美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
お庭好きの人達は雨にも負けず風にも負けず、夏の暑さにも負けないという事を、
身をもって知ったのが先日のえこりん村(笑)
北海道のガーデニングシーズンは短いし、私も暑さに負けずに出来るだけ
回ってみたいな~と、中富良野に今年オープンした「森のガーデン美術館」に
行って来ました。

業界では有名な石原和幸さんがプロデュースしたガーデンは、山の斜面を
利用して作られており、木を多用した和の雰囲気が漂うお庭です。
お花の植栽は少な目で、時期的にギボウシやチェリーセージが咲いていました。
マイクロトマトがアーチに植えられていたのは、面白い使い方でした。

印象的なのはモスを壁や塀などの壁面に貼り、その上にアイビーやリーフ等が
植えられた壁面緑化。
葉物だけなのに高さと陰影があるので、表情が豊かです。
こんなお庭は北海道では初めてかも。
自分でやるなら管理が大変で、まず無理でしょうが・・・(笑)

    morinogarden1

写真はテラコッタ鉢と苔で出来た「テラコッタのおじさん」。
大きさに吃驚! インパクト大です(笑)

全体的に、計算して作られたガーデンという印象を受けました。

「ファーム富田」の直ぐ傍にあり、道路からでもお庭の入り口はよく見えます。
入場料400円は、ファーム富田と比較してしまうとちょっと高いな~という
気はしますが、1度は見てもいいかなと思います。
スポンサーサイト
天気予報は15時以降に雨(しかも大雨)の予報だったので、それまでに
見て回れるだろうと出掛けたのは、恵庭市にあるガーデン「えこりん村」。
12時過ぎに到着したので、まずはお昼を食べようと銀河庭園の中の「Ten-Man」に
入りました。

昨年入った時は洋食のメニューが豊富で、観光地にしてはリーズナブルで
それなりに美味しかった記憶があったのに、今回はメニューがハンバーグと
カレー&ドライカレーの3種類のみ(^^;
それにサラダビュッフェが付いて1300~1500円のお値段になっていて、カレーや
ハンバーグ気分じゃない大人には、少々きついメニューになっていました。

気を取り直してゲートハウスに向かうと、ポツポツと雨が・・・
途中で土砂降りになるのも嫌だし、スタッフの方にお天気が持ちそうか尋ねると、
「う~ん・・・ 予報では15時って言ってましたけど、随分早く降り出したので
どうでしょう・・・?  アルパカはこのくらいのお天気の方が元気で、
外に出てますよ♪」と言うので、アルパカ見たさに入る事に決定!(笑)

ところが20分も経たないうちに本格的に雨は降り出し、アルパカ広場に
行く頃にはかなりの雨量です。
さすがにこの雨では、ラマやアルパカは厩舎の中でまったり休憩中で、
元気なのは外で草を食んでいるポニーだけ(^^;
サービス精神も根性も無さそうです(笑)

そんな訳で早々にえこりん村を撤収して、帰る途中にある北広島の「三井
アウトレットパーク」に寄ってみました。

見たかったのは、アウトドアブランドの「mont-bell」と「Timberland」
「AIGLE」です。
アウトレットは初めてですが、何だか印象はイオンのモールっぽい?(笑)
お値下げ品は安いけど普通の商品は定価で、いいな~と思うのは安くない(^^;

馬用のアウターを探して、結局AIGLEのレインコートを定価で買いました。
mont-bell辺りなら「秀岳荘」や、他のブランドだとデパートの中のショップで、
会員セール時に買った方がお特のような・・・

でも雨にも濡れず、1カ所で幾つもお店を回れるのは便利かも。
今度は別の所で、ノリタケのアウトレットを見てみたいです(笑)
”いつでも淹れたてのエスプレッソが飲める”といいうキャッチフレーズの
「ネスカフェ ドルチェグスト」の下取りキャンペーンを新聞で見て、
以前から気になっていたらしい旦那は、「これは安い!」と注文しました。

家でコーヒーを飲むのは専ら私だけで、しかもエスプレッソのような
濃いコーヒーは苦手(^^;
でもマキアートが飲めるのは良さそうかな~と思い、期待して待っていたら
数日で到着。 来るのが早い(@_@;)

    nescafe


専用のカプセルをセットし、説明書を見ながらエスプレッソを淹れてみました。
使い方は簡単であっという間に落ちるし、細かい泡もちゃんと立ちます。
表示量の水だと、私にはかなり濃い(^^;
2倍くらいの水の量で丁度良いかも(笑)

ラッテ・マキアートやカプチーノも試してみましたが、これも濃いので
マグカップで並々と淹れて良い感じです(笑)
ただ、カプセルのミルクが好みではなくて、クリープを飲んでるような
味がします。
普通の牛乳を使った方が、ずーっと美味しそう・・・

今は暑いので、アイスコーヒーを作り溜めしています。
こちらは香りも良く、安直にしては良い味出してます(^^)

手軽にエスプレッソを飲むなら、そこそこ使える気はしますが、如何せん
レギュラーコーヒーのバリエーションが少ないので、普通にコーヒーが
飲みたい時はそこがネックになりそうです。
カプセルを捨てる時も、蓋を開けて中の粉と外側を分別するのが手間で、
その辺も問題有りかな~・・・(^^;
1度は見たかった清水町にある「十勝千年の森」へ行って来ました。

着いたのがお昼だったので、まずは腹拵えしようと中にあるレストラン
「カフェ・キサラ」でランチ。
ハンバーグやステーキなどのメイン料理から1品選び、野菜料理やデザート、
ドリンクはビュッフェスタイルというレストランです。

選んだのはビーフカレー。
よくあるルータイプで量は少な目、味も普通(^^;
その分ビュッフェで色々と食べられたので、それはそれで良いかも(笑)

野菜料理は10種類くらいあって、和風の肉じゃがやきんぴらゴボウに、
韓国風の豆腐にナムル、キャベツやカボチャのサラダなどその時々で
変わるようです。
ハーブポテトが美味しくて、お代わりしてしまいました(笑)

食事をすると入場料半額クーポンをくれたので、お庭を散策するなら
食後に行くのがお得です(^^)

お腹も満たされた所で、いざガーデンへ!
受付でガイドマップを貰い所要時間を聞くと、「全部回ると3時間ですね~。」
と言われて気が遠くなり(笑)、行ける所まで行ってみる事にしました。
気温30度の炎天下、400haの広いお庭の中にはトイレや自販機は無いので、
スポーツドリンクとタオル&虫除けは必需品です。

セグウェイに乗ってる人達を横目で見ながら、てくてくとアースガーデンの
草原を歩き、フォレストガーデンへ。
草原の中にはポツポツとアートが置いてありますが、私には作品の良さが
イマイチ判りません(^^;

フォレストガーデンは自然のまんまの森と小川の区域で、蝉の大合唱の中を
森林浴出来る場所です。
色んな昆虫や蝉の抜け殻があったりして、小さい子供なら喜びそうです。

    tokachi1


ここを抜けて丘を登っていくと、「千年の丘」という十勝平野が一望出来る
場所がありますが、疲れてきたのでショートカット(笑)
メドウガーデンへ向かいました。

宿根草は終わりかけで、咲いていたのはルドベキアやヤマユリなど数種類。
ちょっと寂しい風景でした。

その後ヤギ牧場を覗いて、ファームガーデンで終了。
ここまでの時間が約2時間、ショートカットしたのに凄く歩いた気がします(笑)

このガーデンはお花を見るというよりは、自然を感じて森林浴するという
お庭のようです。
あんまり広いので、アースガーデンやフォレストガーデンでは人と会う事も
殆ど無く、のんびりするには良い所でした(^^)

今日から旦那は1週間の夏休みに入りましたが、初日のお天気は生憎の雨予報。
それでも午前中は持ちそうだったので、近場の秩父別ローズガーデンを
見に行く事にしました。

時期的には二番花なので咲いているバラは少な目ですが、それなりに見られて
綺麗でした。
ただ、歩いていると滅茶苦茶暑い(^^;
丘の上だからか日差しが強烈で、10分も歩くと汗が噴き出します。
バラが元気なく項垂れているのも、気持ちが判るような気が・・・
20分で一旦休憩所に撤収して、ソフトクリームで体の中から冷やす事にしました。

ソフトはピンク色のバラ味と、グリーンのブロッコリー味の2種類あり、両方を
食べ比べてみました。
バラの方はバラジャムが練り込まれているそうで、微かにバラの香りがする
ヨーグルト風味のソフトです。
ブロッコリーの方は、知らないで食べると抹茶ソフトと勘違いしそうで、
気を付けて食べるとブロッコリーの香りがする、意外と癖のない味です。
甘さはブロッコリーの方が控えめで、両方とも美味しかったです。

    rose&burokkori



その後、「ここまで来たら、ついでに留萌方面へタコを買いに行こう!」と
旦那が言い出したので、小平町の臼谷まで足を伸ばしてみました。

臼谷漁港には漁師さんの直売所が何軒か軒を並べていて、新鮮な帆立や
茹でタコなどが手に入ります。
帆立は10枚1000円、13枚1000円とサイズによって値段が違いますが、
その場で殻を外してくれて、しかもおまけまでしてくれるので、凄く得した
気分を味わえます。

タコは脚1本でも買えて、「値段は100g100円ね~」と言いながら、量りも
せずに「これ500円でいいわ!」というアバウトさ(笑)

丁度採ってきたばかりのウニもあり、殻付きバフンウニ1個200円と
言われたけれど、さすがにウニの殻は恐くて剥けない・・(^^;;)
なので、折にしたムラサキウニを頂きました。

ここの美味しい帆立やタコを食べると、スーパーで買った物は全然別の
生き物に見えて来るという、後遺症が現れるのが欠点かも(笑)
高校時代の友人と久しぶりに札幌で会いました。

待ち合わせは、暑い日が続いていたのでビールが美味しいお店にしようと、
グランドホテルの「BIG JUG」。
週末だったので、席を予約していて正解でした。

大昔に行ってた頃よりメニューが少なくなった気がしましたが、ピザや
コロッケなど適当に頼んだところで、気になったのが「札幌でたぶん一番長い
ぐるぐるソーセージ」というメニュー。
係の人に聞いてみると、長さが1.2mで4~5人でシェアするといいと言います。
1.2mと言われてもピンと来ないけど、普通のソーセージなら10cmくらい?
とても3人では食べきれないと話していたら、ハーフサイズもあるそうで
そちらをお願いしました。

    guruguru


現れたのは、本当に渦を巻いてるソーセージ(笑)
パンとキュウリのピクルス、マッシュポテトが添えられています。
ソーセージはおつまみ用にやや塩分多めですが、ポテトがクリーミーで
美味しかったです。

肝心のビールは4社から選べて、おまけにエビスも黒と普通のと2種類あるので、
ビール好きの私には嬉しい限り!(笑)
夏はやっぱりビアホールですね~♪
そろそろ桜桃の時期も終わりになって来ました。
桜桃の旬は約1ヶ月と短いので、今年も私はほぼ毎週末、観音台にある
「河田果樹園」さんへ通いずくめでした(笑)

最初に出回るのが「佐藤錦」。
これは結構長い期間出ています。
その後「山形美人」「水門」「紅秀峰」「サミット」「南陽」と続きますが、
お天気の関係で今年は「水門」と「紅秀峰」の直売はありませんでした。

通い始めの2週間は「佐藤錦」と「山形美人」ばかりで、「水門」狙いの
旦那はガッカリ(^^;
「山形美人」の見た目は「佐藤錦」よりも赤みが強いのですが、味は殆ど
同じです。
聞けば、佐藤錦の枝変わりだとか。
道理で同じ味がした訳です(笑)

その翌週には待望のサミットが登場♪
ところが買いに行った時には、直前に収穫した物は売り切れたとかで、「木に
生っているから桜桃狩りをしてきたら~?」と言われました(^^;
そう言われても昼食を食べたばかりで、桜桃をたらふくお腹に詰め込む余裕は
ありません(笑)

偶然その場に居合わせたお客さんから、桜桃狩りで沢山採りすぎたからと、
お裾分けを頂きましたが、欲しい品種があれば前日にでも予約した方が
確実なようです。

私が好きな品種は、紅秀峰とサミット・南陽ですが、味の濃さで行くと
黒っぽいサミットが一番、上品さなら南陽に軍配が上がりそうです(笑)
旦那には「今年は随分、桜桃に注ぎ込んだね~」と言われましたが、
私の頭の半分くらいは桜桃、もう半分はメロンで作られているんだと思います(爆)

    cherry2
      ↑南陽(手前)とサミット

南陽は今週末まであるかどうか微妙だそうで、今度は秋のリンゴ通いが待っています(笑)

// HOME //