

「お握りは握るな!」というのはよ~く判ったので、次回作る時は少し
パクらせて頂こうと思います(笑)
相変わらず大人気の旭山動物園。
関連グッズも今や600点を超えたそうで、その主流は雑貨とお菓子のようです。

混雑は苦手なので、お客さんでも案内する機会でもないと、地元にいても
なかなか動物園までは出掛ける事もありません。
それでも、お菓子類は市内のお店でも売られているので、その気になれば
食べられます(笑)

今回初めて食べたのは、動物園系のお菓子では早くから出している、
梅屋の「白くまシュー」。
梅屋はシュークリームが有名で、それを更にバージョンアップさせたようです。
シュー皮にホワイトチョコレートをコーティングして、中のクリームも
白と、白いイメージを強調しています。
このクリーム、カスタードクリームと生クリームをミックスしていると
思うのですが、生クリームの割合が多いのかなぁ?、定番のシュークリームより
上品な感じ?(笑)
コクがあるけどくどくなくて、私はこちらの方が好きだわ~。

1個150円とお手頃なので、おやつに食べるのには良いですね~♪
お土産品って当たりはずれがありますが、これは悪くないかも(^^)

    shirokuma-shu

そろそろ北海道は運動会の時期ですが、子供の頃に運動会に必ず登場して
いたのはバナナ。(年齢が判りますね~(笑))
好きな果物といった訳じゃないのに、不思議と必ず食べさせられました(^^;

今でこそ野球選手やテニスプレイヤーが、試合の合間にバナナで栄養補給
していますが、昔はスポーツ栄養学なんて知らなかっただろに、偶然とはいえ
理に適っていたのですね~。

で、何となくバナナをお料理に使えないかと思い立ち、バナナトーストを
作ってみました。
バターを塗った食パン(薄切りの方が良いかも)に、スライスしたバナナを
載せて、シナモンを少々振ってトーストします。
好みにより、バナナの上にグラニュー糖や溶けるチーズを載せる手もありますが、
手持ちがなかったので、私はシンプルにそのまま。
う~ん・・・ 気に入るかどうかは、熱によってトロッとなったバナナが
好きかどうかによるかもしれません(笑)
まったりとした食感と、カリッとしたパンとコントラストが楽しめればOK?
でも、シンプルなままはお勧めしません(爆)

まったりといえば、GWが開けてから久しぶりの乗馬は、1人で気ままに
まったりと練習していると、先生から「大会に出てみませんか~?」と
声を掛けられました。
地区大会や国体予選など、5月~10月までは毎月のように色々な大会が
開かれているので、その気になれば出られるようです。
私が出ても恥ずかしくない、初心者向きの大会ってあるんですか?と
聞くと、「札幌のなら初めて出場する人にぴったりです!」と言う事で、
いつの間にか7月に馬場2科目で出るような事になったみたいで・・・(大汗)

馬場馬術というのは、イメージはフィギアの規定に近いかもしれません。
規定の図形と動きの描かれた紙を貰ったものの、難しくて見ただけでは
とても覚えられない・・(^^;
「大丈夫でしょうか~?」と不安になると、「これから体で覚えましょう!」と
益々不安になる返事が・・・(笑)
これから鬼のしごきが始まるのか?
果たして付いていけるんじゃろうか~?(^^;;)
旦那の予定が当日にならないと判らないため、事前に予約が必要な事は
なかなか出来ません。
でもGW期間中にやっていた、”フグ半額感謝セール@前日までに予約”だけは
どうしても見逃せない(笑)
とはいえ、1人でフグを食べに行くのも気が引けるし、私が念仏のように
「フグ・・・フグ・・」と唱えていたら、向こうも可哀想に思ったのか、
「予約を入れてもいいよ~」と言ってくれました。

お店は、お値段がリーズナブルで美味しい「五十番」。
お店が古い分、中身で勝負!って感じで良心的です。
さすがにセール期間なだけあって、お店は満員で店員さんも大変そう。
サービスがそれなりなのも、仕方ないですね(^^;

コースは、てっさ・てっちり・唐揚げ・お雑炊・デザートと軽めを選び
ましたが、これだけでも充分満足!
フグは何処を食べても美味しいなぁと、しみじみ思いますね~(^^)

これが、私のGWの一番のイベントでしょうか(笑)

今、ちょっと気にしているのは、アメリカでペットフードを食べた犬や猫が、
相次いで死亡したというニュース。
原因は、フードの原料の中から、中国産の小麦グルテン・コーングルテン・
コーンミール・大豆ミール・米タンパク質などの添加物から、メラミンや
アミノプリテン(殺鼠剤)が検出されたのだとか。

「ありゃ~、また中国?!」と、名前を聞いただけで嫌な気がするのは私だけ?(笑)
輸入野菜は買わないようにしていたけれど、ペットフードにも入っているとは
思いもしませんでした。

対象ブランドは、ヒルズやアイムス、ユーカヌバ、ナチュラルバランス、
ニュートロナチュラルと有名どころばかり。
各会社のHPでは、日本向けの商品は安全だと発表してありますが、
猫に餌をあげる度にどうも気になります(^^;

一応どこも一流と言われているメーカーなのに、カナダの同じ工場で作られて
いるっていうのは、どれも元を質せば原料は同じって事?
アイムスがいいのかヒルズにしようかと、陳列棚で迷っていた私は
意味ないじゃん(笑)

更にこれらの添加物が、ヒト用の食品にも混入してる可能性を払拭するため、
米国FDAが検査をするのだそうです。
ベビーフードやパン、シリアル、ビール、豆乳など幅広く使われているようです。
色んな加工食品にも入っているのに、またまた吃驚!(^^;
メラミンが人間に及ぼす影響は、まだ判らない所もあるようですが、
ビール好きには嬉しくない話題だわ~(^^;;)

子猫をドライブに慣らすのとお披露目を兼ねて、実家へ行って来ました。

先代のシャム猫はドライブ好きで、リアボードの上に載ってうらうらと
外の景色を楽しんでいたし、もう1匹はキャリーの中で直ぐに夢の世界に
入っていったのに、今度の猫はとにかく煩い(^^;

ヘッドレストの上に上ったり、ダッシュボードに上がったりと車の中を
あちこちウロウロと動き回る。
頭の上に猫が乗った時は、猫よりも私の方が固まってしまったわ(爆)
その間、1時間以上ずーっと泣きっぱなしで、往生際の悪い事(笑)
着く30分前にやっと膝の上で丸くなったので、観念したようです。

どうしてもドライブに慣れない猫もいるようですが、帰りのドライブには
少し落ち着いてきたので、うちのは何とかなりそうかな~。

ところで、実家では、この時期ならではの「山ワサビ」を掘ってきました。
これは普通の山葵とは違って、西洋ワサビ(ホースラディッシュ)と
同じ物で、田圃の畦など土の中に生えています。

白い根を摺り下ろすと強い辛みが出るので、お刺身の薬味や、冷や奴に
載せたり、鰊を焼いた時に添えて一緒に食べると美味しいです。
子供の頃は、下ろした山ワサビに醤油を掛けて、熱々のご飯の上に
載せて食べたりもしました。

ワサビ掘りを始めると結構楽しくて、気が付けば袋の中には6本も・・(^^;
さすがにこれだけあると、1年以上は持ちそうです。
冷凍保存も出来るみたいだけど、スーパーで見掛けた「山ワサビの醤油漬け」を
作ってみる事にしました。

下ろし金で摺るのは面倒なので、フードプロセッサーに掛けて細かくした
物を、醤油と一緒に瓶に詰めて冷蔵庫へ。
掘りたてのせいか、プロセッサーの蓋を開けた途端、強烈な辛みで
止めどなく涙が出て来て、目が開けられません。
これはもう、兵器と同じだわ~(^^;;)
全部詰め終わるまでに、1ヶ月分の涙を流した気がします(苦笑)

保存してる間、辛みがどの位残るのか判りませんが、大量の山ワサビは
危険だというのを実感しました(笑)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。