美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
373鞍目@ネッド

主に速歩でハミ受けの練習。

ネッドに乗る時は、鐙上げをした方が動くので、準備運動以降は最後まで鐙上げ
して乗りました。
おそらく鐙を踏んだ時に、踵がきちんと下げられていないので、脚が引けず
上手く使えていないから、馬の動きが悪いのだろうとスタッフに言われましたが、
私は鐙上げして乗った方が、踵を気にしない分、気楽で好きなのです(笑)

今日は輪乗りでも直線でも、上手くハミ受けが出来て、珍しく褒められました。
拳が安定していたのと、脚の推進が良かったようです。

注意したのは、内方の拳は外側に引き気味にして、拳同士を近づける事、外方の
脚は後ろに引き気味にして、両方の脚で圧迫=推進する事です。

「脚をもっと入れて!」と注意されっぱなしだったので、必死で脚に力を
入れていたら、後半には太股はだるいし脚はフラフラ、頑張っても力が
入りません(^^;
それでもネッドが首を譲ってくれたので、ハミ受け状態を維持する事が
出来ました。

終わってみれば、滝のような汗とぐうの音も出ないくらいの疲労感。
久し振りにしごかれました(;^_^A アセアセ…


そういえば今月は、教育TVで「チャレンジ!ホビー 馬で大地を駆け抜けたい」
という4回シリーズの番組をやっていました。
俳優の永井大さんが、外乗に挑戦出来るように乗馬のレッスンをするという
番組で、3回目でいきなり「襲歩」にチャレンジしていました(@_@;)

襲歩というのは競走馬の走り方で、トップスピードの状態です。
普通の乗馬クラブではやらないし、私もまだ生では見た事がありません(^^;

「初心者がやっても大丈夫だろうか?」と他人事ながら心配しましたが、
辛うじて1歩が出たくらい?でした。
スタッフでも襲歩で落馬する事があるくらい難しいらしいので、チャレンジする
だけでも勇気がありますね~。
スポンサーサイト
サービスカードの期限切れが近づいたので、久し振りに「大雪の蔵」へ。

前回食べた”蔵弁当”の印象がイマイチだったので、今回は”おまかせ会席”に
してみました。

    taisetsunokura4

写真の焼き物は「鰆とトマトの香草ソース」。
トマトの上にソテーした鰆を載せていて、バジルソースが掛けられたフレンチ
っぽいお料理です。

    taisetsunokura5

煮物は「海老伸丈と南瓜・枝豆・楓麩の焚き合わせ」。
上品な味付けでした。

    taisetsunokura6

こちらは「ところてんと魚介・オクラの酢の物」。
シャーベット状の三杯酢が掛かっていて、涼やかで面白い酢の物です。

締めは夏らしく、腰の強い道産小麦の冷や麦でした。

全体に良くまとまっていて、美味しかったです。
これなら、懐が温かい時にまた来たいですわ(笑)


ところで夏のバーゲン時期に合わせたのか、園芸店のバラ苗もセールが
始まりました。
セールと聞けば「1度は行かなくちゃ♪」と血が騒ぐのは、女の性でしょうか(笑)

2割引につられて、よせばいいのに2本も購入してしまいました(^^;

1本は旦那が以前から欲しがっていた、イングリッシュローズの
「ストロベリーヒル」。
ローズピンクでミルラ香の強い、綺麗なバラです。
鉢植えで育てるつもりですが、この時点でも枝の伸びっぷりが良さそうなので、
何処まで大きくなるのか、末恐ろしい気がします(笑)

    strawberryhill

もう1本はフレンチローズの「ミツコ」。
ピンクの縁取りが入った、黄色いバラです。

    mitsuko

本当は「モーリス・ユトリロ」か「アンブリッジローズ」が欲しかったのですが、
さすがにこの時期になると、欲しい品種は残っていません。
買うのを止めようと思ったのに、旦那が「折角来たんだから、もう1本買いなよ~」
と何度も勧めるので、選ぶのに疲れて目の前にあった「ミツコ」に
してしまいました(^^;

ゲランの香水「ミツコ」の元になったバラだそうですが、黄色が私の好きな
クリアな黄色じゃない(笑)
それに「みつこ」という名の叔母がいるので、どうしてもルドベキアのような
叔母を想像してしまうのです(笑)

洋服はバーゲン買いで失敗する事もありますが、バラも安さに飛びつくと、
買ってから後悔するみたい(;^_^A アセアセ…
この先、ミツコがお気に入りの子になる日が来るのかしら?
先月札幌で、丸井今井の食品売り場をウロウロしている時に、「創作豆
池田食品」
のコーナーを発見。
スーパーにも置いてある「七福豆」や「うぐいす豆」などの工場直送売店です。

試食につられて購入したのは、人気ベスト3の「焼きカシューナッツ」
「わさびカシュー」「一味焼きカシュー」と「とうきびカシュー」の4点。

    ikeda-mame


大きめのカシューナッツに、サクッとした薄い衣が付いていて、わさびや
一味はピリッと辛く、焼きカシューは醤油味、とうきびはほんのり甘いのです。
どれも食感は良くて味付けが美味しいので、食べ出すと止まりません。
食べ過ぎるとカロリーが気になるので、数個で止めようと思うのだけれど、
これがなかなか難しい~(笑)
この中での一番お気に入りは、焼きカシューでした(^^)

カシューナッツの他にも、大豆や黒豆、ピーナッツの豆菓子にチョコやボーロも
あり、サイズも大小の袋があるので、色んな味を試してみるのも楽しそうです。
セット物もあるので、お土産にもいいかも。
先月のブログの中で、道産小麦粉「北みのり」を使った失敗作のパンを
載せましたが、その後別のレシピを試したところ、見違えるような成功作が
完成しました(笑)

参考にしたのは、荻山和也さんの「ホームベーカリーBook」。
余っていたバナナを利用して、バナナブレッドを作ってみました。

1斤分の材料は、道産強力粉「北みのり」250g、ドライイースト3g、牛乳を
2割減の108g、塩3g、砂糖40g、バター40g、卵25g、バナナ45g、ブランデーが
無かったので代わりにラム酒13g です。

バナナはラム酒を掛けて適当に潰しておき、ホームベーカリーのケースの中に、
イースト以外の材料を入れて、後はお任せです。(イーストは専用の投入口に
入れておく)
4時間後には、フワフワのパンが出来上がりました。
4度目の正直で、あの失敗作が信じられないくらい、自分でも惚れ惚れする
出来映えです(笑)

    banana-bread


ポイントの水分量は北みのりの場合、2割減で丁度良いようです。
コツが掴めたところで、小麦粉を使い切ってしまい、使い慣れた「カメリヤ
スペシャル」に戻してしまいました(^^;

粉の味は道産小麦も美味しいのですが、素人が作って毎回安定した出来上がりと
いう点では、カメリヤスペシャルの方に軍配が上がります。
その日の湿度や気温でも、パンの焼き上がりが変わったりするくらい、パンの
世界は奥深いですわ(^^;
今年仕入れたオールドローズ達が、温室育ちだったためか、他のバラよりも
早めに咲き始めました。

「デューク・オブ・エジンバラ」

    duke1


カタログでは赤いバラに見えましたが、実際には少し紫色が入った感じです。
中輪で香りが良く、花持ちも良さそうです。

「ブラッシュ・ノアゼット」

    blush1


蕾の時は薄いピンクで、開くともう少し白っぽくなります。
1つの枝から小振りの沢山のお花が咲いて、満開になると賑やかです。
これも芳香で花持ちが良さそう。

「ローズ・デュ・ロア・ア・フルール・プルプレ」

    pourpre


カタログで濃紫と書いてあったけど、赤みが強い印象です。
デューク・オブ・エジンバラと色が被っていて、同じバラに見えてしまいます(笑)
中輪で芳香、蕾の時の形は綺麗です。


写真や本を見ただけで買うと、時々自分で思っていた色とは違うバラになり、
ややもすれば後悔してしまいがちなので、出来れば実物を見てから買う方が
良いのでしょうね(^^;

それを避けるために、バラ好きの人には、購入した鉢のまま暫く置いて、
お花が咲いて気に入ったら、お庭に植えるという人がいるそうです。
気にいらなければ、鉢のまま永久保存しておけばいいし、無駄なリストラ
(庭植え→鉢植えに替える)を避けるための方法だそうです。

実は我が家にも、リストラ候補のバラが1本(^^;
フロリバンダの「ハニーキャラメル」は、中輪のカップ咲きのまま最後まで
形を保っているけど、色や姿形がタイプじゃなくて、あまり可愛くない(笑)
リサーチ無しで、名前に惹かれてお店でパッと見て買ってしまったせいか、
咲いて吃驚のパターンでした(^^;

剪定後の来春、鉢に上げようかと考えていますが、少々バラが可哀想にも
思えます。
でも新しいバラも欲しいし・・・(笑)
広い庭があれば、こういう問題は起きないのにね~(;^_^A アセアセ…
お花の季節になって来たので、3年ぶりに「上野ファーム」に出掛けました。

この時期咲いているお花は、早咲きのバラがほんの少しと早咲きのクレマチス、
宿根草のオニゲシ、キャットミント、葱坊主みたいなアリウム?やジギタリスが
咲き始めていました。

   ueno1

毒々しい感じのオニゲシは、お花が大きくて存在感充分!
つい目を奪われてしまいます。

以前訪ねた時よりも山の方にお庭は広げられていて、上る途中でアヒルの
団体に遭遇。
私が下りてきた人と立ち話をしている間に、友人が突進してきたアヒルに、
脚を食い付かれてしまいました(爆)
「何か悪い事でもしたの?」と聞くと、「いや~、いきなりこちらに向かって
ダッシュして来たんだよ~(@_@;) 美味しそうに見えたのかな?(^^;」と
困惑気味。
話している最中にもアヒルは姿勢を低くして、今度は私に向かって来ようと
しています。

   ueno2


きっと機嫌でも悪い日だったのでしょうか?(^^;;)
思わぬ体験をした友人は、大笑いしていました。

ここのカフェメニューの食事は、キーマカレーとサンドウィッチ、ケークサクレ
(野菜などが入った甘くないケーキ)の3種類と少な目。
デザートの方がメインのようです。

私が食べたのはコーヒーゼリーパフェ。
甘さ控えめのゼリーはクラッシュ状で、上のソフトクリームはジェラートっぽい
感じです。
ゼリーはもう少し大きい方が好みかな~。

   ueno3

日本橋三越に入っている乗馬用品店「ピアッフェ」が、札幌で3日間出店する
ので、夏用のキュロットを見に行って来ました。

馬用品はネットで買う事も多いのですが、メーカーによって同じサイズでも
作りが違ったりして、サイズ交換に出す事もあり、いつも不便に感じていました。

店長さんは私を見るなり、「サイズはこれかな。」と出してくれたキュロットは、
試着するとジャストフィット(@_@;)
一目見てサイズを見抜くなんて、流石はプロです。
しかも「ドイツ製は脚が長めですよ~。」と、私の脚の長さまで見抜くとは、
凄いとしか言いようがありません(^^;

ついでに馬場鞍の事も聞いてみたら、今回は持って来ていないけど、事前に
連絡をくれれば、幾つか用意してくれたとの事。
女性は特有の悩みもあるので、柔らかい鞍に乗った方が良いと話してくれました。

私の鞍数などを聞いて勧めてくれたのは、アンキー、パッシェのオプティマム、
ザルディ、シルデリックです。
特にアンキーやシルデリックは、羊毛のクッションが入って柔らかいので、
女性にはお勧めだと言ってました。

実は1年程前から倶楽部で中古鞍を探して貰っていますが、なかなか良さそうな
物が出て来ません。
倶楽部の鞍は総合鞍で、かなりへたっていてクッションは潰れているし、革も
固いのが多くて、痛い思いをする事が多いのです。
私の乗り方が下手なせいだと思っていましたが、鞍も原因の1つらしく、
少しホッとしました(笑)

店長さんは「中古鞍は、前の持ち主の乗り方を知っている場合は良いけど、
そうじゃない時はお勧めしません。」と言っていました。
男性と女性では、鞍壺の出来る場所が違うし、状態を見ないで買うのは
無謀のようです。
安い買い物ではないので、実際に跨って感触を確かめた方がいいみたい。

それを聞いて「やっぱり新品を買う方がいいのかな~・・?」と、迷いが
出て来ました。
でも東京まで、わざわざ行くのも大変だし・・・
道内に乗馬用品店が無いのは、本当に不便です(-"- )


この後、「牛亭」のハンバーグが懐かしくなって食べに行きました。
1階の中山ミシン店の前で、ミシンを踏んでいるお姉さんも、20年以上変わらず
元気そう(笑)

つなぎ無しのハンバーグは、ミディアムで焼いて貰うと、食べてる途中で中まで
熱が入って丁度良い感じになります。
パテも肉々しくてジューシーなので好きですが、ソースの塩気がキツイのが
ちょっと・・・
ニンニクやコショウ、玉ネギが利いた醤油ベースのソースは、塩味も利いて
いるので、これならソース無しでも良かったかも(^^;

    ushitei

昔はそんな風に感じなかったので、舌が年を取ったのかしら・・(^^;;)

JAの農産物直売所”あさがお”で見つけた「江丹別の白いチーズ」は、江丹別に
ある牧場「カウ&カーフ(COW&CALF)」さんの自家製フレッシュチーズです。

    cow&calf


ケースに入って柔らかそうに見えたので、お店の方に「クリームチーズですか?」
と尋ねてみると、「いえ、クリームチーズでは無く、フレッシュチーズです。
ジャムや蜂蜜を掛けて食べるといいですよ。」と教えてくれました。

自宅に戻ってから、取り敢えずそのままの状態で味見。
酸味が強くて、脂肪分のあるカッテージチーズのようです。
ボソッとした食感と酸味が気になって、このままではちょっと微妙な感じ(^^;
甘いチーズが嫌だったので、サラダのトッピングにしてみました。

ルッコラやサラダホウレン草、ミニトマトと一緒にバルサミコドレッシングを
掛けると、野菜の微かな苦みとドレッシングの酸味、チーズのクリーミィーさが
一体となった美味しさに吃驚!
そのまま食べた時は、正直イマイチだったチーズの酸味が、ドレッシングに
よって見違える味に変身♪
特にサラダホウレン草やミニトマトとはお似合いで、この組み合わせが
お気に入りになりました。

チーズって、そのまま食べただけじゃ判らない事もあるものなのね~。
我が家では、サラダ用にリピーターしてしまいました(笑)

ここ数日の花粉の多さには吃驚
車の窓ガラスやボンネット、郵便ポストも黄色く染まって、辺り一面黄金色(-"- )
白樺の花粉と思いきや、アカマツやクロマツの花粉だそうで、昨年の暑さで
大発生したそうです。

昨年まで花粉症はそれ程でもなかったのに、今回は外に出ただけでクシャミ連発、
鼻水ズルズル。
こんなに酷い状態は初めてで、慌ててマスクをしても後の祭りです(T_T)

乗馬する時もマスクを掛けて乗りましたが、暑さと息苦しさで結構大変(^^;
花粉症には縁の無さそうな馬達が、羨ましく思えます(笑)

馬といえば、今年に入ってから1度蹴られて2回噛まれてと、何故かついていません。
洗い場でお尻を拭いている時に、突然横からホッシーの回し蹴りが
飛んで来ました。
お昼時だったので、「早く手入れを終わらせてよぉ~。」とイライラして
蹴りを入れたのかもしれません。
本気の蹴りでは無いので、太股に青あざが出来たくらいですが、後ろに蹴る
イメージしかなかったので、器用だな~と変に感心してしまいました(笑)

噛み付いたのは、2回ともベティ。
1度目は手入れの時に遊びでやられ、2度目は先週装鞍時に、腹帯を締めようと
していたら、腕にガブッと・・・
悪さをしたのでお尻を叩こうとすると、馬も怒られるのが判っているのか、
逃げようとジタバタしてました。
袖をめくると、赤・黒・青のトリコロール内出血で、1週間過ぎてもまだ
消えません。

いくら人に慣れているといっても、ペットの犬や猫とはやはり違います。
予測出来ない事が起きる場合があるので、油断は禁物。
「馬にとって、お腹を触られるのは嫌な事なのよ~。 腹帯を締める時も、優しく
ゆっくりしてあげないと。」と古い会員さんに言われ、ちょっと反省(^^;;)
猫なら何をやっても、為すがままにされてるのに、馬には気を遣います(笑)

// HOME //