美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
今月から月1で、ホテルのシェフのお料理教室に通い始めました。

4月は中華の焼き料理で、「翡翠扇花煎」と「油淋鰹腐皮煎」。
中国語だと凄そうなお料理に見えますが、前者は”帆立貝の花切り焼き 
翡翠ソース”、後者は”鰹のたたきの湯葉巻き 油淋ソース”という、
普通の人でも作れそうなお料理です(笑)

最初に先生のデモンストレーションを見て、その後3つのグループに分かれて
実際に同じ物を作ったのですが、勝手の判らぬキッチンは、何処に道具が
あるのか探すのだけでも大変(^^;
流し台も離れた場所にあるので、菜の花を茹でるのにもお鍋を持ってウロウロ。
慣れてないと、効率の悪い事この上なしです。

翡翠ソースは、茹でた青菜(今回は菜の花)をミキサーに掛けてペースト状にし、
スープと塩・コショウ・お酒で味を付けた、色鮮やかなソースです。
見た目は美しく優しい味ですが、一歩間違えると間が抜ける微妙な味わいです(笑)

    hotate-hisui

鰹の方は、厚切りして下味を付けた市販のたたきを、1度焼いてから湯葉を巻き、
もう1度焼いてソースを掛けて食べるお料理で、湯葉のパリパリ感と鰹の食感の
違いを楽しむらしいのですが、作ってから時間が経ったせいか、パリパリ感は
よく判りません(^^;
火を通した鰹のたたきは、独特の臭いが強くなるのが判りました(笑)

    katsuo-yuba

きっと先生が作ったお料理は美味しいんだろうけど、似て非なる物が
出来上がったような気がします。
どうせなら、デモンストレーションの作品を試食させてくれたら、その後の
調理にも反映出来たのにねぇ・・・(^^;



スポンサーサイト
<< 「Sereno(セレーノ)」 // HOME // 焼肉「金花郎」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/214-76bfd280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //