美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前日からの暖気で、住宅街の道路は雪が溶けてザクザクのツルツル。
車は通過するのもやっとの状態で、1度止まると二進も三進も動かなくなります。

お隣の奥さんの車も、出勤しようとした途端、家の前ではまってしまったようで、
そのまま車が放置されていました(^^;;)
1時間後、レスキューに来た彼女のお父さんに出くわしたので、車を押したりと
手伝ったのですが全く動きません。
大型4駆で引っ張って、やっと脱出出来ました。

おじさんは仕事で出掛ける私を心配して、「曲がらないで、大きな通りに出る
まで真っ直ぐ行きなさい。 そうじゃないと、娘みたいに車がはまって
しまうよ~!」とのアドバイス。
そのお陰か、何とか時間通りに到着出来ましたが、いつもの倍は気疲れしました(-"- )

出先の老人ホームで、職員の方に「夫婦部屋って無いんですね~?」と
ふと気になっていた質問をしてみました。
すると「『年を取ったら、もう一緒に住むのは沢山』という奥さんが
多いんですよ。」と言います。

隣同士で住んで、壁にドアを付けて行き来出来るパターンとか、一部屋は
寝室にして、もう一部屋を居間にするというパターンはあるそうですが、
40~50年夫婦をやっていると色々とありそうです。
職員の方は「私なんて、家庭内別居ですからね~(笑)」と豪快に笑って
いるので、私も納得してしまいました(笑)


話は変わって・・・

賞味期限が随分前に切れていたベーキングパウダーを、「粉だし、きちんと封を
しているから大丈夫だろう」とたまに使っていました。
さすがに、そろそろ新しい物にした方がいいかなと、バナナ&胡桃のパウンド
ケーキを作った時に切り替えたら、焼き上がりが全然違う!(@_@;)

外側はサクサクでよく膨らんでいて、昨年まで焼いていたケーキとは大違い(爆)
古いベーキングパウダーは、膨らまないのがよく判りました。

教訓・・・ お菓子作りは、材料の分量と賞味期限を守るのが大切です(笑)

スポンサーサイト
美味しいご飯を食べに行こうと旦那に誘われて、「和三條 かた岡」へ
初めて行きました。

旦那曰く、旭川でもそれなりのお店だそうで、誘われた時は「やった~♪」
という気分(笑)
私は初めてなので、無難なコース料理をお願いしました。

前菜は5種盛りで、お浸しや煮物は綺麗な色に仕上がっていますが、味付けは
しっかりとしています。

     kataoka1


お造りの鮪と平目の昆布締めも、素材が上質で良い感じ。

     kataoka2


焼き物の銀だらは、程よい脂が乗っていて塩梅も良く美味しかったです。

ふくさ玉子蒸しは、見るからに春らしくて山葵のあんが利いていました。

     kataoka3


その他に揚げ物・鯛雑炊とデザートが付いていました。

全体的に上品にまとまっていて、量的にも上品。
個室でゆったりと落ち着いてお食事が出来るので、雰囲気も込みのお値段で
考えると、なかなか良いお店だと思います。

271鞍目@ヒシミッション

一昨日初めて乗ったヒシミッションに、続けて今日も当てられる。

5歳の芦毛君は競走馬からの転向で、新馬の時は武豊で1着を取った事もあるらしい。
乗馬用としてはまだまだ発展途上で、駈歩は速歩からじゃないと出なかったり、
輪乗りは嫌がって逃げられたり(これは私の腕のせいもあり^^;)するが、
蹄跡を乗る分には気持ちいい(笑)

目下の課題は踵を下げて鐙を踏む事と、拳を動かさないようにする事で、
軽速歩で黙々と続けていたが、すぐに鐙が動いてなかなかコツが掴めない。

ヒシミッションが速歩から駈歩に移る時、あんまり速いので焦ってしまったら、
「これは若い馬の普通の速さなんですよ~。  年寄りに慣れてしまうと、
若い子に付いて行けなくなりますよ~。」とインストラクターさんに
言われてしまった(^^;
今まで乗ってきた馬は年寄りが多く、速歩もゆったりペースだったのだが、
それが当たり前だと思っていたら大間違いのようで、年寄り好きの私には
ちょっと辛い(苦笑)

大会に出る時も、シャキシャキ動く若い子の方が点数が高く出るそうだ。
倶楽部もこれからは若い子を入れていく方向のようで、馬の世界にも
リストラがありそうな・・・(-"- )
例年なら郵送で終わる確定申告ですが、今年は家を売った分があるので、
さっさと済ませようと初日に申告会場に行って来ました。

というのも、事前に税務署へ電話で聞いてみたのですが、説明を聞いても
さっぱり判りません。
税理士さんをお願いしたら、相場は5万円位だそうでかなり高そう(-"- )
それだけあったら春物のお洋服も色々買えそう~♪という下世話な考えと、
「買い物カゴに書類を入れて、相談に来るオバサンもいるから大丈夫だよ~。」
との友人の励ましを受け、当たって砕ける事にしました(笑)

午前の受付締切10分前に到着すると、待合所から人は溢れてエレベーター
ホールの前まで並んでいます。
ざっと見ただけで、50人以上は待っている様子。
覚悟を決めて本を広げて順番を待っていると、申告内容別に振り分けている
ようで、思いの外早く呼ばれました。

税務署のおじさんに聞きながら書類を書き込み、難しい計算はおじさんが
やってくれたので、不動産の部分はスムーズに完了(^^)
行く前の心配が嘘のようです。
この分は赤字なので、所得税の方はいつも通りで良いらしく(赤字は控除に
ならなくなったとか・・)、旦那と私の2人分の書類を完成させるだけですが、
ここからおじさんはつれない様子で、書類を見もせず「手書きもあるけど、
この先はPC入力にしますか?」と言い出しました。

自分の分は完成してるし、旦那の分も2/3は書いているので、「手書きでいいです。」
と返事をすると、「手書きだと、後で入力しないといけないから。 
ここでPC入力するのも同じですよ。」と言われ、「でも・・・」と言っても
PCコーナーへ回されてしまいました。
しかもここでも20人待ち・・・(+_+)

これって、税務署の人の手間を省くための入力? 
それに1度e-taxにすると、翌年から書類は送って来ないし、カードリーダライタを
買わないと申告会場まで行かなきゃいけないし、そもそも税務署に色々と
把握されるのは嫌!(笑)と、釈然としないまま順番を待っていました。

番号を呼ばれたので、案内してくれたお姉さんに「私、どうしても手書き書類で
出したいんです。 先程担当してくれた職員の方にもそう言ったのに、
こっちに回されて・・・」と訴えたら、「そうなんですか? どうしても手書きが
いいんですね?」と判ってくれたようで、「では、こちらに移動して下さい」と
最初の場所に逆戻り(爆)

で、別のおじさんが添付書類の確認だけして、やっと確定申告書を出す事が
出来ました。

庶民がこんなに苦労して税金の申告&納税をしてるのに、鳩山さんにはそんな
苦労は判らないだろうな~と思いつつ、自分へのご褒美にグランドホテルの
「桃源」で、美味しいランチを食べて帰りました(笑)

     tougen


日替わりランチの「芝海老とキノコのXO醤炒め」で、スープ・焼売・ザーサイ・
サラダ・麻婆豆腐掛けご飯に、デザートとコーヒーまで付いており、
色んな味が少しずつ楽しめて女性には嬉しい内容でした(^^)

269鞍目@ディビーグロー

休み明け2回目の乗馬は、座りがおかしいのか乗ってて違和感がある。

そこで鐙上げをして速歩で乗ってみると、お尻は跳ねないので反撞には
ついて行けてるみたい。

ところが駈歩を出すと、お尻がワンテンポ遅れて馬の動きについて行ってる
ようで、リズム感がまるで無し(^^;
駈歩が上手く続かない。

インストラクターさんに言うと、「そうでしょう~(笑)。それはサリィさんの
反応が遅れているからなんですよ。  休み明けは体の反応がどうしても
馬について行けないので、遅れている分、馬にブレーキを掛けてるんです。
無理して小細工すると、変な癖が付いてしまうので、自然に戻るまで
待っていた方が良いです。
2ヶ月休んだら、5~6回は乗らないと元に戻らないと思いますよ。
今は体を前傾気味にして、軽速歩で乗るのも良いんじゃないかな。」と
言われた。

という事は、週1のペースで乗っていたら、元の状態に戻るまで休んだ時間だけ
掛かるって事?

よくスポーツの世界では、練習を休むと元に戻るまで同じ時間が掛かるという
話をきくけど、乗馬も同じだったとは・・・

自転車に乗るのと同じで、体が覚えているから大丈夫だと思っていた私は
甘かったわ・・・(;^_^A アセアセ…
268鞍目@ホシノキング

2ヶ月振りに乗馬復活。

その間ストレッチどころか何も体を動かしていなかったので、運動しても
大丈夫だろうか、馬を動かせられるのかと不安と緊張で倶楽部に着くまで
ドキドキ・・・
黒板を見ると、今日の相手は馴染みのホシノキングでちょっと安心(^^;
暫くぶりに見ると冬毛がフサフサで、いつもより可愛く見えたりして・・(笑)

体慣らしのつもりでゆったりと乗っていたら、拍車や鞭無しなのにホッシーの
反応が以前よりも良い感じ。
私の指示が上手くなってるとは思えないので、インストラクターさんに
「ホッシーの性格が変わったんですか?」と聞いてしまった。
「性格は前と同じだけど、サリィさんが留守の間に調教で乗ってたりした
からじゃないですか~。」と言われ、この2ヶ月はホッシーも扱かれて
いた様子(^^;

調子が良かったので、駈歩でも何周か乗ってから上がったら、手入れが
終わる頃には体のあちこちの筋肉が悲鳴を上げ始め、夜には筋肉痛でボロボロ。
それでも久し振りに風を切る感触は、心地良かったわ。
バレンタインが近いこの時期は、デパートのチョコレートコーナーを覗くのが
楽しみの1つです。

目的は勿論自分チョコ(笑)
旦那のチョコは毎年決まったメーカーの物なので、他の物を味見したくて
自分用にせっせと買い込みます。

今回のお品は、ルタオの「アマンドショコラ ココア」とデメルの
「オレンジピールチョコレート」。

     letaochoco


ルタオの方はアーモンドがとてもカリッとしていて、コーティングのチョコは
やや薄掛けなので甘さ控えめの感じです。
アーモンドそのものが美味しかったでした。

     demel

元々ピールチョコが好きなので、デメルのこれも美味しいの一言です(笑)
チョコが滑らかなところは、さすがはデメルでしょうか。

でも一番気に入ったのは、サッポロビールとROYCEがコラボしたチョコレート
ビール「サッポロ ショコラブルワリー(ビター)」。

     chokobeer


たまたま入ったスーパーで見つけたのですが、数量限定でネットと道内の
一部スーパーで販売していたようです。

一口飲むとカカオの香りが広がって、チョコレートを飲んでる感じ(笑)
けれど甘くはないし、そんなに苦くもないのでゴクゴク飲めます。
チョコの香りって幸せな気持ちにさせてくれるけど、アルコールも入ってて
ダブルハッピー♪って気分になります(笑)
おつまみにチョコが食べたくなってしまいました。
期間限定なのが残念です。
オープンしたばかりの結婚式場「Queenz K」付属のカフェテリア「ニューヨーク」
に行って来ました。

カフェは式場そのものとは入り口が別で、こぢんまりとした建物にテーブルと
椅子が半円形に配置されています。
これがニューヨークスタイルなのだそうですが、周りのテーブルをぐるっと
見渡せるというのも、混雑時には落ち着かないような・・・(^^;

ランチメニューは、パスタコース@900円とランチコース@1200円の2種類。
私はお料理も食べられるランチコースをお願いしました。

最初はスモークサーモンが添えられたニース風サラダ。
盛り付けが綺麗です。

     newyork1


次に出て来たパスタは、モッツアレラチーズとホウレン草のトマトソース。
麺の量が30gと少なく、前菜の感じです。
私好みのトマト味がしっかりしたソースでした。

お料理はチキンのソテー赤ワインソース。
皮がパリッと焼けていて、焼き具合はなかなか♪
惜しむらくは、お肉の下味の塩気がかなりきつい事。
ソースの味も濃い目なので、薄味好きの私にはちょっと・・・(^^;;)
運動直後でお魚の方を食べた友人は、汗をかいてるから気にならないと
言ってましたが(笑)

     newyork2


その他にフランスから輸入しているというパンが付き、飲み物は100円で
追加出来ます。
量的には女性向きの印象でした。


折角の機会なので、結婚式場の方も見せて頂く事にしました。
案内の方が付いてくれて、チャペルやバンケットルーム、ドレスルームなどを
回りましたが、何しろ広くて迷子になりそうです。
食後の運動には丁度いいかもしれません。

ハリー・ポッター風のお部屋があったりしますが、建物全体は落ち着いた色調&
雰囲気でした。

当面結婚式に出席する予定は無くても、華やかな物を見るのは目の保養に
なりますわ(笑)
ここ数日、冷凍庫の中に入っているくらい寒さが厳しく、寒さには慣れている
はずの道産子の私でもうんざり。

車のエンジンは1度で掛からないし、車のアンテナを折り曲げようとしたら、
凍り付いて曲がらない(+_+)
玄関のドアノブを拭いていたら、みるみるうちに雑巾が凍り付き始めて、
さすがに-10度以下になると寒いわね~と感心してしまいました(笑)

そんな中、予約していたので仕方なく乳がん検診に行って来ました。
市の無料検診クーポンが3月末までだったので、嫌々ながら受けてきたのです。

前回マンモグラフィを受けたのは5年前、痛い思いをしたので、私的には
検診はオリンピック並でいいわ~と思っていたのに、問診の時に
看護師さんから「5年も前ならやっていないのと同じです。 2年に1回は
受けて下さいね~。」と言われてガックリ(^^;

写真撮影は案の定とても痛かったし(多分胸が小さいせい?(笑)、エコーも
丁寧に見てくれた分痛くて、診察が終わった時点でもうグッタリ・・・

その上気になる点があったらしくて、先生に「普通は2年に1度だけど、
年に1度は検診に来て下さいね。」と言われてしまいました。
毎年痛い思いをするのは耐えられないわと、つい先生に「エコーだけでは
駄目ですか?」と聞くと、「エコーじゃ石灰化は判らないから駄目です。」
とキッパリ!
最後に「また来年会いましょうね~♪」と陽気に言われて、どっと
疲れてしまいました(笑)

マンモグラフィは、私の中では痛い検査&注射のベスト3に入るのですが、
人によってはそんなに痛くないと言う人もいて、この違いは何なのでしょうね?
撮る方の問題なのか受ける人の体の差なのか、原因が気になります(笑)

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。