美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
今月、私の乗馬の練習テーマは「鐙上げ」。
鐙上げというのは、鐙を脱いだまま馬に乗って、騎座の安定と確立を体得する
ための練習方法で、バランス感覚を養うのには優れものです。

乗馬を始めた頃に何度かやりましたが、その時は上手くバランスが取れないし、
お尻は跳ね上げられるしで散々(^^;
それ以来やっていなかったのですが、7月の大会の時に北大生が直前の練習で
鐙上げの特訓をしていたのを見て、「私に足りないのはこれだわ!」と思い、
暫くやってみる事にしたのです。

最初は恐る恐る乗っていたのですが、やってみたらこれがもの凄く楽!!
足をダランと伸ばして、馬の揺れに為すがままに付いていくと、お尻は
全然跳ねないし、余計な力が入らないので気持ち良い事この上無し(笑)
速歩や駈足も思いのままで、鐙が無い方がかえって私は上手かも~♪

さて、午前中に馬に乗った時の楽しみは、帰る途中のランチです(笑)
移転後の場所が判らずに、なかなか行けなかった「アジア金星堂」。
やっと先日、辿り着けました。

辛いのが苦手なので、注文したのは日本風のカレエ「ジパング?(名前を忘れた)」。
黒い欧風のカレールーに、柔らかく煮込まれたチキンが入っています。
トッピングは海苔。 この辺がジパングか?
初めての組み合わせでしたが、無くてもいいような・・?(^^;
カレーはスパイシーで美味しかったので、次回はインドやタイのカレーも
是非食べてみたいです~♪

    aziakinseidou

もう1件、今日行ったのは「旬彩 千の木」。
和食のお店で、基本のランチはデザート無しで780円とリーズナブルです。
私が食べた「ゆず」は、だし巻き卵・生ハム野菜巻き・エリンギの紫蘇豚肉巻きの
天ぷら・舞茸と大根の煮物・サツマイモの甘煮などが盛り付けられたお皿と、
揚げナスのキノコ煮浸し・サラダ・茶碗蒸しに、ご飯とお味噌汁が付いています。
少量ずつ品良く盛られているのが、女性向きかも知れません。

揚げナスは上品なお味だし、茶碗蒸し煮には柚子が利いていて、ランチといえども
手を抜いていないな~というのが感じられます。
ボリューム控えめなのも私好みですね~(^^)

    sennoki
スポンサーサイト
お盆が過ぎて1週間、すっかり涼しくなって早々と秋が来たようです。
地球温暖化なんて一体何処へ行ったのか、今の北海道じゃ他人事です(笑)

レジ袋を目の敵にするよりも、他にもっとCO2を大きく削減出来る物がある
だろうとか、ホッキョクグマの絶滅を心配する割には、カナダでは年間400頭も
狩猟されているとか、矛盾を感じる今日この頃、シニカルな気分なのは
歯医者で口を1時間半近く開けていたから(-"- )
削った奥歯を詰めるのに、衛生士さんが四苦八苦していたからです。

多分、今までの治療時間の中で最長記録を達成!
終わった時も、自分の口ではない感じでした(苦笑)

すっかり疲れてしまったので、デパ地下のお総菜で夕飯のおかずの一品を
済ます事に。
丸井今井に入っている「花月」は、私の第2の台所です(笑)

ここのお気に入りは、肉じゃがコロッケ。
揚げ物はそんなに好きじゃないけど、肉じゃががベースなせいか、意外と
あっさり食べられます。
何も掛けずに、そのまま食べるのが一番かな~(^^)

卯の花も出汁が利いていて美味しいし、デザートトマトも絶品だし(高いのが
欠点だけど 笑)、1人ご飯の時などには時々お世話になってます。

そういえば、旅行先でもデパ地下は必ずチェックして友人に笑われて
いますが、趣味(美味しい物を食べる)と実益(手抜き料理)を兼ねられる
デパ地下は、主婦の味方ですわ~♪

日焼け止めと口紅を買いにデパートの化粧品売り場へ行くと、偶然東京から
メイクアップアーティストが来ているとかで、メイクをしていかないかと
勧められました。

歯医者帰りの私は化粧は禿げてるし、あまりゆっくりもしていられないので
お断りしたのですが、馴染みのBAのお姉さんが「折角なので、口紅を
選んで貰いましょう~。」とお願いしてしまったのです(^^;

D社の中で、カリスマメイクアップアーティストらしいその男性は、「何色が
お好みですか?」と私に聞き、ピンクと答えると「モーブの入っていない
ナチュラル系かしらね~・・」と言いながら、2本を選んで手の甲に付けて
色を見せてくれます。
私がこっちかな~と選ぶと、「そうだわね~」と言いながら口紅を塗ってくれて、
その色がジャストぴったり!
派手じゃないけど発色が綺麗で、顔色も明るくなって、BAのお姉さんも大絶賛。

更に、「ちょっとパウダーも塗らせてね~。」「チークも入れてみるわ~。」
「マスカラを付けてもいい? ストレッチ力があって、ビューラーが無くても
クルッと上がるの♪」と言いながら、次々と顔に細工をしていきます。

出来上がった顔は、すっかり別人(笑)
そんなに化粧品を使った訳ではないのに、全然違います。
BAのお姉さんがしてくれる派手な化粧とは別物で、この顔なら写真に撮って
置きたいくらい(笑)
さすがはカリスマアーティスト。
それに一発で似合う口紅を選ぶなんて凄いわ~(@_@;)

それにしても、男性のメイクアップアーティストってIKKO風というか
おネエキャラが多いのでしょうか?
この人も黙って立っていると、細身で背が高くイケメンで素敵なのに、
メイクの仕草や口を開くと・・・(;^_^A アセアセ…
女性の顔を弄る時は、おネエキャラの方が抵抗が少ないのかもしれないけど、
何だか勿体ないような・・・(笑)
卒業以来初めての、中学校の同期会が地元であったので出席しました。

高校卒業後は実家を離れてしまったので、卒業以来○十年も会った事が
無い人も多く、特に男の子はすっかり外見が変わった人ばかりで、誰が
誰やらさっぱり不明(笑)
名前を聞いて、何処かに面影を見付けて確認するという人ばかりです。

女の子の方はまだ判りやすくて、あの頃より老けていても名前はすぐ判ります。
私はといえば、全然変わっていないそうで、当時から老け顔だったのかも・・?(爆)

先生も2人来て下さって、リタイア後の夫婦2人の生活をしっかり聞いてきました(^^;

中学時代の記憶はあまり無くて、部活で夏休みも無く練習していた事位しか
残っていないんだけど、楽しい学生生活って感じじゃなかったのかなぁ・・・
同じソフトボール部にいた子も1人来ていて、「練習が大変だったよね~」と
しみじみ・・・(苦笑)
その子は高校に入っても続けていたそうですが、私はソフトの無い高校を
選びました(^^;

中学の同級生で、未だに年賀状をやり取りしてるのは数人、他は消息すら
知らない人達だったので、こういう機会に会えて良かったでしたわ(^^)

その帰り道、以前友人から頂いた事がある「小林ジンギスカン」へ寄り道。
滝川市江部乙にお店があって、地元の人には人気のジンギスカンだとか。
ここで、味付けラム(500g 820円)と、ステーキジンギスカン(500g 800円)
を購入。

ラム肉を食べてみましたが、味はマツオよりも甘辛くて、ちょっぴり和風っぽい
感じがします。
マイルドでお肉自体にも癖がないので、後は好みでしょうか。
私の印象では付け汁が少な目なので、マツオよりボリュームがある気がします(笑)

焼く時の脂身もサービスで付けてくれるので、ジンギスカン鍋で焼くにはピッタリ♪
悲しいかな我が家はフライパンなので、脂身の恩恵があまりありません(笑)

     kobayashi-jin
今が旬のとうもろこし、今年は「ゴールドラッシュ」という品種にはまっています。
昨年までのマイブームだった「サニーショコラ」や「ゆめのコーン」を押しのけて、
堂々の1位を爆走中~(笑)

このコーン、フルーツコーンの一種で生でも食べられるようですが、とても甘くて
粒が柔らかくてシャッキリしています。
皮が口の中に残ったりせず、お腹に溜まる感じもしないので食後もスッキリ(笑)
別名が「みわくのコーン」とも言うそうで、私もすっかり魅惑されてしまいました。

ハニーバンタムやピーターコーンの時代には、そんなにとうもろこしは
好きではなかったけれど、フルーツコーンの登場ですっかりとうもろこし好きに!(笑)
とうもろこしの進化には、本当に驚かされます。

スーパーでは、とうもろこしの品種まで表示してるお店はあまり無いので、
野菜直売所でしか手に入れられないのが残念ですね~(^^;

     goya-karera

上の話とは関係ないけど、写真はゴーヤのマスタード風(カレラサブジ)です。
先週、暑かったのと1人だったので、夕飯にカレーを食べに「HINDY HIPSTAR」
に出掛けたら、今夜のお勧め料理にあったのがこれ。
ポルシェみたいな名前だったので、つい頼んでしまいました(笑)

ゴーヤの薄切りをスパイスで炒めて蒸し煮した物ですが、真っ黒な色合いは
パッと見にはゴーヤっぽくありません。
味付けはシンプルな塩味で、ゴーヤの苦みもしっかりあります。
でも食べられない程苦くはないので、素朴な味わいにビール抜きで丸ごと
1皿食べてしまったわ(笑)
実家からお米を貰っているので、お米を買う事はまずありません。
ところが今年はお米を食べる機会が増えたためか、例年なら1年以上は
持つ玄米が、7月末で品切れとなりました。

これは目新しいお米が食べられる好機到来!
親には悪いけど、私にとっては思うつぼ!(笑)
そこで、前から気になっていた「おぼろづき(八十九)」と「あや」を
購入してみました。

玄米を手に入れたかったので、「おぼろづき」はJAあさひかわの直売所
「あさがお」にて購入。
ここは「ほしのゆめ」や「きらら397」「ゆきひかり」などの玄米を、産地別で
1kg単位で売っており、その場で精米もしてくれるので新鮮なお米が買えます。
おぼろづきは神楽農協産で、5kgほど買ってみました。

「魚沼産コシヒカリに匹敵する道産初の高級ブランド米」という触れ込みの
おぼろづき、確かに粘りはかなりのものです。
色はうっすらと白くて艶があり、粘るお米にありがちな白く濁った感じでは
ありません。

甘味もあって冷めても美味しいのですが、普通の水加減で炊くとベチャッと
した感じになってしまいます(^^;
一般的なお米よりも、1割位水を控えた方が炊き上がりが良いみたい。

「あや」の方は、夢民村の直売所で玄米を2kg購入。
単独で食べると粘りが強くておぼろづき以上、まるで餅米のような感じです。
色もかなり白く、匂いも少し餅米臭があるので、私は他のお米とブレンドした方が
美味しく感じられました。
丁度残り僅かだった「ななつぼし」に4割程混ぜると、美味しいご飯に
グレードアップ♪
夏場の味が落ちたお米を変身させてくれました。

ところで同じ品種のお米でも、産地によって味がかなり違ってきます。
昨秋、実家から貰った「ななつぼし」の玄米は、泥炭地のお米だとかで、
それ以前に貰っていた「ななつぼし」とは味が全然違って美味しくない・・(^^;;)
私が「古米が混ざってるんじゃないの~?」と疑うくらいの味で、同じ
一等米でも土地によって差が出てくるようです。
こうなると、田圃指定でお米を買ってみたいですね~(笑)

本州は猛暑だそうですが、北海道も今週は暑い。
気温が30度を超えると、私は目眩がしてきます(^^;

馬場の上は照り返しも重なって、更に2~3度は高いようで、久しぶりに
反撞が大きくて微妙な動きのホシノキングに乗ったら、船酔いのように
気持ち悪くなりました。
いや~、馬に乗ってて乗り物酔いするとは思いもよらなかった~(笑)

運動するようになってから汗かきになり、特に顔と頭(地肌)は滴るくらい
ドロドロです。
女性にとって顔の汗は天敵!
女優さんは頭に汗はかいても、顔にはかかない人が多いそうで、私は一生
女優にはなれそうもありません(笑)

ところで、たまたま汗のかき方で老化が判るというTV番組を見ました。
歳を取るにつれて汗の量は減っていきますが、汗をかく機能の老化は
足→背中→胸→腕→頭部の順で進み、汗をかかなくなっていくそうです。

顔や頭の汗が急に増えるのは、何処かの汗腺が目詰まりして増えたという
可能性があるので、もしや私の汗のかき方は老化かも・・・(^^;

意外なところで老化のチェックが出来るとはねぇ・・(笑)
私が大汗かいてるのに、涼しげな顔してる馬の若さを吸い取りたいです(爆)
昨日は友人と恒例の留萌・増毛買い出しツアー。
このツアーも今年で3年目、お互いに行きたいお店は決まっているので、
回る順番も無駄がありません(笑)

留萌市の駅前市場に寄ってから、真っ直ぐ増毛町へ下がって遠藤水産へ。
ウニ・甘エビ・タコとガッツリ買い物をして、レジへ向かおうとしたら
ミュールのヒールが床のスノコに刺さって、幾ら引っ張っても抜けなくなって
しまいました(爆)
仕方なくお店の人に声を掛けたら、男性のお客さんが一生懸命ミュールを
引っ張ってくれて、何とか脱出出来ました。
その間10分、エビとタコを両手に抱えて片足立ちの私は、気恥ずかしやら
申し訳ないやらで一杯でした。
暫くあのお店には、足を向けられませんわ(;^_^A アセアセ…

お昼は、今春オープンした「オーベルジュ増毛」に行ってみました。
三國清三シェフがプロデュースしたレストランは、入り口に肖像画がドーンと
飾ってありますが、カジュアルで入りやすい雰囲気です。

     mikuni

メニューは、フレンチのコース料理3000円・5000円(昼夜同じ)の他に定食・
アラカルト・軽食があり、和洋色々と選べます。

私は巷で評判が良い、「増毛甘エビカレー ミクニ風」@1200円を
オーダーしてみました。
フレンチのソース風のカレールーに、丸ごと素揚げした甘エビが5本載っています。
それに賽の目に切った野菜が少々トッピングされて、ターメリックライスが
添えられていました。
ルーは海老の出汁が利いていて、ピュレ状の野菜の甘味が感じられます。
エビがパリパリなので、慌てて食べるとヒゲが口の中に刺さりそうで危険です(笑)
最初見た時、5本のエビは少ない気がしましたが、気を付けながら食べるには
充分な数でした(笑)

折角三國さんを前面に出すなら、メニューもフレンチのみの方がいいような気も
するのですが、場所柄そうもいかないのでしょうね?
海を見ながらゆったりお食事するのには良さそうです。
出来れば、もう少し量があれば・・・(笑)

     mashike-carry

// HOME //