美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
一昔前までは、北海道でさつま芋が取れるとは思ってもみませんでした。
ところが昨年頃から、野菜直売所やスーパーなどで売られているのを
見掛けるようになり、試しに購入してみると、結構甘かったりします。

品種改良が進んだのか、夏が暑くなったからなのか、さつま芋まで取れるように
なるなんて凄いな~と思っていたら、干し芋まで作っている農場があると
聞いて、更に吃驚!

新篠津村の大塚ファームが、自分の畑で有機栽培したさつま芋を、手作りで
干し芋に加工し販売しているそうです。

TVでその話を見て気になっていたところ、先日たまたまスーパーで発見したので
早速購入~。
売られていたのは「紅あずま」という種類でしたが、他に「紅はるか」
「タマユタカ」「パープルスィートロード」という品種も作られているようです。

    ootsuka-farm

食べてみると、柔らかくて優しい甘さでした。
懐かしい干し芋という感じがします。
130gで630円と割高感がありますが、付加価値が付いているので、
そんなものなのかもしれません(^^;
道産の干し芋が美味しいという事に、素直に驚いています。
スポンサーサイト
デパートの催事「全国うまいもの大会」に出掛けました。

お目当ては毎回購入している「悦丸小林水産」のホッケの開きなのですが、
今回初登場の「菓匠 青柳正家」の絶品どらもついでに購入。
予備知識は無かったのですが、実演作業している姿が粋で美味しそうに
見えたのです(笑)

半分に切ってみると、中の粒餡は小豆の粒が潰れておらず、丁寧に餡を
練っているように思われます。
皮はフワフワで柔らか、一般的などら焼きとはちょっと違う感じです。

   aoyagiseike-dora

一口食べると”甘い”と思いましたが、甘さがしつこくなくさらっとしていて
気にならなくなりました。
和三盆を使っているので、上品な甘さになっているのだと思います。

普通のどら焼きとはイメージが違いますが、こういうのも美味しいですね~(^^)
こんな事なら、違う種類の和菓子も買えば良かったと後悔・・(笑)
次回があればリベンジしたいです(笑)
 
年も改まった事ですし、何となく気分一新で眼鏡を替えてみました。

選んだフレームは、ここ数年お気に入りのブランド「lafont(ラフォン)」。
フランスの会社で小さめのフレームが割と多く、サイズが無くて子供用の
フレームを勧められる私でも、選べる事が出来る嬉しいメーカーです(笑)

さすがにフランスだけあって、発色が綺麗でお洒落、表と裏の色が違ったりと
面白いフレームが多くあります。
今回見た中で一番気に入ったのが、ISSY&LAシリーズのこれ♪

    lafont1

表が濃いパープルで、裏が可愛い花柄のセル。
色違いで表黒、裏が黄色い水玉というパターンもあったのですが、ちょっと
黄色は派手な気が・・・(^^;
見えない部分がお洒落というのが気に入ってます(^^)

ところでお店の人の話によると、チタンの加工技術は日本が優秀だそうで、
日本製のフレームは品質は良いけれど、デザイン性でちょっと負けるところが
あるのだとか・・・
デザインがお洒落なのはイタリア製やフランス製ですが、品質はドイツ製に
かなわないそうで、一般的な工業製品のイメージが、そのまま眼鏡フレーム
にも当てはまりそうです(^^;
そうするとデンマーク製のLINDBERG(リンドバーグ)は、どの辺のポジションに
なるのでしょうか・・?   
私にはサイズが合わないけれど、気になるところです(笑)
フェルメールの作品全37点を、原寸大で再現した「re-create」作品展
「フェルメール 光の王国展」を見てきました。

複製画なので会場内は写真の取り放題、有名な作品「真珠の耳飾りの少女」と
記念撮影を撮る人もいて、絵画展にしては不思議な雰囲気です(笑)

    vermeer1

    vermeer2

今までフェルメールには興味がなかったけれど、これだけ数が集まっていると
さすがに見応えがあります。
殆どの作品が左側から差し込む光と、それに反射して輝いている物体や空間を
上手く描いているのが印象的でした。

残念なのは、複製だけに絵の具の厚みが無く、薄っぺらな感じがする事。
油絵独特の厚みが無いというか、作品から伝わってくる画家の思いみたいな
迫力が感じられないのです(^^;;)
やはり本物にはかないません。

見終わってから空腹に気付き(笑)、「旬菜倶楽部 まるこ」でランチを
頂きました。
揚げ物苦手な私にしては珍しく、おまかせ天麩羅&刺身膳というこってり系。
でもここの天麩羅は、カリッと揚がっていて食べられるのです(^^)

    maruko4

    maruko3

天麩羅7品とお刺身に、先付けや牛すじの煮込みの小鉢、デザートに蜜柑まで
付いてボリューム満点、美味しかったです。
504鞍目@チャンセット

今年の初乗りは、1ヶ月ぶりのチャンセット。

    chanset2

この日の厩舎の気温は、午後1時でも-12度(-"- )
当然屋内馬場も同じ気温なので、がっちり着込んでいても体の芯から
冷えて来ます。
馬にも馬着を2枚重ね着させていますが、年寄りには厳しいかも・・

チャンセットは相変わらず洗い場での態度は悪いけど、騎乗すると以前よりは
乗りやすくなった気がします。
ハミをきちんと受けられれば、首を振る動作も止まるし、駈歩は出しやすく
続くようになって来ました。

2週間間隔が空いたにしては、まあまあかなと自己満足していたら、「まだ鐙が
深くなりますね~」との指摘(^^;
膝に力が入って、脚が上がってしまう癖がなかなか直りません。
「次回は鐙の長さを1つ詰めてみたら?」と言われたけれど、それで良くなるかは
やってみないと判らないそうです。
鐙が短いのは、乗りにくい感じがして好きじゃ無いのに・・(;^_^A アセアセ…

ところでチャンセットは、いつの間にか子供達の間で人気者になって
いたようです(@_@;)
「腹帯を締める時に噛み付くのは嫌だけど、動きが軽くて好き♪」と
言ってる子が何人もいました。
あのチャンセットがねぇ・・・(笑)


馬とは関係ありませんが、お正月らしく蜜柑を載せた猫の写真でも・・
残念ながら頭が小さいので、頭上の蜜柑とはいきませんでした(笑)

    kinako-mikan
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日の暴風雪には、驚くのを通り越して途方に暮れてしまいました。
家の周りの除雪はしたものの、届く予定の宅急便や郵便も来ず、道路は
お腹の辺りまで雪に埋まったまま。

何とか車の通れそうな道を探して旦那は出勤しましたが、除雪が入らず
徒歩で出勤した人も多かったそうです。
結局うちの周りに除雪車が入ったのは、夜8時過ぎ(-"- )
新年早々、とんだ1日となってしまいました。
今回の教訓・・・  道路は繋がっていなくては意味が無い・・(苦笑)

さて、引き籠もりだった三が日は、年末に録り溜めた映画を見て過ごしました。
お正月には頭を使わないアクション映画がお勧めかな~と、「ミッション・
インポッシブル ゴーストプロトコル」、「ダイ・ハード4.0」、
「エクスベンダブルズ」、ついでに「マネーボール」と「ハリー・ポッター」の
最終話を鑑賞。
12月に無料放送してくれたスターチャンネルに感謝です。

この中で一番面白かったのは、ミッション・インポッシブル。
アクション映画でも、どんでん返しが盛り沢山のストーリーじゃないと、
面白さも半分という気がします(^^;
単に鍛えた肉体の観賞だけでは、飽き足らなくなったのかもしれません(笑)

どんでん返しの作家と言えば、ジェフリー・ディーヴァーは外せません。
年末に読んだ「ソウル・コレクター」は、相変わらず面白くて一気に
読んでしまいました。

今は百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」に取組中。
ボチボチ老眼が怪しいので、のんびり読もうと思っています(笑)
// HOME //