美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告編を見て、「これは見逃せない!」と思っていた映画でした。




馬と育てた少年との愛情と絆、戦地に送られても一生懸命けなげに生きていく
馬と周りの人達、馬同士の友情、希望を持ち続けて最後にハッピーエンドで
終わる馬が主人公のお話は、馬好きにはたまらない、ど真ん中ストライクの
映画です。

動物ものには弱いので、厚手のハンカチと大量のティッシュを用意して
いきましたが(笑)、うるうるっと来たものの、それ程沢山のティッシュが
必要無かったのは、後味が良かったからでしょうか。

騎兵隊の乗馬シーンは、伸長駈歩より速いくらいなのに、皆とても上手く
乗りこなしているのに(しかも片手手綱だし)目を奪われました。
それと英国人は馬好きで、騎兵として馬を使っているのに対し、ドイツ人は
荷役用として、馬を酷使する描かれ方をしていたのが何とも・・・(^^;
第一次世界大戦では1000万頭の馬が死んだそうですから、実際には
もっと過酷な世界だったと思います。

馬もあんなに愛情深いんだと思わせてくれた映画でした。
乗ってるだけでは、駄目なのですね~(^^;
スポンサーサイト
<< 「クラブハリエ」のバームクーヘン // HOME // 乗馬日記 その47 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/478-7da88bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。