美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
以前習っていた着付け教室の方達や先生も交えて、2年ぶりにランチをしました。
場所は生徒さんの1人が行ってみたいというので、「くぅふく倉庫」に決定。

入った時期はバラバラですが、お教室の閉鎖の時期に一緒だったという事で、
細々ではありますが、不思議とご縁が続いています。
今回は夏に偶然、車のショールームでその中の1人と会ってから、急に
ランチの話がまとまったのでした(笑)

「入った時は小1だった娘が、今は高1なのよ~。もう10年だなんて早いわね。」
と言う人がいて、会話をしていると時間の経過の早さに、皆しみじみ・・・
それでも「外見はちっとも変わらないわよね~。」とフォローも忘れません(笑)

ランチの方はメニューが多くて、皆なかなか決まりません(^^;
ハンバーグとコロッケとか、2種類のおかずをセットしたパターンが多くて、
ガッツリ食べたい人向けのランチのようです。

そんなにボリュームが必要じゃない私は、デザート付きのハンバーグセットを
注文しました。
スープ・サラダ・モッツアレラチーズ入りハンバーグ@デミグラスソース・
ご飯にアイスクリームと飲み物がセットです。

    kuufukusouko


ハンバーグはふっくら焼かれていて美味しかったけど、ソースは味が
濃いめでした。
出来れば、付け合わせのお野菜があると良かったなと思います。

近況報告や色んな話をしているうちに、あっという間に2時間半が経過。
年齢的には微妙ですが、「またガールズトークをしましょうね~(笑)」と
お別れしたのでした。
スポンサーサイト
402鞍目@ジャスティス

おおっ! いつの間にか400鞍超えていたようです。

今日は3ヶ月ぶりくらい&2回目のジャスティス。
前回は鞍ズレ(倶楽部の鞍)が酷くて、「自前の鞍が来るまで乗りたくない」宣言を
したのですが、今日はパッシェの馬場鞍を貸して頂き、再度チャレンジしました。

さすがに鞍が良いと、乗り心地が全然違って、前回ほど痛くありません(笑)
動きがピリッとしないので長鞭を貸して貰うと、かなり良い感じに動いて
くれました。

内側の方によれる癖は、内方の脚で押して立て直すようにと言われましたが、
右はまだしも左の脚は、上手く力が入りません(^^;
ちゃんと力を入れてるつもりなのに、自分の脚じゃないみたい(苦笑)

速歩ではハミを受けられないし、まだ2回目で馬が判らないので、こんなもの
なのでしょうか・・・?(-"- )

おまけにお手入れの時は、しきりに頭や服に食い付こうとするので、髪の毛や
手は馬の涎でベトベト。
こんなに煩い馬だとは思わなかったわ~(笑)


ところで、今朝の「とくだね」を見ていたら、京都大学の中野剛志先生が
TPPの解説で出演されていました。
フジTVらしからぬ人選の気がしますが、内容がとても判りやすくて面白く、
見ていてスッキリしました(笑)

政府はTPPで、GDPが2,7兆円アップすると発表していますが、これは10年間の
累積値で、日本のGDP500兆円と比べたら大した金額じゃないそうです。
10年間の部分を隠して発表していたのには呆れたけれど、米国の自動車関
税率は2,5%で、日本のメーカーは現地に生産工場があるから問題にならないと
言ってました。

先生の判りやすい解説があります。



野田首相は普天間基地の問題の代わりに、TPPで米国の機嫌を取ろうと
しているようです。
鳩山さんのツケが、回り回ってこんな事になろうとはねぇ・・
夏のクラス会であった同級生から、メールが届きました。

「TBS系で月曜21時に放送される、「北海道警察 巡査の休日」というドラマの中の
YOSAKOUIソーラン祭りのシーンで、自分達のチームが協力したので見てね♪」
という内容でした。

夜は殆どTVを見ない生活なので、気が付いてTVを付けた時には既に21時45分(^^;
丁度よさこいの踊りが始まるところでした。

慌ててTVにかぶりついて見たけれど、財前直見や黒川智花のアップばかりで、
ダンサーの方は写りが小さく切り替えが早いのと、独特のメイクをしているため、
同級生が何処にいるのかよく判りません(;^_^A アセアセ…
結局、最後まで不明なままで終わってしまいました。

わざわざ連絡をくれたのに残念でしたが、よさこいもTVもあまり興味が無いから、
見つけられなかったのかも・・(苦笑)


話は変わって、このところ話題になってるTPPについて。

マスコミなどは、農業対経済界という構図を意識的に作っているように
見受けられますが、実際にはあらゆる業界に影響が及ぶようです。

医療では保険外診療の拡大や混合診療が解禁されて、健康保険制度が崩壊し、
お金が無いと病院に掛かれなくなったり、労働市場の解放は外国人の医師や弁護士、
労働者が入るでしょう。
食品はBSEの牛肉や遺伝子組み換えの植物などの規制もなくなるし、公共事業の
入札も海外企業が今まで以上に参入するなど、結果を想像するのが恐ろしく
なりそうです。

何より「米国が参入出来ないものは公正でない」という論理に、日本が対応
出来るのかどうか・・・

山田さんと亀井さんには、与党の反対派として是非頑張って欲しいものです。
東川の友人が「美味しそうなオムライスのお店があるらしいよ~。」と言うので、
仕事帰りに待ち合わせて、「ファーマーズ・カフェ 風土」へ行って来ました。


道の駅から車で約10分、田圃と木に囲まれた素朴な雰囲気のお店で、窓際の席からは
大雪山系もよく見えます。

オーダーは勿論オムライス(笑)
トマトジュースで炊いたご飯の上に、フワフワの卵が載っていて、デミグラス
ソースと生クリームが掛かっています。
優しい味付けでそれなりに美味しかったけど、ご飯の中に具が殆ど入っていない
感じだったのが、ちょっと残念でした。

    fuudo


セットの野菜スープは出汁が利いて美味しかったので、もう少し食べたかったわ~(笑)

オムライス好きの友人は満足した様子で、「東川には新しいお店が増えたから、
また探検しようね!」と言ってました。
地元に住んでいると、こういう機会でもないと近すぎてまず行かないのだとか(^^;
確かにそういう事ってあるかも・・・

次回に備えるべく、友人にリサーチをお願いしたのでした(笑)
398鞍目@チェスター

9月の終わりに、倶楽部の馬がかなり入れ替わりました。
ネッドとトアーがいなくなり、その替わりに入ったのがチェスターとマシュー。
他にも新顔が2頭いますが、まだ誰も乗っておらず、名前すら覚えていません(^^;

チェスターに乗るのは今日で3回目、今のところは掴み所がない印象です。
神経質なのか、お手入れする時は虫を気にして、後肢で頻繁に回し蹴りするので、
近づく時は神経を使います。
もうさほど虫もいないのに、この馬だけ脚を動かすので、わざと意地悪してる
のかと勘ぐってしまいます(-"- )

腹帯を締める時も噛み付く素振りをするので、乗馬する前に既に疲れています(笑)

乗ってる時は、動くかと思えば重くなったり、輪乗りもすぐ内側に入ろうと
するので、何となくずる賢そう・・
性格の良かったネッドが懐かしいわ~(笑)

ここ3週間くらい、乗る度に座骨が痛くなったのですが、上体が左に傾いていると
スタッフに指摘を受けました。
真っ直ぐに座らないと反撞が上手く抜けないので、座骨に当たるのだそうです。

それでなるべく馬の耳の間の中心を見るようにして、気を付けて座るようにしたら、
座骨の痛みが減ってきて、外方の手綱も張れるようになって来ました。
姿勢だけでこんなに違いが出るのかと、自分でも吃驚(@_@;)

どんな姿勢で乗ってるのか、自分では気が付きにくいだけに、出来るだけ
真っ直ぐになるように気を付けなくては・・
久し振りに会う友人と、「北の住まい設計社 cafe」でランチをしました。

東川方面は大分紅葉も進んで来て、ドライブしながら眺めるには絶好の日和です。
脇道に詳しい友人は、雪を被った大雪山を正面に見ながら、updownの多い農道を
抜けて行きます。
「カーナビ無しでよく迷子にならないね~(^^;」と感心していると、「大抵の
道は何処かに繋がっているから♪」と鷹揚な返事(笑)
通常の道よりは少し遠回りして、お店に到着しました。

平日にもかかわらず混んでいて、12時過ぎで売り切れのメニューもあり、
迷った末に「じゃがいものニョッキ」のセットをお願いしました。
トマトソースとニョッキを、モッツァレラチーズを載せて焼いたグラタン風の
お料理で、スープ(今日は南瓜)とパプリカのピクルス、パンが付いています。

    kitanosumaisekkei

もちもちのニョッキと、優しい味わいトマトソース&たっぷりチーズの組み合わせが
美味しくて、余ったトマトソースはパンに付けてきれいに頂いてしまいました(笑)
飲み物が別料金なのが、ちょっと残念でしたが・・・(^^;

帰り際には勿論、ベーカリーでパンをゲット。
ドライフルーツが沢山入ったフルーツカンパーニュが好きで、来ると必ず
買ってしまいます。

ショップにはmarimekkoのグッズなども置いてあるので、見て歩くのも楽しいです。
この時期、ドライブがてらのお出掛けにはいいかも(^^)
以前、「犬のジュース屋さん」という漫画で、「シベリア」というお菓子(パン?)
なるものを見掛けました。

主人公が「これを食べないと調子が出ない」と言うほど、好きな食べ物のようで、
どういう食べ物なのかずーっと気になっていました。
「シベリア」から想像して、凍り付くほど美味しいんだろうか? シベリア鉄道で
出されていたのかな?等と、想像は膨らむばかり・・(笑)

偶然ネットで、砂川市の「プチトリフ山屋」というパン屋さんで作っていると
言うのを見つけ、念願のシベリアを手に入れる事が出来ました。

漫画のシベリアは、羊羹をカステラでサンドしてある物で、Wikipediaに載って
いたのも、羊羹や餡をカステラで挟んであるお菓子とありますが、ここのシベリアは
カステラの上に餡が載っていて、それをデニッシュ生地で包んでいます。
切り口の両面をホワイトチョコでコーティングしてあり、パンというより
お菓子のイメージです。

お店の創業者が終戦時にシベリアに抑留され、過酷な労働に耐えた後、ソ連兵に
パンを焼く係になったそうです。
帰還してから、シベリア鉄道建設時に氷点下の厳しい環境の中で目にした、
鉄道の枕木が霜で白く凍結した様子を、パンで表現したのだとか。

当時の味をそのまま再現しているので、かなり甘めのパンですが、お菓子と
思って食べれば、これでも良いのかなと思います。
私はランチにスープと一緒に食べたら、甘辛のバランスが絶妙でした(笑)

他に購入したのは、真っ黒な竹炭パンとメロンパンで、竹炭パンは不思議な香りの
フワフワパン、メロンパンは表面のクラムはさほどパリパリ感は無く、全体に
柔らかめのあっさりしたパンでした。

    yamaya

お値段が安くて、食べ応えのある所が気に入りました(^^)
先週、父が入院しました。

実家に寄った時は元気そうだったのに、その2日後、腰が痛いと病院へ
行ったら即入院(@_@;)
痛み止めのブロック注射をして貰うつもりだった本人も驚いたようだけど、
家族も吃驚です。

入院先の病院はちょっと遠くて、バスの便も良くないので、母は2~3日に
1度通うつもりでいたのが、毎日のように父から電話が掛かって来て、
あれが食べたいだの、これが欲しいだのと言うので、仕方なく1日おきに
病院へ通っている様子。

その度、私の所にも母から電話が掛かって来て、「面倒くさい男だわ!」と
文句を言ってます(^^;
「入院して1人なったから、寂しくて電話するんじゃないの~?」と母には
言いますが、結婚して50年以上も経つと、あっさりしてるというか
クールというか・・・(笑)

そういう両親を見ていると、男性は幾つになっても、甘えたいとか一緒にいたい
とかいう部分があるようですが、女性は思った以上にサバサバしているみたいで、
1人で出掛けたり、好きな事をする方が、気楽で楽しそうです。

一応6週間の入院予定だけれど、途中で父が脱走するんじゃないかと
心配になって来ました(^^;;)
// HOME //