美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
322鞍目@ネッド

ネッドでは、輪乗りの速歩で大分ハミ受けが出来るようになった。
でも蹄跡の直線では外れたり、常歩や駈歩では出来ない(-"- )

蹄跡で外れるのは拳が動くからだと言われ、拳が開かないよう注意される。
左右の親指が付くくらいの気合いで、拳同士を近づけるようにと言われる。

YouTubeで「よい常歩」の映像を見たら、手綱は緩いのに馬は綺麗に屈撓&
ハミ受けをしている。
 

手綱を短く張らなくても、屈撓は出来るのね~とスタッフの人に聞いてみたら、
「良い馬は出来ますが、うちの倶楽部の馬には無理! そういうのを求めたら
可哀想です。」と言われた(^^;
元々出来る馬は、自分からハミ受けをしに来るそうで、馬のレベルが違うらしい。

屈撓というのは、馬の頭が「すまんこってす」の状態になってる事で、背中から
ゆるやかに自然に下がっているのが正しい屈撓、頭だけ下げてるのは駄目な
屈撓で、自分の乗馬とは大違い。
見た後がっくり・・・(^^;;)
乗り手の拳と脚に注目を。

「よい速歩」の映像もあるので、ついでにど~ぞ♪

 

スポンサーサイト
<< 今月のお料理教室 // HOME // 米粉のパン@ホームベーカリー >>
いつも興味深く見せていただいています。
乗馬歴2年半、230鞍ぐらいの者です。
「よい常歩」は我々もいつも先生方に言われます。
速歩から常歩に落としたときも、一歩目から大きく大きく。
・・・心がけていますが、難しいですね~
常歩、大切ですね。
【2010/12/02 Thu】 URL // もちこ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントをありがとうございます。

乗馬は奥が深くて、やればやる程難しいですよね。

私の場合は常歩に落とした時、自分がホッとして気が緩んでしまいがちになってしまいます(^^;
「馬が休む前に、人間が休んでどうするの」とよく言われます(笑)
【2010/12/03 Fri】 URL // サリィ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/369-a6fb2bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //