美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
先日の連休に実家に寄った時、庭の栗が豊作で大量に貰って来ました。

栗の木2本から採れたのは、ざっと見ただけでも30~40kg。
子供達に分ける分と、ご近所にお裾分けした分を除いても、老夫婦2人では
途方に暮れるくらいあるようで、栗拾いをしながら私も7~8kgは貰って来ました。
(風で上からイガが降ってくるので、スリル満点です(笑)

生栗の保存方法は今まで色々試してみましたが、新聞紙に包んで冷蔵庫に
入れても、時間が経つにつれ乾燥したり黴びて来たりして、春までは保てません。
そこで今年は一念発起、栗のシロップ煮を作る事にしました。

材料は、栗1kg(賞味900g)・重曹小さじ1。
シロップ用として、水750cc・グラニュー糖350g・ブランデー50cc・あれば
バニラビーンズ1本。

① 栗は鬼皮を剥き、鍋に入れる。 かぶるくらいの水と重曹を加えて煮立てる。
2~3分煮たら湯を切り、水に取って竹串で太い筋を取る。

「栗くり坊主」という鋏で栗を剥くと、渋皮も適当に剥けるので手間が省ける
かな~と思ってやったら、渋皮が少なすぎると後で栗が割れる事が判明!(^^;
渋皮は意外と重要です(笑)

② ①を鍋に入れ、もう1度かぶるくらいの水を加え、2~3分煮立てる。
そのまま冷めるまで置いておく。

③ ②の栗を新しい水にとり、今度は丁寧に表面の余分な渋をこそげ取る。

④ 鍋に③の栗とシロップ用の水とグラニュー糖、バニラビーンズを加えて
火に掛け、煮立ったら木べらでそっと混ぜてグラニュー糖を溶かす。
そのまま紙蓋をして、弱火で約30分静かに煮含める。

⑤ 火を止めてそのままさまし、粗熱が取れたらブランデーを加えて、消毒した
瓶に入れる。 冷蔵庫で保存する。


手順は簡単ですが、渋皮取りは結構大変です(^^;
これをやるだけで40~50分は掛かり、途中で気が狂いそうになりました(笑)
本来の砂糖の分量は540gで、私はかなり少なくしましたが、砂糖が多い方が
日持ちはすると思います。
この分量で、出来上がりは900ccの瓶2本分でした。

     kurini


この苦労が報われるかどうか、開封するのがちょっと恐い気がします(笑)
スポンサーサイト
<< 「リストランテ テルツィーナ(RISTORANTE TERZINA)」 // HOME // 今月のお料理教室 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/361-239673f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //