美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
そろそろ、農家のおばちゃんの野菜直売所がオープンする時期だろうと、
花菜里ランド(市農業センター)を覗いてみました。

毎週土曜日だけやっている「まごころ市」は、朝取れた新鮮な野菜が安く
手に入るので人気があり、午前中に行かないと目ぼしい物が無い事もしばしば。
一昨日は葉物野菜にブロッコリー・越冬ジャガ芋等の他に、この時期ならではの
生わらびが売られていました。

わらびのあく抜きは自分でやった事がないので、買おうかどうしようか
迷っていたのですが、思い切っておばちゃんにあく抜きの仕方を訊いてみました。
わらびのあく抜きは簡単で、バットにわらびを並べて重曹を適当に振り、
そこへ熱湯を充分浸る程注いで、そのまま一晩放置。
この時、お湯からわらびが顔を出しては駄目です。
翌朝には真っ黒な水になるので、それを取り替えれば出来上がり~。
後は、下の固い部分を切って、好きに料理をすれば良いそうです。

「へぇ~、茹でなくてもいいんだ? 意外と簡単じゃん!」と、下ごしらえを
しながら頭の中では、大江千里さんの「ワラビーをぬぎすてて」が回っています(笑)
<ちなみに、最近までずーっと「ワラビー」は動物の「ワラビー」だと
思っていました(恥爆)

作ったのは、「わらびと豚肉の炒め煮」と「わらびのおかかマヨネーズ和え」の2品。
炒め煮の方は、少量の油でお肉とわらびを炒めてから、出し汁・醤油・酒・
味醂・砂糖で味付けした、昔ながらの懐かしい味わいです。

和え物は、さっとわらびを茹でてから適当な大きさに切って、マヨネーズと
醤油少々、それに鰹節と一緒に混ぜてみました。
マヨネーズ味は初めてだったけど、お好み焼きっぽくってわらびとの相性も
悪くはない。
煮物や和風の和え物に飽きた時には、目新しくていいかも。

ところで、わらびを細かく叩くと粘りが出てくるのですね~。
お味噌や醤油を混ぜたりして食べるらしいのですが、わらびが粘る事自体
初めて知りました(^^;
スポンサーサイト
<< プリン色々 // HOME // 「ビリーズ ブートキャンプ」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/45-09f66f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //