美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
高校時代の恩師が、千葉から札幌に出てくるとの連絡がありました。
待ち合わせ時間は夜だったので、どうしようか迷っていたのですが、友人の
「この機会を逃したら、死ぬまで会えないと思うよ~。」の言葉に背中を
押され、急遽出掛ける事にしました。

JRの指定席を取ると、駅の駐車場が無料になるので、ちょっと贅沢気分で
特急の指定席を購入。
閑散期なので隣は空席、荷物が置けて便利だわ~と思っていると、お昼時
だったせいかあちこちでお弁当を食べてる人を発見。
成る程、指定席だと周りを気にせずに、食事が出来るというメリットに
気が付きました(笑)

生憎発車間際だったので、私はお弁当を買う暇がありませんでしたが、
帰りの電車で役立った事は言うまでもありません♪
大丸の地下で買った「なだ万厨房」の車中弁当は、ちらし寿司と野菜の煮物が
たっぷり入って、見た目も美しく美味しいお弁当でした。

さて、先生とは高校卒業以来初めて会うので判るかどうか不安でしたが、
ホテルのロビーで探したら当時の面影が残っていて直ぐに判りました。
先生の方も私を判ったようで、すっかりオバサンになっているのに、
覚えていてくれたのが嬉しかったです。

私の他には1期上の方が2人来ていて、近況報告をしていたらあっという間に
電車の時間となってしまい、途中で失礼してしまいました(^^;
70代後半の先生とは、なかなか会う機会もないので、今回お会い出来て
本当に良かったと思いました。
億劫がらずに行動する事って大事かも・・・(^^)

スポンサーサイト
今月初めにオープンしたネパールカレーのお店「Himal(ヒマール)」に
出掛けました。

2種類のカレーを選べるランチセットを注文。
チキン&ベジタブルカレーとナン、ターメリックライス、サラダ、スープが
セットで850円です。

    himal


先に登場したスープはアスパラガスのスープで、ベースの豆のスープに
アスパラガスの具が入った感じです。
塩味がきつめでしたが、アスパラガスの香りが生きていて季節を感じました。

メインのベジタブルカレーは美味しかったのですが、チキンカレーの方は
こちらも私には塩味がきつめで、もう少し野菜の甘味とコクがあった方が
好みかも・・・(^^ゞ
ナンは軽めで食べやすかったです。

接客の感じも良かったし、テーブルもゆったりと座れるので落ち着ける
お店でした。
花粉症真っ盛りのこの時期、ティッシュが手放せない体には良さそうな
薬膳のお店「Honzou 本草」へ行って来ました。

薬膳料理は初めてなので、まずはセットメニューを試してみる事にしました。
食前ドリンクとして、メロンとリンゴのジュースの登場です。
メロンの香りが仄かにして、さっぱりとした飲み口でした。

次は大根のなますで、苺ややブロッコリーが添えられた彩りが綺麗な一品です。
三杯酢は砂糖を使わず、ドライフルーツだけの甘味だそうで、まろやかな
味わいに吃驚!
この味付けは、うちでも試してみたいと思いました。

    honzou1

メインは鶏鍋で、白菜や蕪などの野菜がたっぷり、生姜と胡麻、クコの実が
入った蒸し鍋みたいなお鍋です。
薄味だけど野菜の甘味がよく出ているので、これだけでも充分美味しいです。
緑豆が入ったご飯が添えられていて、スープの残りでお雑炊を作ってくれました。

    honzou2

デザートはソースの掛かった(何のソースか忘れました^^;)アイスクリームと
ドライフルーツ&黒豆コーヒーでした。

    honzou3

どのお料理も美味しくて、ドライフルーツの使い方が印象的でした。
「体に良い物を食べたな~♪」という気分になれるのも、精神的に良いかも(笑)


ところで、我が家の庭の宿根草もやっとお花が少しずつですが咲き出しました。
ブルーのお花は「ブルネラ ジャックフロスト」

    burunera


今年初めて咲いた宿根草で、小花が沢山咲いて可愛いです。
ピンクのお花は、名札が行方不明で名前が判りません(^^;
グランドカバ-向きのお花です。

    syukkonsou

知人から「鷹栖町にある”伝承館”というお店は、お豆腐料理がこれでもかと
言うくらい出てくる食べ応えのあるお店で、1度行ってみると良いよ~!」と
勧められたので、友人を誘ってドライブがてら行って来ました。

鷹栖の街を抜けて山の方へ向かって暫く行くと、赤い屋根の和風の建物が
見えてきます。
道に迷いそうになりますが、動物病院の看板を目印に行くと、「大雪の園
伝承館」の看板が現れるので判りやすいと思います。

隣にある障害者福祉施設の作業訓練の一環として、お豆腐製造&お店が
あるそうで、予約してから出掛けた方がBetterです。

オーダーしたのは1200円のコースで、豆乳、前菜に卯の花とタコの酢味噌和え、
お豆腐サラダ、お造り、豆腐田楽2種、湯豆腐、ご飯とお味噌汁にデザートの
豆乳プリンです。

     densyoukan


北海道産大豆を使った作りたてのお豆腐は、甘味があってそれだけでも
美味しく、柔らかめの堅さも私好み♪
卯の花もしっとり仕上がっていました。
お料理が出てくるのが早くて、食事が慌ただしかったのが少々残念ですが、
お豆腐が沢山食べられて、イソフラボンも充分補給出来たので女性には
いいかも(笑)

大正時代の建物は雰囲気が良く、外に出ると大雪山が一望出来る眺めは
なかなかのものです。
お料理の中身が季節毎に変わるのか、その辺が気になる所です(^^ゞ

朝7時過ぎ、出勤前の旦那が家の前でつがいの鴨を発見!(@_@;)
慌てて外に出ると、2羽の真鴨が木の下で羽を休めています。
近づいて写真を撮ろうとしたら、鴨も然る者、移動して距離を保とうと
するので、見ない振りをしながら距離を縮めて行ったのですが、携帯での撮影は
難しい距離でした(^^;

それにしても住宅街のど真ん中、周囲には池も水辺もないのに、何で鴨が
いるのやら・・?(笑)
小1時間程して鴨達は何処かへ行ってしまいましたが、雌はどっしりと構えて
いるのに雄はちょこまか動いていたのと、猫よりも体が大きかったのが
印象的でした(笑)

さて、今月のホテルのお料理教室は、「薄切り豚肉と茄子・トマト煮込み」と
「鮮魚と海の幸のマルセイユ風蒸し煮」です。

煮込みの方は、茄子やズッキーニ、玉ネギやパプリカなどの野菜をニンニク、
カレー粉&トマトで煮込んだ物で、言わばラタトゥユ風煮込みです。

     hotel5-1


プロは茄子とズッキーニ、玉ネギとピーマンをそれぞれ別の鍋で炒めて、
更にニンニクと唐辛子・豚バラ肉を別鍋で炒めた物に、先の野菜を合わせる
という、手間暇掛けた作り方をしていました。
この辺が家庭では絶対にやらないプロの技で、お金が取れるお料理なのだな~と
実感しました。

炒め油をふんだんに使うところも、やっぱりプロ(笑)
カロリーが気になる主婦としては、「油控えめだと美味しくないでしょうか?」と
聞いてみた所、「ワインビネガーを少し多めに使えば、油のコクを補えると
思いますよ。」と教えて頂きました。
これなら、家でも心置きなく作れそうです(笑)

魚の煮込みはブイヤベース風で、アイヨリソースを添えます。
このソースはマヨネーズの酢を除いて、ニンニクとサフラン、生クリームを
足した物と同じ様な物です。

     hotel5-2


お料理自体は、炒めた香味野菜にサフラン・黒オリーブ・トマト・魚の出し汁を
入れて煮込み、そこへ下味を付けた帆立や海老、イカ・魚を加えた物で、
面倒なのはアイヨリソースだけです(^^;
お料理は素材の味を引き出して美味しかったので、ソースがマヨネーズでも
良いなら作れそうです(笑)

今回は2品とも控えめな味付けで、私には丁度良く美味しかったでした(^^)
デザートもパフェ風で美味しくて、こんなお料理だったら張り切って
通えそうです(笑)

     hotel5-3

スポーツ選手も様々だな~という事を、改めて実感している今日この頃。

柔ちゃんが「柔道も政治もどちらも頑張ります!」と言って、参議院選挙に
立候補する事を表明した時は、片手間で政治が出来るのかと呆れてしまい
ましたが、Qちゃんは出馬要請要請があっても、「政治の勉強をした人が
なるべきでしょう」と断ったのには、賢いな~と感心しました。

また横峯さくらさんが、宮崎で発生している口蹄疫の被害畜産農家のために、
1200万円を寄付した心意気には心を打たれました。
宮崎の方の事を考えて、ブログや募金などで応援している姿は、とても
立派だと思います。

口蹄疫の話はニュース等にも殆ど出ていないので、今月初めにネットで
色んな話を見るまでは、どうなってるのか全く判りませんでした。
でも宮崎県川南町のムッチー牧場さんのブログを見て、
現地は悲惨な状況になっている事を知り愕然とし、胸が痛くなりました。

YouTubeでも色々とUPされていますが、江藤議員の話を聞くと、政府の対応に
憤りを感じずにはいられません。


  

応援する事ぐらいしか私には出来ませんが、早く終息する事を祈るばかりです。
普段TVドラマを見るのは海外物が多いけど、年末にNHKで6時間一挙放送していた
ドラマ「ハゲタカ」を見た時に、「日本でもこんな硬派のドラマが作れるんだ!」
とその面白さにはまってしまいました。
CSでやっていた映画版の「ハゲタカ」も、勿論チェック♪
このドラマでファンになった大森南朋さんと、久し振りにご対面です(笑)

TV版を見ていないと、設定が判らない登場人物もいますが、企業買収戦争+
派遣切り&サブプライムローンなどが盛り込まれ、切れのあるストーリーに
よくまとめられていました。
大森南朋さんは勿論、部下役の志賀廣太郎さんと嶋田久作さんが良い味を
出されていて、見応えのある映画でした。


さて映画館に足を運ぶのには、タイミングが合わないとなかなか難しかったり
しますが、ランチだとついでがあればちょっと足を伸ばしたりも出来ます(笑)

当麻スキー場の向かいにある「ピザハウス ココペリ」。
ここに来るのは2年ぶりくらいです。
カルツォーネとアンチョビのピザを頼んでみました。

カルツォーネはピザ生地で具を包んだ物で、中身はピザソースにマッシュルームや
ベーコン、玉ネギなどです。
皮がパリッとしていて、切るとチーズがトロ~リと出て来て美味しかったです。

ピザの方はアンチョビもチーズもたっぷりと載っているので、アンチョビ好き
じゃないとちょっと厳しいかも(笑)
サイズは小ぶりなので、男性だと物足りないかもしれません。

     cocoperi


林の中のログハウスなので、ロケーションは素敵です。
ドライブがてらに立ち寄るなら良いですね~。

284鞍目@ホシノキング

癖を直すのは想像以上に大変で、頭で考えたようには体は動かず、どうしたら
良いのか毎回悩んだまま終わるので、乗馬の苦行に来ているようで楽しくない(-"- )

その1つが膝で馬に捉まる癖。
がに股気味に乗るようにして、踵を下げて脚を後ろに引くように努力するも、
股関節が硬くて太股の内側が悲鳴を上げる(笑)

そのうち脚が動き過ぎるからと、インストラクターさんに鐙と腹帯を紐で
固定されて、星飛雄馬の大リーグボール養成ギブス状態にされてしまった(爆)
如何に自分の脚がバタバタしているかを実感・・・

肩の力を抜けと言われると、脚の力まで抜けるし、いつになったらまともに
乗れるようになるのか、自分には才能が無いのかな~と思えてきた。
インストラクターさんに聞いても、「暫く藻掻いた状態が続くでしょうね」と
言われたので、ホッシーには当分面倒を掛けそうだ(^^;

GW最終日、買い物ついでにお蕎麦を食べに行くと駐車場が満杯で、その近くの
駐車場が空いていたイタリアンのお店にランチ変更。
お蕎麦もパスタも麺類だから似たような物だと、気持ちを切り替えて
「ビストロ bon・marche (ボン マルシェ)」に入りました。

ランチメニューを見ると、パスタよりもリゾットの方が美味しそうに見えたので、
「蟹と帆立のトマトクリームリゾット」をオーダー。
トマトクリームソースには目がないのです(笑)

     bon.marche


現れたのは、お皿の表面を覆い隠すぐらいパルミジャーノがたっぷり掛かった
リゾットで、これだけチーズが載っていたら美味しくない訳はない!(笑)
ニンニクがかなり利いているので、蟹の味が判りにくかったけど、濃厚で
ボリュームのあるリゾットでした。

旦那が頼んだ「ゴルゴンゾーラのトマトソースパスタ」は、向かいに座っている
だけでもブルーチーズの香りが強烈で、味見をしたらこちらも濃厚なソースでした。
ゴルゴンゾーラとトマトの組み合わせは初めて食べたけど、これはこれで
美味しいなって感じです。
ソースがたっぷり目なのが、いい感じでした(^^)
やっとお天気も良くなり、少し春らしくなったGW、我が家は園芸解禁デーと
なりました。
ほぼ毎日のようにホームセンターや園芸店に通い、牛糞堆肥や肥料、培養土など
しこたま買い込み、もう少し先に買う予定の花苗チェックに余念が
ありません(笑)

昨年以来すっかりバラにはまった旦那は、今年も何本か増やしたいと
言い始めました。
2~3本ならいいかと思い、デイビット・オースチンのイングリッシュローズの
カタログから、クレア・オースチン、ダーシー・バッセル、サマーソングの
3本をネットで注文。
まだ庭植えには寒いので、発送を下旬にお願いしました。

ところが旦那は、雑誌で特集されていたフレンチローズも買いたいと
言いだしたのです。
庭の何処にそんなに植えるスペースがあるのやら、しかもバラは手の掛かる子達
ばかりで、眉間に皺を寄せながら虫や病気と格闘する自分の姿が浮かぶよう・・
でも病気で枯れるようなら、うちには縁が無いバラだったと直ぐに諦めも付くし、
それはそれでいいかも~♪と思い直しました(笑)

鉢でも植えられるような小ぶりなバラを探して、マルセル・プルースト、
ピュル・カプリス、シャルトルーズ・ドゥ・パルムの3本を園芸店で購入。
2本はまだお店に預かってもらい、1本だけ連れて来ました。

この子達の中の何本がうちの子として育つのか、恐ろしくもあり楽しみでも
あります。
昨年の子達は何とか冬を越せたようで、みんな仲良く元気に育ってくれると
いいな~(^^)
// HOME //