美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
露地物のグリーンアスパラガスの時期も終わりに近づいたので、母が家庭菜園で
取れたアスパラを2kgも大量に送ってくれました。

アスパラは大好きなので毎日食べても嬉しいのですが、そのまま茹でたりして
食べても、細いアスパラは太いサイズには味で負けてしまうので、今回は
アスパラガスの冷たいポタージュを作ってみました。

サッと茹でたアスパラを、飾り用の穂先を除いて適当に刻みます。
みじん切りの玉ネギをバターで炒め、そこへアスパラを加えて炒め、小麦粉を
入れて更に炒めて、スープを加えて5~6分煮てから、ミキサーに掛けます。
それに牛乳と生クリームを加えて、塩・コショウで味を調えたら出来上がり。

    asupara-soup


私はこのスープを食べたいがために、昨年ミキサーを買った程で、普段は
置物状態のミキサーもこの時期だけは活躍です(笑)

友人にもこのポタージュを教えてあげたら、家族に好評だったそうで、
思った以上に使えるスープでした(^^)

もう1品目先の変わった物で、アスパラガスの味噌ヨーグルト漬けを
作ってみました。

お味噌とヨーグルトを2対1の割合にし、そこに味醂も入れて漬け床を作ります。
あまり塩気がキツイのは嫌だったので、私は普通のお味噌と西京味噌を
ミックスしてみました。
そこへサッと茹でたアスパラを入れて、半日~1日(太さによって加減)
漬け込めば完成です。

旦那の感想は「初めて食べたけど、結構美味しい~!」でした(笑)。
私も始めて作ったのでどんな味になるか気になりましたが、思った以上に
良い感じかも♪
キュウリなどを漬けても美味しそうです。
スポンサーサイト
東京から戻った翌日、旦那がバラ苗を見に行きたいというので、音更町にある
「大野農園」に向かいました。

こちらのお店はイングリッシュローズが豊富で、ネットで見て春にバラ苗を
3本取り寄せしたのですが、また他にも欲しい品種が現れてしまい(笑)、
この時期なので実物を見てから買う事にしたのです。

高速道路の出口から近いという話を聞き、道東道をトマムインターから
入ってみました。
対面交通1車線&制限速度70kmの高速は、あまり車も通らず全然高速道路という
気がしません(^^;
途中に十勝平原サービスエリアがあったので入ってみると、あるのはトイレと
自販機と何故かドッグラン。
犬を放すと、狐も現れそうです(笑)
霧が出ていたので展望台には上がりませんでしたが、周りにルピナスが
綺麗に咲いていて、小鳥の囀りが聞こえる静かな所でした。

    doutoudou-sa


帯広音更インターから出て10分程で、大野農園到着。
直売所はカタログでしか見た事の無いバラ達の花盛りで、見ているだけで
どのバラも欲しくなってしまいます(笑)
でも狭い庭では、そんな事は言ってられません。
意を決して、出掛ける前に決めていた「ジェントル・ハーマイオニー」を
連れて帰る事にしました。
「ガートルード・ジェキル」も連れて行こうか迷ったのですが、苗の状態が
見た感じどうかな~と感じて、今回は遠慮しました。

移植後、付いてた蕾が咲き始めたハーマイオニーです。
柔らかいピンクと沢山の花びらが、優しげな雰囲気を醸し出しています。

    hamaioni


帰る途中とてもお腹が空いてしまい、富良野の「唯我独尊」でソーセージカレーを
食べてしまいました。
煮込まれた黒っぽいルーは、米々亭やアンクルペパリ-と似た印象がする
スパイシーなカレーです。
惜しむらくは、ご飯が軟らかかった事かな。
個人的には、カレーに軟らかいご飯を合わせるのは好きじゃないので・・(笑)

    yuigadokuson


近々隣に燻製の直売所もオープンするそうなので、ソーセージやベーコンを
テイクアウトするなら便利になりそうです。

この歳にして初めてTDLに行って来ました(笑)

羽田空港で高知の友人と待ち合わせし、そのままバスに乗ってTDLまで約30分。
荷物を自分で運ばなくていいので、都内へ出るよりもとっても楽!(笑)
そのままホテルに荷物を預けて外に出た途端、雨がポツポツと降り始めて、
手ぶらの友人の最初の買い物は傘とカッパでした(笑)

平日の午後でも人出は多くて、ファストパスは全て終わり(^^;
雨は本降りになってくるし、歩いてるだけでパンツの裾や靴の中まで
濡れてきて、こうなったら毒を食らわば皿までと、ビックサンダーマウンテンに
乗りました(笑)
結果は・・・ 当然頭から下までびしょ濡れ(爆)
カッパなんて屁の突っ張りにもなりません。

それでも16時半を回ると人気のアトラクションも空いて来て、30分も並べば
乗れたのは雨のお陰でしょうか。
14時過ぎて入場したのに、めぼしいアトラクションは大体回れたので、
友人は「リサーチ無しなのに上出来だね~♪」と感心していました。

不作だったのは食べ物(笑)
雨だとテイクアウトは無理だし、小腹が空いて甘い物が食べたかった時に、
傍にあったお店は中華麺と焼売&餃子(笑)
それで焼売とお茶を頼んだら、食欲が刺激されたのか1時間後には本格的に
お腹が空いて、近くにあったクイーンオブハートの何たらというお店で、
しっかりロティサリーチキンを食べちゃいました。
ボリュームがあって美味しかったけど、お肉の量が多すぎて途中で飽きて
来たのが残念です(^^;

    TDLtori



翌日はシルク・ドゥ・ソレイユを見ましたが、これは凄く面白かったです。
極限の肉体美・技・素晴らしい演出を堪能しました。
機会があれば、違う位置の座席からもう1回見てみたいですね~(^^)

空港でのお土産は、千疋屋のフルーツロール。
果物屋さんだけあって、具のフルーツが大きくてマンゴーやバナナは
ネットリとして美味しい~。
2時間まで無料の保冷剤を付けてくれるのも嬉しいです。
マキシム・ド・パリのミルフィーユも好きだけど、荷物の多い時の持ち運びが
難しいので、今回は千疋屋の勝ちでした(笑)

    senbikiroll

294鞍目@ホシノキング

速歩で乗ると脚を引いて踵を下げる状態が維持出来ないので、鐙上げの
軽速歩で乗る練習をするようにアドバイスを受ける。

鐙が無い状態でお尻を上げろと言われても、支えが無く踏ん張りが利かない
状態でどうやったらお尻が上がるのやら・・
気持ちではそのつもりでも、お尻はちっとも上がらない(^^;

爪先を上げ踵をグッと下げて、膝を鞍側へキュッと向けるような感じと
インストラクターさんは言うけれど、空気椅子もどきのしかも地面が無い
状態なので、私の実力では到底無理(笑)
それでも調馬索で馬を速歩にすると、反動で少しはお尻が上がるような気も・・?

そこから更に、お尻を上げた時に脚を斜め後方に引き、脹ら脛で馬体を締める
ようにするのが目標だそうで、足首の関節が硬く、脹ら脛の筋肉が無い私には
かなり辛い動作である。

鐙上げ軽速歩は辛いという噂は聞いていたけれど、まさに鬼のような練習だ(^^;;)
必死で乗っていた私は汗まみれのヨレヨレで、終わってから馬に愚痴を
こぼしていたら、涼しい顔で聞き流されたのだった(笑)

その後、ドロドロのままで友人とのランチへ直行(^^;
「リストランテ ジャルディーノ」で、パスタランチを頂いた。

冷たいトマトスープに前菜は豚肉とジャガ芋のパテ

    giardino3


パスタは帆立のフリットとトマト・水菜の冷製パスタにデザート、ドリンク付き。

    giardino2


冷たいパスタと和えたフリットは、衣がベチャッとしていて食感がイマイチかも。
これならわざわざフリットにしなくても良いかな~(^^;
6月のホテルのお料理教室は、前菜が「細切り白身魚とシャキシャキ野菜の
サラダ」、メインは「豚肩ロースの赤ワイン・味噌煮込み」です。

サラダは細切りに切ったあり合わせの野菜と、お刺身用の白身魚を和風
ドレッシングで和えた物で、素揚げした春巻きの皮と粗く刻んだピーナッツが
アクセントに使っていました。
完成まで10分足らずの簡単なお料理ですが、ホテル風の一手間ポイントは、
トッピングに有りでしょうか(笑)

野菜の中に、エノキダケを生で使っていたのが新鮮で吃驚!
「エノキって生で食べられるの?」と、思わずシェフに質問してしまいました(^^;
根元を切り落とした後、レモン汁で洗って水気を切るそうで、生で食べると
甘味があって美味しいそうです。
実際に食べてみると、ドレッシングや他の野菜の味でよく判りませんでした(笑)

    hotel6-1


煮込みの方は、豚肉をミルポアとマリネ液の中に1晩漬けて、その後粉を
はたいて焼き目を付けてから、マリネ液で煮込んだもので、その時チキンスープと
味噌・蜂蜜も加えてあります。
フォンドボーを入れる代わりに味噌でコクを出すようにしていて、和と洋の
折衷が面白いなと思いました。
これを煮詰めたソースも美味しくて、家でも使えそうなお料理ですが、
赤ワインを丸ごと1本使うというのがネックかも(^^;
500円以下の安いワインでもOKだというので、それなら私も作れそうです(笑)

    hotel6-2


付け合わせはカボチャのニョッキで、こちらのソースは生クリームの中に、
茹でたニョッキを入れて軽く煮詰め、塩コショウとパルメザンチーズを
絡めていました。
手順は簡単なのにソースはとても美味しくて、これが一番使えそうかも(笑)

デザートはサクランボのケーキ&ソースにバニラアイスを添えたもので、
初夏の味わいでした(^^)

    hotel6-3

実家に顔を出しついでに、今が見頃だという滝川市の菜の花畑を見に行きました。

途中で道の駅に寄ると、期間限定で「花めぐり乗合タクシー」という、見所の
菜の花畑を1時間かけて回ってくれるツアーをやっていて、しかも地元の方の
解説付き!
菜の花畑は毎年場所が変わるので、一番の見所を見つけるのは素人には
難しいようです。

そう言われると俄然興味が湧いて来ましたが、丁度タクシーは発車したばかりで、
次の車は30分後。
お昼時で空腹の私にはとても1時間半も待てないわと、乗りたがっていた旦那を
無理矢理却下(笑)
丸加高原方面を走れば、何処かで見られるだろうと車を走らせました。

何カ所か菜の花畑は点在していたけれど、車を止めてゆっくり見るような
場所もなく、写真を撮るのもそこそこに退散。
これならタクシーに乗った方が良かったかも・・・(^^;
それでも遠くから眺めているだけでも、目に鮮やかな黄色は綺麗でした。

    nanohana


お昼は砂川にある岩瀬牧場の「レストラン リヴィスタ」で、お目当ての
ピザとパスタ♪
写真はベーコンとモッツアレラのピザで、パリパリの生地とたっぷりチーズが
至福のひとときでした(笑)

    iwase-pizza

デパートで開催されている「九州うまいもの大会」に行って来ました。

宮崎応援フェア開催中とありましたが、出店していたのは「肉のなかむら」さん
のみで、他は焼酎や日向夏ジュース・ドレッシング程度しか無かったので、
なかむらさんの「和牛メンチカツ」を購入しました。

お肉は和牛100%というだけあって、脂が乗っていてジューシーです。
1個でも充分食べ応えがありました。

他にゲットしたのは萬坊のいかしゅうまいと、定番の福砂屋のカステラ。
カステラの底に張り付いている粗目糖が好きで、福砂屋のカステラを見ると
つい手が伸びてしまうのです(笑)

帰る途中、少しでも宮崎の応援になればと、ムッチー牧場さんの所でやっている
募金をしに郵便局に寄りました。
振り込み用紙を貰うのに窓口で聞くと、「キャッシュカードでATMから振り込むと
手数料は無料ですが、窓口で振り込むと手数料が515円掛かります。」と言われ、
手数料の差に吃驚(@_@;)
生憎カードを持ち合わせていなかったので、「出直してきます・・・」と
すごすごと自宅に戻ってカードを取って来ました(^^;;)
今まで郵便局から振り込みする事ってあまり無かったので、手数料にこんなに
格差があるとは・・・

内閣が入れ替わりますが、危機管理と対策をきちんと実行出来る政府を
切実に希望します。
// HOME //