美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ホテルのシェフのデモンストレーションを見た後、ランチでそのお料理を
食べるという、優雅なお料理教室に参加してきました(笑)

第一弾は「鱈のスモークの薄切りとポテトの温製サラダ 」と、「鶏もも肉の
チャイニーズ風フリット」というフレンチのアレンジです。

シェフは若い頃「KIHACHI」に居た事があったそうで、フレンチベースの
無国籍料理を家庭用に紹介した一品が鶏もも肉のお料理です。

衣を付けて揚げた鶏肉に、香味ソースを掛けた中華の定番料理で、香味ソースに
バルサミコ酢を加えてあるのが、洋風のアレンジでしょうか。
でも胡麻油と生姜の香りがとても利いていて、バルサミコは行方不明(^^;。
まさに「油琳鶏」を食べている気分でした(笑)

      hotel-4-2


付け合わせは「まこもだけの素揚げ」で、初めて生のまこもだけを見せて
貰いました。
見た目は笹竹のようですが、イネ科の水生植物なのだそうです。
素揚げの味は、癖が無くて甘味があり、アスパラガスっぽい印象です。
代用するなら、筍などが良いかもしれないと仰ってました。

鱈のスモークの方は、塩と砂糖で下味を付けて1晩置いた鱈を、「スモーク
シート」という紙に包んで数時間置くと、燻された香りが付いて、まるで
本当に燻製したようになります。
それを火に通せば、簡単に燻製料理が出来るので、プロも御用達の便利
グッズだそうです。

     hotel-4-1


燻製を作る時は匂いが大変で、家の中でするにはちょっと無理があるけれど、
これは便利でいいな~と欲しくなりました(笑)
竹輪やチーズ、茹で卵などに使ったら、火を通さなくてもあっという間に
おつまみに変身しそうです(笑)

これらのお料理の試食に、パンとデザートでバニラアイスとダックワースの
小豆クリームサンドも付いて、満腹のお料理教室でした(^^)

     hotel-4-3

スポンサーサイト
<< 「大雪の蔵」 // HOME // 赤は危険?(笑) >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/315-5ba8f2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //