美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
まずは今食べている、実家から貰ったお米(ななつぼし)を炊いてみました。
「匠炊き」という、時間を掛けて給水させ、一気に加熱して”はり・つや”の
あるご飯に炊き上がるという、メーカー一押しの炊き方です。

このお米、知り合いの農家から毎年分けて貰っているけど、毎年味が違います(^^;
昨年は美味しかったのに、今年はどうも美味しくない(笑)
同じ農家でも田圃によってお米の味は違うらしいから、今年分は場所が
悪かったのかも?

良い炊飯器で美味しくないお米を炊いても、味が突然美味しくなる訳でもなく、
評価のしようがありません(笑)
それで「ゆめぴりか」を買って来て、試してみる事にしました。

「匠炊き」で炊くと、ご飯はつやつや光ってモチモチ。
甘味もあって美味しいです。
直売所の試食で食べた、同じゆめぴりかのご飯よりも、うちのご飯の方が
美味しく感じたのは、炊飯器の力でしょうか?

翌日は「四季炊き」という炊き方も試してみました。
これはそれぞれの季節のお米の性質に合わせて、また甘味・粘り・硬さを
好みで調整出来るという、賢い炊飯機能です。

こちらの方が、より好みに近く炊き上がる気がして、私は四季炊きの方が
好きかな~。
何れにしても、どちらの設定でも美味しく出来上がりました(^^)

炊飯器もどんどん進化していきますが、美味しくないお米が美味しく炊ける、
魔法の炊飯器を誰か開発して欲しいです(笑)
スポンサーサイト
<< 忘年会&三国志 // HOME // 炊飯器 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/457-c4f0530a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //