美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
市の開村120年記念事業「お米と食のシンポジウム」の中の、小泉武夫先生の
基調講演「世界の食文化とこれからのお米作り」を聞きました。

発酵学で有名な小泉先生の講演なので、どんなお話が聞けるのか楽しみにして
いたら、1時間少々の短い時間だったせいか、内容はさらっと浅く流したという
印象です。

お米の発祥がメコン川流域で、保存食としての熟れ鮨は東南アジアも日本も
同様の物があるそうです。
40年前の秋刀魚の熟れ鮨が新宮市にあるそうで、食べたいとは思いませんが
見てみたい気はします。
多分乳酸発酵し過ぎて、ドロドロ状態で臭いそうですが・・・(笑)

お米の調理の仕方も竹の筒に入れて炊いたり、羊の血を吸わせたお米を
炊いたりと、各国それぞれの作り方を紹介していました。

面白かったのは漢字の由来で、「はたけ」という漢字は焼き畑から来ている
「畑」(偏に火)と、水田以外の乾燥耕地を意味する「白田」から来ている
「畠」があるとか、「こうじ」も麦が原料の「麹」と、米が原料の「糀」が
あるという話は、今更ながら初めて知りました(^^;

これからのお米に関しては、付加価値を付けたり機能性を持たせる事が重要で、
SANYOから発売されるお米ベーカリー「GOPAN」がお勧めだとPUSHされていました。
うちも今年ホームベーカリーを買っていなかったら、これは買っちゃうかも(笑)
画期的な商品なので、使った人の感想が楽しみです。

スポンサーサイト
<< 「ウルトラマン・アート!」と「かぶと」のランチ // HOME // 小麦粉の違い >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/358-ddad9743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //