美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット界隈では炊飯器の寿命5年説というのがあるそうで、ゴムの
パッキンが傷んだりして、上手く炊けなくなる事があるそうです。

我が家の炊飯器も購入してから丁度5年、炊きたてのご飯でも
粘りが少ないような、何となく色も黄ばんでいるような(老眼のせい?)
気がして、お米が美味しい気がしません。
最初はお米のせいだと思っていましたが、もしかしたら炊飯器が
原因かも?と思い、思い切って買い換える事にしました。

丁度ローカルTVの特集で、H電気屋さんの炊飯器売れ筋は
象印・Panasonic・三菱の3社というのを見て、まずは売り場へGO!
実物のチェックです。

店員さんの説明を聞くと、どのメーカーでも美味しく炊けそうで
甲乙付け難い・・・
基本的に圧力IH釜はご飯が軟らかめ、IH釜は固めに仕上がると
言われ、あとは自分の好みと値段との折り合いです。

迷った末に使い慣れたPanasonicの「Wおどり炊き」に決めました。
SANYOの「おどり炊き」をずっと愛用していたので、そのDNAを
受け継いでる(はず)の炊飯器にしたのです。

今時の炊飯器は銘柄米別に炊けるし、ご飯の堅さ・甘味・
もちもち感など細かい設定や、Andorid端末でレシピを
炊飯器に転送する事も出来るそうで、これには少々吃驚(^^;
スマート家電らしいけど、そこまで必要なのか私的には
微妙・・・(笑)
お米を浸水する時間も必要無く、直ぐに炊けるのも便利です。
炊飯中の音も静かで、5年の間に家電は随分進歩してるみたい。

使用後の感想は、ご飯のもちもち感が断トツにUP!
見違える程美味しくなりました。
ご飯が美味しいとそれだけで幸せな気分になり、食事の
楽しみが増えました(笑)

スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。