美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
今月初め、夜中に酷い腹痛に襲われ、我慢出来ずに受診。
週末だった事もあり婦人科の対応が出来ず、痛み止めで誤魔化しながら
週明けに受診したところ、チョコレート嚢胞の破裂で急遽手術となりました。

5年前にも同じ病気で手術していたので、自分では再発してるとは
全然考えてもいませんでした。
でも言われてみれば確かに、あの酷い痛さは生理痛にも似ているような・・・
お腹の中にエイリアンが巣くっていて、内臓をギュッと鷲掴みにしてる
感じです。

入院期間は丁度1週間で、水曜日に退院しました。
傷は家で安静にしてても同じだからと、予定より1日早く退院です(;^_^A

お食事も退院日の朝に、やっと術後食から常食に戻ったくらいで、
予定より早くても良いのかな?と気になりましたが、早く猫の顔を
見たかったので良しとします(笑)

病院食の夕食のみ何枚か写真に撮りました。
術後食は消化の良さそうな素材、お芋類や豆腐、白身魚、卵、
軟らかく煮た白菜や大根が多いです。

    hospital-food1
術前の夕食。 若草焼きとふろふき大根。
    
    hospital-food2
術後2日目。 煮魚とサツマイモ。 青菜の煮浸し。

    hospital-food3
術後3日目。 鶏つくね煮と蕪あんかけ。

    hospital-food4
術後4日目。 けんちん汁、焼き茄子、シュウマイ。

無事に家に戻ったら、猫が何時になくべったりとくっついて来ます。
猫なりに寂しかったのかしらん。
こういう姿を見ると、飼い主冥利に尽きます(^^)
スポンサーサイト
病院で検査を受けた後、時間も遅かったので地下の食堂「花つつじ」で
ランチ。
病院の食堂には初めて入りますが、メニューは意外と豊富そうです。

迷った末にお願いしたのは醤油ラーメン。
あっさりしたスープに、ワカメとシナチク、チャーシューのトッピングです。

    hanatsutsuji

スープは業務用っぽい感じで、全体的にもちょっと微妙・・・
500円未満のお値段だから、味を問うのはいけないのかも(^^;

周りを見ると、トンカツやお蕎麦を頼んでいる人が多いようでした。
他のメニューはどうなのか気になるところです。

ところでぎっくり腰の方は、他の用事に紛れているうち、いつの間にやら
治った様子。
人間の痛みの感じ方は、痛みの強い箇所が優先で、それ以外は
気にならなくなるそうで、腰が痛い時は肩凝りを感じませんでした(笑)
面白いものですね~。
// HOME //