美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
宿根草がポツポツと咲き始めて、やっとお庭も春らしくなって来ました。

我が家での1番手はブルンネラ。

    burunnera


忘れな草に似た可愛らしいお花と、薄緑色の葉が綺麗です。

今年植えたジューンベリーにもお花が咲きました。

    juneberry

この木にはちょっとした曰くがあって、2年前に庭を造った時、ジューンベリーの
植樹も造園屋さんにお願いしました。

秋になって赤い実が付いたのですが、どうも雑誌のジューンベリーの実とは
様子が違って、固くて食べられそうにありません。
「1年目だからかな~?」と思い、次の年に期待していると、翌年付いたのも
何だか変・・(^^;

それで緑の相談所に、葉と実を持って見て頂いたら、「これはマユミ(真弓)
という木ですね~。 ジューンベリーではありません。」と言われて
しまいました(笑)
プロに植えて貰ったのに、木が違っていたようで、まるで狐につままれた
気分です(爆)

その事を造園屋さんに連絡すると、平謝りで木を植え替えてくれました。
今度は大丈夫だと、作業員さんは太鼓判を押してくれましたが、心の何処かで
実が成るまでは、信用し切れていない自分がいます(笑)


ところでmsn産経ニュースにも出ていた「耳のない白いウサギ」のお話。
浪江町在住の方がYouTubeに投稿した動画で、飼育しているウサギの中に、
東京電力福島原発事故後に生まれた子ウサギの耳が無かったそうです。




原因はまだ判りませんが、無心に草を食んでいるウサギが哀れでなりません。
スポンサーサイト
良いお天気に誘われて、美瑛方面へ出掛けました。

行く途中に就実の丘を通ると、丁度畑を起こしている真っ最中で、秋蒔き小麦の
緑と土の色、そして半分雪を被った、大雪山系から十勝山系までの山並みと
青空のコントラストがとても綺麗でした。
特にパノラマ写真でも撮りきれないような、山々にぐるっと囲まれた景色は、
地球の丸さを実感出来てお勧めです。

ランチは「Blanc Rouge(ブラン・ルージュ)」に立ち寄りました。
林の中にあるログハウスのお店で、眺めが素敵です。

お勧めのビーフシチューセットをオーダーしました。
サラダとパンかライスが付いています。
    
    branc-rouge


お肉はよく煮込んであって、スプーンでも切れる柔らかさ。
シチューの中にゴロゴロと入っており、シチュー自体の量も多めです。
味付けは濃い目、私には塩味がきつかったです(^^;
パンはフワフワで美味しかったのですが、ご飯を組み合わせた方が良かったかも
しれません。

その後パン屋さんをハシゴして、友人と美瑛ツアーをしてみました(笑)
新しいお店が増えていたりして、ちょっとしたお上りさん気分?でしたが、
やはり観光客向けのお店が多いようですね~。
美味しいパンが焼けると評判が良い、竹内久典さんのレシピ本「どこにもない
ホームベーカリーレシピ」を買ってみました。

「ブランジュリ タケウチ」という大阪で人気のパン屋さんのオーナーシェフが、
HBでお店のパンに近い味を再現出来るように、試行錯誤して作ったレシピが
載っています。

中を見ると、砂糖が24gとか水が177gなどと細かくて、量りできっちり計測
するようにと書かれています。
ブリオッシュはバターを100g使用するので、カロリーが恐くてなかなか作る気に
なれませんが、レーズンパンと”パン・オ・ハワイアン”を勝手にアレンジして
クルミパンを焼いてみました。

レーズンは予めラム酒に付けておいたりと、芸が細かいです。
国産小麦がなかったので、カメリヤスペシャルで作ってみたら、
出来上がりは上々♪
パンはふっくらモチモチで、味はHB付属のレシピよりもグッと美味しくて吃驚!
砂糖やバターがHBのレシピよりも多く、卵も入ったりするので、味の違いにも
納得がいきます。

「これならパン屋さんが無くても、生きていけるかも~(^^)」と思い始めた矢先、
いつもの小麦粉が切れて手に入らなかったので、「北みのり」という北海道産の
強力粉で同じ様に焼いてみました。

結果は大失敗(T_T)
外側は固くて、上が潰れてクッキーみたい。
中はボソッとしていて、パンという代物ではありません(苦笑)

    kitaminori-hb


生地を捏ねている段階で、柔らかくだれてデローンとした状態。
これでは膨らむどころではありません。
小麦粉自体に小麦タンパクや酵素、シスチンが配合されていて、普通の強力粉
よりもサラサラした手触りなので、小麦の蛋白質が少ないのかもしれません。

水の分量を控えるといいのかと思い、少し減らして焼いてみたけど、2度目も
また失敗・・(-"- )
「北みのり」の扱いは手強くて、コツが掴めません。

カメリヤスペシャルが買えなかった時、旦那が「強力粉なんて、どれを使っても
大して違いは無いんじゃないの? 拘るのは変だよ~。」とブツブツ言って
いたけれど、失敗作を見て「成る程・・」と変に感心していました。
全く、男って奴は・・・  実物を見ないと納得しないんだから・・(笑)

週末、思い立って急遽札幌に出掛けました。

そのついでに、以前から気になっていたけれど買いそびれていた、丸井さんの
地下に入っている「パティスリー モンタンベール(Montenver)」のケーキを、
やっと買う事が出来ました。
北広島市にあるケーキ屋さんだそうで、ネットでも評判が良いようです。

購入したのは、昔風のプリンにサバラン、名前は忘れてしまいましたが、
ムース系のケーキを3種類です。
お店にはマカロンや焼き菓子が豊富で、こちらも美味しそうです。

プリンはバニラのつぶつぶが入っている、伝統的なカスタードプリンで、
生クリームも入っているのか濃厚な印象です。
今時のトロトロプリンじゃ無いところが、私好みでした。

    montenber2


サバランは中心にクリームたっぷり、お酒も利いています。
白いケーキはホワイトチョコのムースで、ドライフルーツが綺麗に散りばめ
られていました。

    montenber1

    montenber3


どれも全体的にちょっと甘めのケーキですが、スポンジやムースは
美味しかったです。

電車で出掛けると、乗り降りなどでどうしてもケーキが傾いて、崩れて
しまいがちですが、車で出掛けてもやっぱりサバランを運ぶのは難しかった
ようで、帰宅して箱を開けると液漏れ状態・・・(+_+)
つゆだくサバランは食べられなかったのでした(^^;
震災の影響で品切れの物も色々出ていますが、その中の1つにペットの
トイレ用品があるとは思いもしませんでした。

4月半ばから、花王のシステムトイレ「ニャンとも清潔トイレ用マット」が
店頭で見掛けなくなりました。
どうやら品切れで、お店の方に聞いても見通し不明で、いつ入荷するか
判らないようです。

このトイレはマットが優れ物で、1週間そのままでも匂いがあまりしないし、
何より手間が掛からずゴミも少ないので、1度使い始めるともう以前の砂には
戻れません。

猫もすっかりお気に入りで、人間がトイレに入ると自分も一緒に入って
用を足すという(我が家は人のトイレのスペースに、猫のトイレも置いている)、
変な行動をしています(笑)

花王のHPを見たら、5月中旬以降には商品が出回る見込みだと書いてあったので、
取り敢えずは手持ちのマットが持ちそうです(^^;
代替品を覚悟していただけに、ホッとしましたが、こんな物までも影響が
出ていたのですね・・・
358鞍目@ホシノキング

サイドレーンを付けて、ハミ受けの練習。
速歩での感覚は大分判ってきたような気がするが、駈歩ではよく判らない(^^;
「リズムが1・2・3の3の時に、拳を使うと良いかも」と言われたましたが、
3のタイミング自体がイマイチ掴めません。

駈歩→停止する時、伸びたがりやのホッシーはなかなか停まらないので尋ねると、
「直前まで脚で押して、その後押すのを止めて腿で挟む感じ&拳を体に
引きつける感じ、力任せで拳を引いても駄目です。」と言われました。
押して、挟んで、引くの3ステップのようです。

でも馬の首がグイッと伸びてる時にやっても、上手く停めるのは難しいそうで、
首が下向きだと上手く行くのだとか。
下向き=屈撓してる状態って事なのか・・?

結局ハミ受けは、何処にでもついて回るのですね・・・(^^;
週末毎にお天気が悪く寒いので、庭仕事がはかどりません。

バラの冬囲いを外したのは、予定より遅く4月の下旬(^^;
その間に庭木を見に来た造園屋さんからは、「まだバラの冬囲いを外して
ないのかい?  ちょっと遅いんじゃないの~。」と言われてしまいました。

低温が続いていたので、バラが寒さにやられてしまうのではないかと思い、
外すのを躊躇っていたと言うと、「うちのバラは紐で縛っただけで、ネットや
筵は巻かないよ。 寒さで駄目になる木は縁が無いと思って、丈夫な木だけ
育てるようにした方が良いよ~。 手間は少ないに越した事は無いでしょ(笑)」
と造園屋さんは言います。
成る程・・・ 木が小さいうちはネットなどで巻けても、大きくなったら、トゲは
痛いし絶対に無理!
ガーデニングは、省エネに越した事はありません(笑)

冬越ししたバラのうち、スヴニール・ドゥ・マルセル・プルーストは上部が
かなり枯れてしまい、下の方でバッサリ剪定。
逝ってしまったかと思いましたが、根元の方で新芽が出て来たので、暫く
様子見です。
デルバールの黄バラのこの子は、寒さに弱いみたいです。

ご近所では昨年、グラハム・トーマスやピエール・ドゥ・ロンサールが寒さに
やられたと言っていたので、冬囲いをしても寒さに弱いバラは色々あるようです。

手入れが大変なのは身に染みているのに、つい今年も音更町の大野農園でバラを
注文してしまいました(^^;;)
今回はオールドローズにチャレンジしてみようと、デューク・オブ・エジンバラ、
ブラッシュ・ノアゼット、ローズ・デュ・ロア・ア・フルール・プルプレの
3本です。
プルプレは多分、バラ界の中で1・2を争う長い名前かもしれません(笑)

この3本で打ち止めのはずが、TVで姿を見て以来欲しい衝動に駆られ、HTの
カリフォルニア・ドリーミングもまたまた購入(;^_^A アセアセ…

     rose-california


旦那は旦那で、自分のお気に入りのプルーストが危なっかしいので、別の
黄バラ マルコ・ポーロを買って来ました。

     rose-maruco


現状でも手狭な庭なのに、これ以上のバラをどうするんだろう・・・?
私の視界に、バラのカタログや雑誌が入らないよう、切に願います(爆)

// HOME //