美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
今月のお料理教室は、「Acquacotta トスカーナ風半熟卵入りスープ」と
「豚ロース肉のロースト XO醤ソース」でした。

フレンチの筈なのに、何故にイタリアンとチャイニーズ風なのかという疑問は
ありますが、無国籍風料理はシェフの好みのようで、こちらも美味しければ
それで良しです(笑)

トスカーナ風の方は、汁気の少ないスープで飲むより食べるという感覚です。
いわゆる「出汁」を使わず、水で煮た野菜とチーズの旨味を味わうスープです。

作り方は至って簡単!
オリーブオイルでニンニクと玉ネギ・セロリなどを炒めて、トマトを加えてから
水を入れ、塩コショウで味付けした後、卵を落として半熟にします。
スープ皿にパンを1切れ敷き、パルメジャーノチーズを載せて、その上に
半熟卵を置いて、周りに具とスープを注いで出来上がり。

     hotel11-1


味の方もふんわりした優しい味わいで、それなりに美味しいですが、個人的には
ベーコンが入っていると、ひと味締まるような気がしました(^^;

豚ロースの方は、ソースが1番のポイントでかなり凝ってます。

サラダ油とオリーブオイルを半々に混ぜたお鍋に、ネギとニンニク・赤唐辛子・
人参のみじん切りをゆっくり加熱してネギ油を作ります。

別なお鍋にサラダ油を入れて、ニンニク・生姜・ネギを炒め、赤唐辛子・
花山椒・黒コショウを加えて更に炒め、XO醤と紹興酒・チキンスープ・
オイスターソースを加え、水溶き片栗粉でとろみを付け、イタリアンパセリと
ネギ油を混ぜて完成する、手間の掛かったソースです。

2度も香味野菜を油で炒めるなんて、考えただけでもゾッとするので、ネギ油の
代わりに「食べるラー油」を入れようかと真面目に考えてしまいました(笑)

このソースをソテーしたお肉に掛けるだけなので、ソースさえあれば後は
簡単だし、牛肉や白身魚や帆立など他の素材にも使えそうです。
一緒にいた他の生徒さん達は、「これは美味しいから作らなくちゃね~♪」と
張り切っていましたが、私とは性根が違うとつくづく実感しました(^^;

     hotel11-2


おまけのデザートは、チョコレートケーキの上にリンゴの煮た物やクッキー、
シャーベットなどが載ったピラミッド状のお菓子です。
複雑な味わいで手が込んでいますが、食べにくいのが欠点でした(^^;

     hotel11-3


ところで、プロが使うオリーブオイルは何処の物かと、興味津々で聞いてみたら、
「Elaia エキストラバージンオイル」だと教えて頂きました。

ギリシャ製で手摘みのオリーブの1番搾りだそうで、エキストラバージンオイルの
中で2番目に美味しいと言われているそうです。
1番目はお値段が高過ぎて、気軽に使えないそうですが、2番目と言っても
遜色なく美味しいのでお勧めだとか。
油は1番を狙わなくてもいいんですね~(笑)

オリーブオイルはイタリア製とばかり思っていましたが、プロ使用の食材を
聞くだけでも勉強になりました(^^)
スポンサーサイト
<< 「Garden(ガーデン)」 // HOME // 栄養調査アンケート >>
おいしそ~
小生の稚拙なブログへのコメント有難うございました。
お久しぶりです。

にしても美味しそうなお料理です。ジュル~。
オリーブオイルも奥が深いですよね~。
イタリアのワイナリーが作ったロットナンバー付きの
オリーブオイルとか美味しいらしいです。値段もいいけれど・・・・
【2010/11/20 Sat】 URL // Akira #qbIq4rIg [ 編集 ]
Re: おいしそ~
今までエキストラバージンオイルならどれでも良いと思っていましたが、そうでは無かったみたいです(^^;
良いオリーブオイルは、そのまま飲んでも美味しいのだとか。

Akiraさんはオリーブオイルにも詳しいんですね(^^)
ロットナンバー付きのオイル、どんな味がするのでしょうか?
【2010/11/21 Sun】 URL // サリィ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/365-bc5153ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //