美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
先日旦那が、輸入食品ショップで「サワークラフト」を買って来ました。

あれれ? 「ザワークラウト」じゃなくて「サワークラフト 」??
名前が少々怪しいなと思って瓶の表示をよく見たら、原産国は中国(笑)
ドイツの漬物なのに、中国で作られています。
ラベルは横文字で書かれているし、材料などの表示の文字は小さいので、
よくよく見ないと勘違いしてしまうのも無理ありません。

中国製だと知って、途端に旦那は拒否反応(^^;
でも折角買ったのだから、一口でもと味見してみましたが、どうも美味しくない。
ザワーならぬサワーで、本場物とはやっぱり違う(苦笑)

捨てようかどうしようかと迷っている時に、中国製餃子のニュースが
飛び込んで来ました。
で、迷わずゴミ箱行き。
サワークラフトが悪い訳ではないけれど、食べるのも何だか気持ちが良くないし・・・

加工食品でも自分で表示が確認出来る物はまだ良いのですが、業務用で
外食や中食に使われている物は、何が入っているのか判らないので、
こういう事件が起きると不安になりますよね~。

手作りが一番なのは判ってはいるけど、なかなかねぇ・・・(^^;;)
スポンサーサイト
一月振りで食べる今年初ラーメンは、初めてのお店にチャレンジ。
居酒屋さんが、昼間の3時間だけラーメン屋さんに変身するというお店
「らーめん 天晴れ」に出掛けました。

食べたのは醤油ラーメン。
かなり細いストレート麺に、豚骨系のスープ。
スープの表面の背脂は多めなので、こってりしてますね~。
黒コショウと玉ねぎの甘味が利いているスープは、マイルドで塩梅も良く
美味しいと思います。

具は、豚トロのチャーシューにシナチク・なると・海苔・大きめに切った
ネギが載っています。
ラーメンの雰囲気は「玄」や「三日月」に似ていているので、山頭火系
なのでしょうか。

私はメニューに載っていた「鶏半身揚げ」というのが気になっていたのですが、
さすがにラーメンを食べた後に鶏の揚げ物は、胃が4つくらい無いと
消化出来ない気がして、後ろ髪を引かれつつ諦めました(笑)

    appare
自分の目と鼻と舌には自信があるので(笑)、食品の賞味期限や消費期限を
過ぎても動ずる事無く食べています。
使い捨てカイロだって同じ事、未開封なら2年位消費期限が過ぎていても
大丈夫だと使ってみたら、ちっとも熱くなりませんでした。
さすがに2年の長さは、無視する訳にはいかないようで・・(笑)

さて、寒いこの時期は、カイロと共に出番が多いのはお鍋料理。
体が温まって地球温暖化防止にも役立つし、作るのも後片づけも簡単なのは
主婦にとっても嬉しい~(笑)

でも自分で鶏の水炊きを作ると、鶏肉が固くてイマイチ美味しくない。
昆布出汁にブツ切りの骨付き鶏肉を入れ、お肉が煮えた頃に野菜を
加えるのですが、この作り方だとお肉がふっくら柔らかいという
感じではないのです。

だから、普段は登場する機会があまり無かったのですが、先日美味しい
水炊きの作り方をTVで目撃。
鶏肉の煮方と、出汁の取り方が間違いだったようです(^^;

出汁は昆布ではなく、鶏手羽先を水から入れて煮る事30分、その後
30分放置します。
それから同じ鍋に適当に切った鶏肉を加え、更に30分煮ればOK。
柔らかくてジューシーな鶏肉の出来上がりです。

本格的に鶏ガラで出汁を取れば良いのでしょうが、簡単にするなら
手羽先でも充分。
白濁した、コラーゲンと旨味の多そうなスープになったので、このまま
中華麺でも入れてラーメンにしたいくらい(笑)
この汁を吸って、鶏肉もいい味に仕上がりました。

すっかりこの方法が気に入って、きりたんぽ鍋でも応用~。
こちらも良い出来です。

鶏ガラスープ作りって面倒なイメージがありましたが、この方法なら
簡単で、しかも手羽先まで食べられるおまけ付き。
1度で2度美味しいスープです(笑)
先週後半は、異常な寒さの1週間でした。

金曜日、前日の最低気温が-23.8℃だったので、-10℃でも暖かいなと
思いながら馬に乗りました。
屋内馬場といっても殆ど外気温と同じなので、上はスキーウェア、キュロットの
下はパンストを履いて一応は防寒対策。

でも手入れをする時は素手なので、死ぬ程寒い(^^;
雑巾はあっという間に凍るし、馬の足を綺麗にするために、雪の外馬場を
1周する時も、馬も寒くて歩くのが嫌なのか途中で引き返そうとする(苦笑)
蹄油まで寒さで固まりかけている、そんな寒い1日でした。

ところが、土曜日はそれに輪をかけての冷え込み。
-25.7℃は、ここ何年も無かった寒さです。

うちは1日中暖房を付け放しなので、水道の凍結防止のための水落しを
やらなくても大丈夫なのですが、異常な寒さが続いたせいか、2階の
トイレの水が凍ってしまいました(-"- )
朝までは大丈夫だったのに、凍ったのは何と昼間!
まさか日中にやられるとはねぇ・・・

2階のトイレの水道管は、車庫の中を通っているのと、使う頻度が1階程
多くはないので逝ってしまったようです。
旦那がドライヤーやアイロンで水道管を温めても、全然駄目。

気が付いたのが夜だったので、翌朝9時に市指定の水道屋さんに電話したら、既に
水道凍結の依頼が30軒入っていて、早くても行けるのは15時過ぎになるとか。
噂によると、クラシアンさんは依頼が多すぎて断っているらしい・・
土曜日に凍結して、1日様子を見てから電話している人が多いようです。

来てくれた水道屋さんは、さすがはプロ。
20分程で作業終了、料金は10600円也(+_+)
寒空に痛い出費でした。
スーパーのチラシで見付けた、豚足1本150円。
沖縄料理で豚足の煮込みを見た事はありますが、うちでは2人とも食べた事が
なかったので、試してみよう!と話がまとまりました。

ネットでレシピを検索すると、煮込み料理はとろとろで美味しいという話ばかり。
これは期待出来そうだと、冷凍の豚足をまずはネギ・生姜・ニンニクを入れた
お湯で、下茹でする事40分。
鍋から取り出し、半分の大きさに切ろうと思ったら、骨が硬くて切れません。
面倒なので、原形大のまま煮込む事に。

圧力鍋に、醤油・酒・味醂・砂糖・水・生姜・八角と共に豚足を入れて40分煮、
そのまま10分程放置。
蓋を取って、タレを少し煮詰めて出来上がりです。

下茹でした時から匂いがキツイな~とは思っていましたが、香辛料を入れて
煮込んでも、やっぱり獣臭がキツイ・・・(^^;
お肉と違って野性味がある素材だからでしょうか、自分が草食人間のような
気がしてきました(笑)

肝心の”コラーゲンとろとろ”はというと、確かに全部がプルプルで
好きな人にはたまらないのでしょうが、私にはプルプルし過ぎ(笑)
一口食べると、ごっこ(ホテイウオ)という魚が頭をよぎります。
この魚は苦手で食べられなかったんだけど、豚足も同じ運命を辿りそう。

結局2人とも食べられなくて、豚足はそのまま捨てる羽目に・・・
生理的に受け付けられなくて、豚さんには申し訳ない事をしました(^^;;)

    tonsoku
街中の歯医者通いをしていての唯一の楽しみは、帰りにデパ地下に寄れる事。
田舎のデパートなので有名店が沢山ある訳ではないけれど、やっぱりそこはデパ地下(笑)
非日常的で、スーパーとは違う楽しさがあります。

歯医者の後は、不思議と甘い物に目が行ってしまうのは、抑圧された心理の
なせる業でしょうか?
普段よりもお菓子屋さんに目が行ってしまいます(^^;

で、期間限定発売されていた「パリ16区 カマンベールチーズケーキ」を発見。
札幌のケーキ屋さんで、随分前に美味しいという評判をネットで見掛けていたので、
食べてみたいと思っていたのです。

丸い箱に入ったケーキは、器からしてカマンベールチーズ風。
中を開けると、表面に掛けられた粉砂糖が白カビに覆われた雰囲気を
醸し出しています。
底と表面の薄いスポンジに挟まれた中身は、ムースっぽいレアチーズケーキで、
口の中でとろけます。
甘さも控えめなので、濃厚だけど後味スッキリで美味しいです。
北海道のチーズを使っているそうですが、実際にカマンベールチーズを
使っているのか、見た目がカマンベールなのかはよく判りませんでした(笑)

美味しいケーキを食べてると、歯医者通いの苦労?も忘れてしまいそうですが、
こんな事をしていていいのだろうかと、ふと思う今日この頃です。

    paris16-cake
未だに、お節の中で残っている黒豆。
捨ててしまうには忍びないし、かといってこのまま置いていても誰も食べない(^^;

黒豆入りの豆乳プリンという手を考えてみたけど、さすがにこの時期になると、
加熱しないでそのまま食べるのも些か不安(笑)
それで他に活用法はないかとググってみたら、「黒豆ケーキ」というのを発見しました。
簡単で評判もいいようなので、私もチャレンジ。

材料は、ホットケーキミックスに卵・バター・グラニュー糖・黒豆。
使わないので困っていた、頂き物のホットケーキミックスの消費にも役立ちます(笑)
材料の分量は、ホットケーキミックスの袋の裏に載ってた、マドレーヌを
参考にしましたが、私には少々甘すぎるので、砂糖は控えめの方が良さそうです。

バターとグラニュー糖は白っぽくなるまで混ぜ、そこへ卵と牛乳を加えて
更によく混ぜます。
粉を加えて混ぜ、サッと水洗いした黒豆も入れて、型に流し180度のオーブンで
焼くと出来上がり。
アルミのカップだと、20分くらいで焼き上がります。

和風テイストに仕上がって、安直なお菓子にしてはかなり上出来♪
上に飾る黒豆を残しておけば、もっと上出来だったでしょう(笑)

    kuromame-cake
商店街の歳末大売り出しの福引き抽選会に行って来ました。

抽選方法のガラポンは、気合いを込めて回せるので好きなタイプです(笑)
グルンと箱を回していたら、途中で受付のおじさん達から「おおっ!」とどよめきが・・
何と、5回引いた内の1つが1等賞!
商店街のおじさん達も驚いていたけど、私も吃驚!!
いや~、クジって当たる物だったのね~(笑)

私の前にいた人が、21回引いてくれたので(3等賞1本当たったようです)
私の当たる確率が少し高くなったのかも(^^;
1等の賞品は、5000円の現金♪
嬉しくなって、お昼にお蕎麦を食べに行く予定だったのが、カレーに
ランクアップです(笑)

ランチのカレーはチキンマサラ。
お店のオーナと雑談しているうちに、話題が鶏肉のお料理方法になりました。
私が「調理する前に、鶏肉を水で洗うという話をTVで見た」と言うと、
オーナーは「私も洗っていますよ~」と言います。

オーナーは何となく昔から、鶏肉を水で洗ってから切ったり焼いたりして
いたそうで、ハッキリした理由はないけど習慣になっているそうです。
TVで見たのは、レストランのシェフがパックから取り出した鶏肉を、
サッと水洗いしてから調理していて、これは臭みを取るためだと話していました。

パック詰めされたお肉を洗うなんて、お肉の旨味が逃げるような気がして
考えてもみなかったけど、プロの人達がやっているっていう事は、味に
明らかな差が出るからなのでしょうね。

些細な事ですが、これがプロのテクニックなのですね~。
目から鱗の発見でした。
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

我が家のお正月休みも一昨日で終わり、ルーティンな毎日がボチボチと始動。
遅ればせながら、私もデパートのバーゲンへ行って来ました。

セーターなどのシーズン物は、プレセールで適当に買ってしまったので、
今回のお目当てはスポーツウェアとキッチン用品。
秋口に買った「LATERRA」というアウトドアメーカーのカットソーが、暖かくて
軽いので外で運動する時には至極便利。
ボーダーの色遣いも、ミツバチっぽかったり熱帯魚ぽかったりとカラフルで斬新(笑)
それで、色違いをもう1枚買ってしまいました。

キッチン用品の方は、福袋がまだ残っているかな~と思って覗いてみたら、
期待通りに残っていました(笑)
食器や鍋・キッチングッズなどで中身が判る福袋なのですが、どれも
袋の中の半分は入らない物が入っていて、買うのが躊躇われます。

唯一迷ったのが、イタリア製?のコーヒーミルとコーヒーメーカーが
入っていた福袋@3万円。
今使っているのは手動のミルで、急いでいる時は不便この上無い。
電動ミルは、時間のない時にクローブを粉にするのに使ったら、クローブの
油が凄くて使い物にならなくなってしまいました(^^;
乾燥したクローブ粒は見た目爽やかなのに、粉に引くとあんなに脂ギッシュ
だったなんて・・・   
一生の不覚だわ!(笑)

コーヒーメーカーも良い物が欲しいと思っていた所なのですが、予め
予習してこなかったので、今回の物が目的に適っているのやら&
3万円は安いのか、判らなくて手が出ませんでした。
多分1万円だったら買っていた気がする~・・(笑)

電化製品は場所を取るだけに、洋服と違って買う時はつい慎重になりますわ~(^^;

// HOME //