美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
旦那が以前から気にしていた、お掃除ロボット「ルンバ」を買いました。

周囲の人から、「留守の時に勝手に掃除をしてくれるのでとても便利」だとか、
「結構お部屋が綺麗になるのでいい」などと評判が良く、中には2階用に2台目を
買った人もいたので、興味津々だったようです。

電器屋さんで聞いてみると、2cmまでの段差は乗り越えられるので、カーペットを
敷いていても大丈夫だし、階段などの段差はセンサーで感知するので、落ちたり
しないようです。
但し猫がいる場合は、猫を綿埃と認識して向かっていく事があるのだとか(笑)

猫が気掛かりなので、家に居る時に試運転。
普段は戸を開け放して、1フロアのように使っている1階を掃除してみました。

音はパワフルな掃除機よりは、少し小さい気がしますが、それなりに
音がします。
センターラグやキッチンマットの上も、段差を気にせずスムーズに移動。
同じ所を何度も行き来したりしますが、お部屋ナビを使って順番にお掃除
させていくと、25分ずつ掛けながらお掃除してくれました。

問題の猫(笑)は、元来音に敏感で臆病な性格なので、遠巻きにして見ています。
動きが気になって少し近づいても、自分の方に来そうになったら、脱兎の如く
逃げ出す始末!(笑)

    kinako-roomba1

    kinako-roomba2

ドックで充電している時も、恐る恐る近づくものの、触るまでにはいきません。
掃除機が嫌いなので、ロボットといえども駄目なのでしょうね~(^^;
「ルンバに乗った猫」を期待したのに、無理でした(笑)

気になった点は、四角い部屋を丸く掃くし、幅の狭い所・物が置いてある所も
駄目なので、日常のお掃除を任せるのは難しいと思います。(きれい好きな人は
特に・・・(^^;)
時間の無い時に、サッとゴミを取って貰うという感覚で使うのなら、便利で
良いんじゃないでしょうか(^^)
スポンサーサイト
トウモロコシが沢山出回る時期になり、直売所では新顔も目に付くように
なりました。

「ゴールドラッシュ」はお気に入りで買う機会が多いのですが、今年初めて
見たのは「甘えん坊」と「ランチャー82」という品種。
皮を剥いた素顔は、向かって左のランチャ-の方が少し白っぽい感じですが、
よく似ています。

    corn


どちらも甘い品種らしく、これは期待大♪
早速、茹で時間3~4分で茹でてみました。

食感はどちらも粒がしっかりしていて、1粒ずつ剥けます。
甘味は甘えん坊の方が強く、すっきりした甘さです。
食べ比べるとランチャーの方が、甘さでは見劣りする感じです。

ゴールドラッシュは濃い甘さで、粒皮が柔らかくてシャキシャキした食感なので、
好みが分かれるところです。
私はゴールドラッシュに軍配を揚げましたが、旦那は粒のしっかりした甘えん坊が、
気に入ったみたい。

因みに直売所では「キャンベラ」という品種もあり、近くに居た人に
「粒のしっかりしたトウモロコシってどれでしょう?」と訊かれたので、
昔ながらのイメージでキャンベラを勧めたのですが、今は「キャンベラ86」や
「キャンベラ90」など、色々なキャンベラがあるとは知りませんでした(^^;
(名前の後ろの数字は、収穫までの日数のようです)
同じ名前でも、日々進化しているのですね(^^;
友人から展覧会の案内状が届いたので、ギャラリーと美術館で開催されている
「巨匠たちの饗宴”日本近代絵画”」をハシゴしてきました。

友人の方は絵画教室の人達と合同の作品展らしく、エッチングを6点ほど
出品していました。
毎年何点も出品するのは大変そうですが、頑張ってるみたいです。

美術館の方では、明治~昭和の終わりまでの西洋画と日本画が置いてありました。
画家の数が多く、知らない人も沢山いましたが、どんな絵を描くのか導入編と
して観るのなら良さそうです。

    museum

洋画は印象派からエコール・ド・パリの時代が多く、作風にも影響のあった
パリの画家達の匂いがします。

興味があったのは「藤田嗣治」と「岡鹿之助」で、藤田の有名な猫の絵と
乳白色の肌の色、岡の点描画の実物を観てみたかったのでした。

隠し味にベビーパウダーを用いたという藤田の白は、他の画家とは一線を
画しています。
それに繊細なラインや、リアルな動きの表情豊かな猫や動物は、よく観察して
特徴を捉えているなと感心してしまいました。
生で観ると、本当に藤田は凄いです。
すっかり好きになってしまいました。

岡の点描もとても手が込んでいて、ルソー好きには絵の似た雰囲気が
たまりません(笑)
中学生の時、美術の先生が点描画法で絵を描かせてましたが、もしかすると
この先生は、岡鹿之助のファンだったのかも・・・?(^^;
子供には程遠い出来映えでしたが・・・(笑)

じっくり観るには作品数が物足りなかったのが、ちょっと残念です。
ここ数年毎年訪れている、恵庭市の「えこりん村」へ行きついでに、千歳の
アウトレットと旦那の方のお墓参りに行くという、盛り沢山の日帰りドライブを
してきました。

お墓には5時までに着きたかったので、まずはアウトレットでさらっとお買い物。
初めて来たのでゆっくり回りたいところですが、時間があまり無いので、食器の
お店とスポーツショップを覗いてみました。

その後「えこりん村」へ移動。
ここの「銀河庭園」は佇まいがシックで、植栽やお庭のデザインも面白いので、
何度来ても飽きません。
それに何と言っても、アルパカが可愛い~(笑)
スモールファームにラマや羊、ヤギにアルパカなどの動物が飼育されていて、
運が良ければ近くで見る事が出来ます。

昨年・一昨年とアルパカは遠くから眺めるだけでしたが、今年は子アルパカを
間近で見る事が出来ました。
最初は林の中で木の葉を食べていたのですが、舌鼓(乗馬の扶助で舌を鳴らす音)
で呼んでみると、効果があったのか微妙ですが、広い柵の方へ移動し始めました。

1頭が目の前で私の方を向いてポーズ♪
と思ったら、”小”の方をし始めたのです(笑)
更にもう1頭も寄って来て、2頭並んで・・・(爆)
この一部始終を旦那が撮影していたようで、可笑しくてupしてしまいました。



アルパカの生態を垣間見たところ、仲間と同じ行動を取るのが好きなようで、
トイレの場所は決まっています。
前立腺肥大みたいに、トイレの時間がかなり長い(7~8分は掛かっていた
ような・・)のには驚きでした(^^;
でもどんな姿でも、アルパカは可愛いです(笑)
今週は旦那が夏休みを取ったので、少し遠出でもと思っていましたが、
この暑さの中、締め切った家の中で猫を一晩置いておく訳にもいきません。
短毛種なので暑さには強い方に見えますが、30℃の室内で日干しにでもなったら
大変です(^^;

それで近場のお出掛けに変更して、まずは実家へお墓参り。
行く途中で、前回食べそびれた砂川のファームレストラン「リヴィスタ」へ
寄る事にしました。

平日なので、ランチセットの日替わりパスタとピザを注文。
この日はサーモンの和風パスタと、シーフードピザでした。

パスタもピザもそれなりに美味しいんだけど、何か物足りない・・・(笑)
ここに来たらトマトソースを食べなきゃ始まらないと、お腹はそこそこ一杯なのに、
フレッシュトマトとモッツアレラチーズのパスタを追加注文しました。
濃厚なトマトソースとチーズをふんだんに使った味は、他ではなかなか
食べられないし、一押しだと思います。

    rivisuta3


我ながら信じられない量を食べたけど、締めのパスタで大満足♪
童話「赤ずきんちゃん」のオオカミの満腹感が、判るような気がしました(笑)

更に実家では、止めのメロンが待ち構えていたのでした・・・(爆)
卒業以来初めて開かれた短大のクラス会に出席しました。

場所は札幌プリンスホテルタワーで、フレンチのランチコースを頂くという
優雅なクラス会です。
お昼時なので、残念ながら飲み物はオレンジジュースとウーロン茶のみ(笑)
アルコールが無くても、さすがに女性ばかりだと賑やかです。

当時の面影が残っている人もいますが、すっかり変わっている人もかなりいて、
名前を聞いてもなかなか思い出せません(^^;
実験や実習で同じグループだった人達は、それなりに覚えているのですが、
講義の時は階段教室の後ろに座っていた私には、存在すらあやふやな人も
チラホラ・・(^^;;)
名前を聞いても記憶に無くて、「こんな人がいたのね?」状態です(冷汗)
誰かが持って来た卒業アルバムを見て、何度も確認する有様でした。

それでも近況を報告し合ったりして、皆それぞれ頑張ってるいるのだなと
刺激になりました。
「勉強する事が多かったけど、良い学校だったよね」と思っている人も多いのが、
ちょっと意外でした(笑)

次回は何年後になるか判りませんが、早々に幹事を決めてしまったので、
また会えるのが楽しみです。
7月~8月にかけてメロンを頂くことが多く、メロン好きには嬉しい時期なのですが、
生ものは重なってしまうと、有り難みも微妙だったりします(^^;

12個家にあった時は、ご近所に配ったりもしましたが、毎日1/2個ずつ食べる
ノルマが課せられたりしました(笑)

知人に聞いても同じ様な状態らしく、2人家族なのにメロンとパイナップルと
パパイヤが重なった時は、呆然としたそうです。

今は赤肉メロンが人気なのか、ルピアレッドという品種が主流のようです。
このメロンは普通のメロンと違い、食べ頃になっても皮が黄色くならないし、
匂いもあまりしません。

鼻を近づけても熟しているのか判りにくいので、食べ頃の見分けるのに、蔓が
枯れ気味で、お尻を押して柔らかそうなのを選んでいました。
これだと食べ頃の当たる確率は8割くらいで、百発百中ではありません(^^;

ネットで見ると、品種毎にメロンの食べ時は違うようで、ルピアレッドの場合は
お尻を押して柔らかくなった時とか、弾力があれば食べ頃と書いてあります。
出来れば、柔らかさの度合いまで詳しく書いてあれば、もっと判りやすいのに
と思うのですが・・・(笑)

青肉のキングメルティーは、子供の頃から知ってる味なので、こちらの
見分け方はほぼ完璧♪
皮が黄色くなって、匂いがプンプンしたら食べ頃です。

    melon


写真左のメロンは、後1日くらい経った方が食べ頃かな~。
右の方は、多分食べてもOKでしょう(笑)

最近メロンを食べると喉が痒くなるのは、アレルギーの様な気がします。
今まで食べ物のアレルギーだけは無かったのに・・・
それでも食べるのを止められないのは、食い意地が張ってるせいでしょうか(笑)
// HOME //