美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
少し前ですが、ワイン&料理のお店「竹八」に出掛けました。

あまりお酒が飲めないのでグラスワインをお願いして、専ら食べる方専門(笑)
予めコース料理をお願いしておきました。

前菜は炙り締め鯖のシェリー・ビネガー風味。
身厚で脂が乗っていて、いい鯖を使っているな~と感心。

    takehachi1

南瓜のスープは、フランスパンを載せてグラタン仕立てで登場。
南瓜が甘くネットリとしていて、濃厚なスープです。

    takehachi2

パスタはキノコとベーコンのトマトクリームソース。
ジューシーなベーコンとトマトソースが美味しくて、思わずどちらのベーコンを
使っているのか聞いてしまいました(^^;

    takehachi3

ここまででかなりお腹が一杯になって来ましたが、お魚料理は鮭のミキュイ・
エスカルゴ・バターソース。
ミキュイというのは中まで微妙に火を通した、あるいはミディアムに焼けたと
いう意味だそうで、ポワレとはちょっと違うそうです。
エスカルゴと聞いて、一瞬カタツムリを想像してしまいましたが、よく考えれば
ニンニク&パセリ&バターのソースなんですよね~(;^_^A アセアセ…
パリッと皮が焼かれた鮭には、少しソースが重たかったかも(^^;

    takehachi4

お肉はもち豚の肩ロースの網焼き・山わさびソース。
お肉がジューシーで美味しかったです。

    takehachi5

デザートのガトーショコラと蜂蜜のアイスに、コーヒーが出て終了。
凄く食べ応えがあって、限界に挑戦した気がしました(笑)

全体の印象として、素材に拘っているという感じがします。
お料理はイタリアンの方がメインなのかな?
ニンニクとオリーブオイルが多く使われているようです。

このボリュームなら、次回はコースで無くても充分かも・・・
スポンサーサイト
例年だと初雪が降っている頃なのに、今年はまだ気配も無く、穏やかな秋の
日が続いています。

そうすると、いつ冬支度を始めたらいいのかが悩みの種。
寒い中、外仕事をするのは年々辛くなって来たし、朝起きたら雪景色で
夏タイヤという事態は想像したくも無いので、ボチボチ始める事にしました。

まずは車のタイヤ交換。
当然自分ではやらないので(笑)、車屋さんに予約の電話を入れ、土曜日の
午前中にお願いしました。

もう1つの大仕事、庭の雪囲いは人任せにも出来ないので、勢いでやるしか
ありません(^^;

バラはある程度の長さ&細い枝を剪定し、葉を全部落とします。
ツルバラもハイブリッドティーも、長さを気にせず皆ジョキジョキ。
今年の経験で、雪から顔を出した部分は凍害で枯れるし、根元近くまで
短く切っても、根が生きていればどんどん伸びる事が判ったので、過保護に
するのは止めました(笑)
 
    fuyugakoi2

それでも25本を剪定して枝をまとめるのは、2人がかりでも1日仕事(^^;;)
しかも太い枝を切っていたので、右親指が腱鞘炎になるし・・・
旦那は「もうこれ以上バラは増やさないように!」と、ブツブツ言いながら
作業していました(;^_^A アセアセ…

十数本あるブルーベリーの方は割と簡単で、縄でグルグル巻きにして終了。

     fuyugakoi3

まだ日中の気温が10度以上になるので、バラの消毒は来週に回し、それから
ネットを巻いて(トゲが痛いのよ(+_+)、雪が積もる頃に鉢バラを寝かして
あげたら、やっと雪囲いが終了します。

これが終わるまでは、落ち着いて遊びに行くどころではありません。
庭があると、紅葉の時期は見に行く暇が無いっていうのも、つまらない気が
しないでもないような・・・(^^;
以前から入ってみたかった中富良野町にある「六花山荘」に、友人のお陰で
行く事が出来ました。
六花亭のレストランで完全予約制、この時期でも2回目の電話で予約が出来た
という人気のお店のようです。

送られて来た地図を見せて貰うと、山の中の林道を入っていくようで、私には
場所の見当が付きませんが、富良野方面に詳しい友人は、ナビを殆ど頼らずに
山道をスイスイ♪
「エゾリスの小径」と書かれた林道に入り、直ぐに辿りつく事が出来ました。

駐車場から細い橋を渡って行くと、林の中にお洒落な別荘があります。
玄関先に辿りつく前に、お店の人に迎えられてまず吃驚。
案内されてお部屋に入ると、中川一政さんが描いた向日葵や、小泉淳作さんの
冬瓜の絵が飾られていて、絵画好きな人にはたまりません。

    rokkasansou1

月替わりのメニューは栗おこわのお膳だそうで、始めに栗おこわとナメコの
お味噌汁、人参と胡桃のサラダ、キュウリのピリ辛漬けが出されました。

    rokkasansou2

何れも美味しかったのですが、特にお味噌汁のお出汁が濃厚で香りが良く、
普通のお味噌汁とは二味くらい違います。
秘密を伺ったら「鰹だしですよ~」と言われましたが、ただの鰹では
無さそうです(笑)
お味噌は”鼎味噌”を使っているそうで、後味のスッキリしたお味噌汁でした。

サラダは胡桃と胡麻が香ばしく煎ってあり、優しい味付けです。

煮込みハンバーグはボリューム満点、トマトソースは玉ネギや香味野菜が
ふんだんに使われていて、隠し味にチーズか生クリーム?が入っているようです。
ソースが美味しいので、残った物をパスタかご飯に掛けて食べたいくらい(笑)

    rokkasansou3

素揚げ豆腐はカリッと揚げられているので、お腹が一杯になりかけでも
するすると入って行きました(笑)

    rokkasansou4

おまけの卵焼きも出して頂いて、デザートの栗きんとんとコーヒーが付きます。
デザートは六花亭のお店の物と同じなのはご愛敬。

    rokkasansou5

窓から見える紅葉は綺麗で、お店の雰囲気・接客も良いし、お料理は美味しくて
身も心も大満足(^^)
また違う季節に訪問してみたいです。
久し振りに東川町へランチに出掛けました。

ここ数年でカフェなどのお店が増えていますが、友人お勧めのゆっくり出来る
お店「ギャラリーzen」で待ち合わせ。
お洒落な建物の左側はギャラリーになっていて、陶器などが置いてあり、奥には
日本手拭いや風呂敷、お香などの小物もあります。
手拭いの柄が可愛くて、眺めているだけでも楽しく、待っている間の時間潰しに
お勧めです。

反対側はカフェで、メニューは2種類のランチと、ケーキやクッキーなどの
焼き菓子が主です。

自家製パンとスープセットをお願いしたところ、サラダとお豆のピクルス、
挽肉の載った野菜のチーズ焼きと、パンが一緒に盛られたワンプレート、
それと茶巾絞りの南瓜が入ったスープが出て来ました。

    zen1

    zen2

チーズ焼きの具は茄子やヤーコン、ズッキーニなどで、鶏挽肉は味噌風味で
ちょっと和風の味付けです。
味噌とチーズの組み合わせは私好みで美味しかったけど、如何せん量が少な目(^^;

南瓜のスープは、お豆が入っているところと茶巾の南瓜がインパクトが
ありました。

パンのボリュームも物足りなかったので、ランチとしては大食い女子には
微妙な量かも(笑)
野菜が多く使われているので、ヘルシー志向の人には良さそうです。
観葉植物化していたコーヒーの木が、初めて花を付けました。

    coffee-flower

苦節十数年、「今年駄目なら捨てるわよ~」と文句を言っていたのが功を
奏したのか、はたまた2年振りに鉢の土を入れ替えて、夏の間ベランダに
出しておいたのが良かったのか、生まれて初めて見たお花は、葉の間に
ひっそりと隠れていて小さく、ジャスミンのように可憐です。

ネットで調べてみたら、お花は2日で散ってしまうそうで、見られたのは
ラッキーだったのかも。
良い事があるかな~と思っていたところ、癌検診で引っかかって今日再検査を
受けたら、問題が無いと判って一安心。
お花はその前兆だったのかもしれません。

このお花が実になるかどうかは判りませんが、うちにはもう1本、観葉植物化した
イエローグァバの木があるので、それを実用化出来るようにするのが
次の目標です(笑)

植えて3年目まではお花が咲いて、小さな実を2つ付けたのに、どんどん大きく
なるので枝をガンガン切っていたら、ヘソを曲げてしまいそれっきり・・・(^^;
この木も十数年になるので、さっさとケリを付けたいです(笑)
週末、ソメスサドル・砂川ファクトリーで「馬の日」という催しがあったので
覗いてみました。

職人と一緒に革グッズを作るワークショップと、革製品のメンテナンスコーナー、
引き馬・馬車の試乗体験の3本立てです。

私の目的は乗馬用品のセール(笑)
消耗品のグローブ目当てだったのですが、欲しい物はセール品には無く、
結局定価で購入(^^;
他のセール商品も数が少なく、期待外れでした。

中庭では引き馬&馬車の試乗が大賑わい。
引き馬で引き手の方ばかりやっていると、自分が乗るのは何だか申し訳無い
気がして、専ら見学していました。

今年からソメス自体で馬を2頭飼っているそうで、建物に近い方の庭には
競馬出身のサラブレッドが引き馬をやっていましたが、かなり暇そうです(笑)
大人しそうな20歳のお爺ちゃん馬で、馬場3課目ぐらいは踏めるらしい~。
一瞬、倶楽部にスカウトしようかと思いました(笑)
じっとしていないので、写真が酷いことに・・・(^^;;)

    somes-uma3

もう1頭は柵の中で休憩中。

    somesu-uma2

人気だったのは、白馬のアラブ達。
こちらは順番待ちの列が続いていました。
鹿追町でエンデュランスをやっている馬だそうで、小柄で賢そうな馬です。
可愛い顔をしていて、こちらも良さ気な感じ(^^)

    somesu-uma

見ている分には、馬って可愛いんだけどね~(笑)
484鞍目@トアー

部内馬術大会終了後の翌日、スタッフの1人が辞めたので、倶楽部の体制は
スタッフ1人・パートさん1人となり、かなり大変そうです。
パートさんは平日3日・数時間の勤務なので、スタッフは休暇を取るのも
ままならず、端から見ていても体を壊さないか心配になります。

後任者を探しているようですが、経験者で条件が厳しいとなかなか見つから
ないようで、このまま春まで行ってしまうかも・・・(-"- )

私も何だか気が抜けちゃって、乗っててもピリッとしません。
姿勢が崩れているようで(トアーの時は特に)、輪乗りの時に右肩が上がって
脇が空くのを毎回注意されるのですが、気を付けているつもりでも、体に
力が入るとそうなってしまうようです。
変な癖が付いてしまっているみたい・・・
姿勢が悪いと肩胛骨や背中が痛くなって、更に気分が落ち込むし・・・

スタッフが2人だった時は、それぞれの注意する視点が違うので勉強に
なったのだけれど、今は1度に1人で何人も見るので、そういう点でも
無理がありそうです。
早くいい人が決まると良いのですが・・・


ついでに少々古いランチネタですが、先月初めに出掛けたハンバーグと洋食のお店
「キッチン キャスケット」です。

おろしポン酢ハンバーグをお願いしたら、ホイル焼き状態で登場しました。

    casuket

大根おろしの上に、糸唐辛子が載っていたのが珍しいかな。
お肉はふっくら、脂っぽくない感じです。
さっぱりと美味しく頂きました。
// HOME //