美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
暮れにオーダーしていた革長靴が名古屋から届き、1月から履き始めました。

届いた靴は、革が厚くかなりしっかりとした作りで物が良さそうです。
足を通すと、踝以外はピッタリフィット。
さすがはオーダー靴だと驚きです。

でも問題は踝・・・(笑)
慣れていないので締め付け感が強く、履いて直ぐに痛くてたまりません。
革長靴デビューの日は、30分足らずで早々に騎乗中止(^^;
6回目の今日も、慣れる日は遙か遠くの気がします(笑)

他の会員さんに話を聞くと、「慣れるまでは脹ら脛の皮が剥けたり、
血が出たりしたわよ~。」と苦労している様子。
ファスナーじゃないタイプの靴だと、なかなか脱げなくて周りの人に
靴を引っ張って貰ったりしたそうです。

幸い私はファスナータイプなので自分1人で脱げますが、それでも
すんなりとは脱げないので、よく足がつります(笑)

数ヶ月振りに会った別の会員さんには、「何かの記念で革長靴?」と
訊かれました。
会員さん達は、新しい用具を買う時はよく「○鞍記念」とか「○年目」等と、
節目や自分へのご褒美に買うそうです。

私の場合は特に節目という訳でもなく、「革長を履くと上手くなる」という
言葉に騙されたような・・・(笑)
まだ下手なので判りませんが、ゴム長よりは馬体に足がフィットする気がします。
気のせいと言われれば、そうかな~というレベルですが・・・(爆)

1000鞍でやっと1人前という話もあり、その頃にMy鞍を購入する人も
いるそうです。
私のペースじゃ20年も先の話で、その頃にまだ現役で乗馬しているのやら・・?(笑)
「自分の鞍を持つと上達するよ~」なんて悪魔の囁きも聞こえて来ますが、
一式40~50万するとなると畏れ多くて・・・
そのうちご褒美する事が出来たら考えよう~っと・・・(笑)
スポンサーサイト
初めてカイル・マクラクランに出会ったのは、20年以上前の映画
「Dune 砂の惑星」。
「ヒドゥン」でそのハンサムぶりにファンになり、「ツイン・ピークス」で
ノックアウト(笑)

ドラマの中で必ず出てくるチェリーパイ、あまりにも彼が美味しそうに
食べるので、その当時は私もあちこちのケーキ屋さんへ行く度に、パイを
買い求めていたのですが、フィリングのチェリーが少なかったり、
カスタードクリームが入っていたりと、これだというチェリーパイに
出会えませんでした。

唯一気に入ったのは、「六本木エスト」のチェリーパイ。
パイ皮は硬めで好みではないけれど、フィリングのチェリーは盛り沢山、
具を閉じこめてあるチェリー?のゼリーも、フルーツの酸味と洋酒がほんのり
大人の味で凄~く美味しい。
サイズも大きくアメリカンタイプなので、少々値段が高くても満足感あり。
ドラマと一緒にパイにもすっかりはまっちゃって、月に1回は
食べていたような・・(笑)

それなのに暫くカイルを見なくなったら、チェリーパイにもすっかりご無沙汰。
移り気なのは女の特権?(笑)

昨年になって、「デスパレートな妻たち」に出ているカイルを発見。
美青年だった彼は、すっかり中年のおじさんに変身していて、最初見た時は
全然気が付きませんでした(^^;
それだけ私も、同じ様に歳を取ってるって事だわね~(笑)

彼を見たら、久しぶりにチェリーパイが食べたくなり、六本木エストで
パイとついでにミルフィーユも購入。
パイの味は、十数年経っても変わっていませんでした。

    cherry-pie
 
流行物にはすっかり遅れている今日この頃、今頃になって初めて
カレー鍋を食べました。

食べるまでは、鍋に入ったスープカレーに近い物を想像していたのですが、
お蕎麦屋さんのカレー南蛮の鍋版だと判り納得(笑)
具にお肉やお豆腐が合うのは当然ですが、鮭がカレー味にマッチするなんて
意外な発見です。
野菜も白菜よりはキャベツの方が、水っぽくなくていい感じ♪

食べる時に、トッピングとして粉チーズを掛けるという技もあるようで、
洋風でマイルドな味わいになりますが、私は何も掛けずに蕎麦屋風の
味わいの方が好みかな~。

締めは、ご飯よりはやっぱりうどん。
汁が濃いので、お雑炊で食べるにはヘビーな気がします(^^;

今シーズンの流行お鍋らしいけど、1シーズンに2回食べれば私には充分かも(笑)
カレーは普通に食べたいわ~(笑)
馬に乗りに行こうと車のエンジンを掛けようとしたら、セルは回るのに
エンジンが掛かりません。
昨日も今朝も大丈夫だったのに、突然エンジンが逝ってしまいました。

多分バッテリーが駄目なのかな~と思いながら、まずはメーカーの
エマージェンシーコールとディーラーに電話を入れました。
メーカーの方では、「業者を派遣しますが、50分位掛かります」との事。
その場で直らない場合は工場へ搬送しますが、輸送距離は100kmまでだと
言われました。

ディーラーは札幌なので100kmを越えてしまうと、電話の向こうのお兄さんは
難色を示します。
利用した事がない旭川のディーラーでも良いか?と訊かれたので、直して
くれるのなら何処でもいいわと返事をしました。

そういえば、エマージェンシーコールを利用したのは今回で2度目。
4年前の冬もスーパーの屋上駐車場でエンジンが掛からなくなり、
買い物袋を持ったまま救助隊を待っていた記憶が・・(^^;
今回は家の前で助かったわ~(笑)

1時間後に修理のトラックが到着。
バッテリーが弱っているかもしれないと言いながら、エンジンを掛けてくれました。
この様子なら、1度止めると危ないね~と言います。
そ、そんな事言われても・・・
それじゃ外出出来ないじゃん!(-"- )

そこへタイミング良く、札幌から電話が掛かって来ました。
具合を見に、これからそちらへ向かいますと言ってくれたので、ありがたく
待つ事にしました。

そんなこんなで馬は中止。
おやつ用に大量に切った人参は、袋に入ったまま冷蔵庫に入れたけど、
来週まで大丈夫だろうか?(笑)

ディーラーさんを待ってる間の私のおやつは、小樽「あまとう」のマロンコロン。
3枚重ねのサブレの周囲をチョコでコーティングしてあるお菓子で、厚みと
直径8cmはある大きさに吃驚!
サブレはホロホロと砕けていくので、囓る度に屑が散らかります(笑)
素朴だけど飽きないお菓子ですわ(^^)
今月から本格的に、家を建てる打ち合わせに入りました。

担当の設計士さんは感じも良く、センスも良いし、設備についても知識が
豊富で、おまけに打ち合わせにも全部付いてくれるという、信頼出来そうな人です。
ハウスメーカーの決め手も、この人だからというのが一番の理由で、私は
すっかりファンになってます(笑)

建築費の中で、大きい物の1つがキッチンの値段です。
私の希望は、でかい対面式のガスオーブン付きキッチン(電子レンジ無し)。
粗忽者なので(笑)、天板はステンレス。
収納スペースを考えると食洗機は組み込めないし、いい食器も洗えないから
食洗機は無しにするという条件で考えると、クリナップのSSが一番良さそう。
ステンレスの品質はピカ一で、一目惚れしちゃいました。

でもね~、値段の方もピカ一(^^;
最初の見積もりの値段を見て、あまりの高さに倒れそうになりました(笑)

少しでも安くするのに、パーツの組み合わせを替えようとカタログを見ても、
単品の値段が載っていないので判りません。
ショールームに足を運んで、「これとこれを替えると幾らになりますか?」と
訊いても、その場では判らず後日プラン表を送るとの事。
その繰り返しで、もう4回も通っています(-"- )

お互いに紙と時間の無駄だな~と思うけど、キッチンは1つの完成品ではなく、
部品や板の組み合わせで出来ているので、計算するのに時間が掛かるのだとか。
ショールームのお姉さんは、「みなさん、3~4回通うのは当たり前ですよ」と
言いますが、そんな悠長な世界でいいのやら?(笑)
掛け率の違いで納入価も色々変わったりと、訳の判らない世界ですわ(^^;
私が1人でピザを食べた事を知った旦那は、自分でもピザが食べたくなったらしく、
「Bistro Ragout (ビストロ ラグー)」へランチに行きました。

ここは街の洋食屋さんで、気軽に入れてリーズナブル。
でもメニューは一捻りしてあり、メインのラグー料理の他に、日替わりで
スパゲティーのカレーグラタンが出たりと、意外なお料理に出会えたりします。

さすがに私はピザを続けて食べる気にならず、シーフードのトマトソース
スパゲティを注文。
1,4mmの細麺に、ホタテ・イカ・カニ・エビ・ムール貝などのシーフードが
沢山入っていて、ボリュームと具の多さにまず感動!
普通のシーフードパスタで、カニにお目に掛かるのは初めてだったので、
それだけでもカニ好きにはたまりません(笑)

魚介の風味を活かすためなのか、トマトソースは薄味だったので、味的には
物足りないかな~。
その点がちょっと残念だわ。

私の好きなここのパスタは、ボロネーズソース。
隠し味に生クリームが入っているのか、マイルドでとても美味しい~。
他のメニューを頼もうと思っても、ついこれに手が出てしまうのが
悔しいくらい好きです(笑)

    ragout
うちの英語の先生@オーストラリア人は、バーベキューがとても好きなようで
話を聞いていると、友達が来ても夫婦2人でも、お天気が良ければ休日は
いつもBBQ。
BBQをしている時はHappyそうです。

アメリカ人はピザを食べてる時がHappyだそうで、「英語でしゃべらナイト」と
いう番組で、秋吉久美子さんとパックンが「アメリカ人は楽しい時は勿論、
悲しい時でもピザを食べたら元気になるのよね~」と話していました。
アメリカ人にとってピザは特別な食べ物らしく、「月が君の目に大きな
ピザパイのように映ったなら、それは恋だね」なんていう歌詞もあるくらいです(笑)

その話を聞いてから、時々無性にピザが食べたくなり、我ながら洗脳され
やすいな~と思いつつ、1人の夕飯が面倒でピザを頼んでしまいました。
大好きなマルゲリータに似ている10.4のフレッシュトマトは、ラッキーな事に
平日夕方はタイムサービス中。
チーズもトマトも美味しくて、Mサイズでも1人で完食(笑)
お腹一杯でHappyな気分になりました(笑)
週末、夕飯に鯛茶漬けを作ろうと思いキッチンに立ちました。
そこへ旦那が「何か手伝おうか?」と来たので、鯛の小骨を見て貰おうと思い、
「鯛を見てくれる?」とお願いして私は別の作業へ。

冷蔵庫から鯛の半身パックを取り出した旦那は、それを流し台の上へ置いて
ラップの上からじっと眺めています。
・・・3分経過・・・ それでも彼はじっと見つめたまま・・・

不思議に思い「何をしてるの?」と訊くと、「鯛を見てるんだ」と言います。
見守り介護じゃあるまいし、切り身を見つめて何をどうしようというのやら・・?(爆)

「”見て”というのは、小骨があるかどうか見てっていう事だよ~(^^;」と
言うとやっと判ったみたいでしたが、笑い過ぎて力が抜けました。

粗すり胡麻+わさび醤油に付けた鯛のお刺身に、ネギと海苔を載せて、熱い
出し汁を掛けるのが我が家の鯛茶漬けです。
出汁を作るのが一手間だけど、お茶を掛けるよりも味がグッと良くなる気が・・(^^)

友人に、鰹のタタキのお茶漬けもお勧めだと聞き試してみたところ、これも
凄~く美味しい!
鰹独特の匂いも気にならなくて、こちらもお勧めです。
// HOME //