美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
今月のお料理教室のお題は、洋食の焼き料理「帆立貝のポワレ 赤ワインソース」と
「牛肉のステーキ オニオン風味」。
やっと最終回で、王道の料理が登場です。
変に手の込んだ物より、お料理は simple is best でしょうか(笑)

帆立貝の方は、塩・コショー・粉を振ってバターで焼いた帆立に、エシャロットと
赤ワイン、ヒュメ・ド・ポワソン、フォン・ド・ボーを加えて煮詰めた
ソースを掛けた1皿です。

ソースは焦げ付かないように煮詰めるのがコツのようで、時間が掛かるため
先生が作ってくれて、仕上げのバターモンテの部分を自分達で調理。
4人分で20gのバターが入るので、焼いたり炒めたりする分のバターを
含めると、カロリーなんて忘れてしまった方が、精神的に良さそうです(笑)
でもこれをケチると、美味しい料理とは程遠いようで・・・(^^;

     hotate-poware

ステーキの方は、オニオンペーストを牛肉の上に載せ、醤油ベースの
和風ソースを掛けたお料理です。

講師の先生が「家で食べるなら、このソースが1番好き」だというソースは、
お肉を焼いたフライパンに、日本酒と卸ニンニク・醤油を入れて、やっぱり
バターモンテ♪
この味、日本人にはたまりません(笑)

オニオンペーストは玉葱を飴色になるまで炒めて、白ワインと鶏のブイヨンを
加えて煮詰めた物で、これは安いお肉でも美味しく替えてくれる裏技のようです。
確かに時間は掛かるけど、その分味に還元されてなかなかの物です。

ステーキのコツは、3時間以上も前にお肉を常温に戻しておく事だそうで、
夕方スーパーへお買い物に行ったら、夕食のステーキは無理そうです(笑)

     stake


今回は2品とも美味しくて、お料理教室3回目にしてやっとホームラン(笑)

また来月から新しいシリーズが始まりますが、夏場で予定が判らないし
来月はあんかけ焼きそばらしいので、秋からのシーズンにチャレンジ
してみようかな~・・・

スポンサーサイト
<< 「神楽の丘」 // HOME // タリーズのベーグルホットサンド >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/236-30f296cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //