美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
10月も下旬になると、そろそろ庭の冬囲いが気になります。

今シーズン1番の難題は、何と言ってもバラ!
昨年までの放任主義を改め、今年からきちんとやってあげようと思っている
のですが、話を聞く限りでは凄く難しそう・・・(-"- )

ご近所さんに聞くと「根を掘ってバラを倒し、上から土を掛ける」という方法が
ベストらしいのですが、「1人でやるにはとても大変でもう嫌!」になったとか、
土の掘る按配などが判らず、どうしようかと迷うばかり。

業者さんに聞いてみたら、バラ6本の冬囲いが1万円と言われて吃驚!
うちには無理だわ~と市の緑のセンターに相談すると、タイミング良く
バラの冬囲いの講習会が開かれるというので、覗いてみる事にしました。

〔普通のバラの冬囲いは〕
①剪定は膝くらいの高さで切り、割り箸より細い枝と葉は全て取り除きます。
②紐で全体をまとめて縛り、結んだ紐の片方は長く残しておく。
③石灰硫黄合剤を7~10倍に薄めた物に展着剤を加え、全体に掛けて(根元にも)
 消毒する。
④落ち葉を全て綺麗に拾ってから、根の回りの半分の部分を20~30cmの
 深さに掘り、反対側からバラを押し倒し、土を掛けて埋める(目印に紐を出す)。

〔バラを埋めないやり方は〕
②の時に、バラの真ん中に支柱を立ててからまとめて縛り、その後シートや
ネットを巻くそうです。

〔ツルバラの冬囲いは〕
①剪定は胸くらいの高さで切り、細い枝や葉を取るのは同じです。

後は普通のバラと一緒で、埋める方法がベストだそう。
埋める時に、煉瓦などで重しをしてから土を掛けるとやりやすいそうです。

講習会は市内のバラ愛好会のおじさん達がやっていましたが、バラを150本も
世話をしていたら、年を取ってくると段々嫌になってくるそうです。
だからバラを選ぶ時には、見た目だけで選ぶのではなく、寒さと病気に
強い品種が1番!
「丈夫なバラを買いなさい」と力強く勧めていました(笑)
お勧め品種は「アンジェラ」だそうです。

見た目だけで選んじゃいけないのは、バラ以外にも通じるわね~と
変なところで納得(笑)
冬囲いに関しては百聞は一見にしかずで、思っていたよりも簡単そうで
安心しました(^^;

     rose-kakoi
スポンサーサイト
<< 「Samurai Kebabu (サムライ ケバブ)」 // HOME // 「サバイバルゲーム (MAN VS. WILD)」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/274-8ef3c85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //