美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
朝7時過ぎ、出勤前の旦那が家の前でつがいの鴨を発見!(@_@;)
慌てて外に出ると、2羽の真鴨が木の下で羽を休めています。
近づいて写真を撮ろうとしたら、鴨も然る者、移動して距離を保とうと
するので、見ない振りをしながら距離を縮めて行ったのですが、携帯での撮影は
難しい距離でした(^^;

それにしても住宅街のど真ん中、周囲には池も水辺もないのに、何で鴨が
いるのやら・・?(笑)
小1時間程して鴨達は何処かへ行ってしまいましたが、雌はどっしりと構えて
いるのに雄はちょこまか動いていたのと、猫よりも体が大きかったのが
印象的でした(笑)

さて、今月のホテルのお料理教室は、「薄切り豚肉と茄子・トマト煮込み」と
「鮮魚と海の幸のマルセイユ風蒸し煮」です。

煮込みの方は、茄子やズッキーニ、玉ネギやパプリカなどの野菜をニンニク、
カレー粉&トマトで煮込んだ物で、言わばラタトゥユ風煮込みです。

     hotel5-1


プロは茄子とズッキーニ、玉ネギとピーマンをそれぞれ別の鍋で炒めて、
更にニンニクと唐辛子・豚バラ肉を別鍋で炒めた物に、先の野菜を合わせる
という、手間暇掛けた作り方をしていました。
この辺が家庭では絶対にやらないプロの技で、お金が取れるお料理なのだな~と
実感しました。

炒め油をふんだんに使うところも、やっぱりプロ(笑)
カロリーが気になる主婦としては、「油控えめだと美味しくないでしょうか?」と
聞いてみた所、「ワインビネガーを少し多めに使えば、油のコクを補えると
思いますよ。」と教えて頂きました。
これなら、家でも心置きなく作れそうです(笑)

魚の煮込みはブイヤベース風で、アイヨリソースを添えます。
このソースはマヨネーズの酢を除いて、ニンニクとサフラン、生クリームを
足した物と同じ様な物です。

     hotel5-2


お料理自体は、炒めた香味野菜にサフラン・黒オリーブ・トマト・魚の出し汁を
入れて煮込み、そこへ下味を付けた帆立や海老、イカ・魚を加えた物で、
面倒なのはアイヨリソースだけです(^^;
お料理は素材の味を引き出して美味しかったので、ソースがマヨネーズでも
良いなら作れそうです(笑)

今回は2品とも控えめな味付けで、私には丁度良く美味しかったでした(^^)
デザートもパフェ風で美味しくて、こんなお料理だったら張り切って
通えそうです(笑)

     hotel5-3

スポンサーサイト
<< 「大雪の園 伝承館」 // HOME // 口蹄疫の話 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/325-2d662b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //