美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
「道北地域TPP問題を考える講演会」を聞きに行きました。
講師は勿論、京都大学の中野剛志先生です。

以前このブログでも中野先生を取り上げたので、TPPに反対の考え方については
大体判っているつもりでしたが、今回の講演でTPPが登場した背景や理由に
ついて理解出来ました。

2000年代初めの世界経済や東アジアの成長は、米国の過剰消費と欧州の好況に
よって支えられていた(米国のみ貿易赤字)のが、リーマンショックで経済が
悪化し、米国の景気を立て直すために、輸出を拡大し貿易赤字の是正を
する事にしたのが、TPPの発端のようです。

米国の狙いは、関税よりも非関税障壁で、物品よりも銀行・保険・医療・
電気通信・知的財産・メディアなどのサービスの輸出を3倍にする事。
共済や簡保・エコカー補助金etc...制度の改廃だそうです。
特に日本の保険市場は世界2位なので、虎視眈々と狙っているとか。

菅前首相がTPP参加の理由を、「若者の閉塞感の打破」「世界潮流からの遅れ」
「農業改革」等と言っていましたが、その台詞が米国レーガン時代の通商代表で、
農業ロビイスト ”クレイトン・ヤイター”と同じとは笑ってしまいました。
JAPANバッシングが得意なヤイターと一緒というだけで、胡散臭さ一杯です(笑)

日本は関税率が高いようなイメージがありますが、全品目の平均関税率は
2,61%、農産物は11,7%。
これに対して、米国は全品目が2,96%、農産物は5,5%。
韓国は全品目が8,33%、農産物は62,5%で、日本は決して高くありません。
日本の食糧自給率が低いのは、関税が低く海外から安い農作物が入って
くるのも、理由の1つです。

大規模農業で日本の農家は生き残れと言われても、元々耕作地の面積が
100倍以上違う上に、ドル安の米国相手には、どう頑張っても無理でしょう。

2000年代のグローバル化で、2002年以降輸出が拡大したにもかかわらず、
1人当たりの給与は下がってきました。
これは中国やインドなどの安い労働力で、賃金が下がったためです。
経団連はデフレが好きなようです(^^;

知らなかったのは、TPP条約の国会承認は予算同様、衆議院優越だという事。
つまり参議院で否決されても、衆議院さえ通過すれば批准されるのです。
これを聞いてガックリ・・・
民主党政権になってから、ロクな事が無いわ。

地元の議員やマスコミ(特に全国区)に、反対を働きかけて行くしか無いと
中野先生は仰っていましたが、それしか手段が無いというのも何だかなぁ・・・

スポンサーサイト
<< 「Harbeth」のスピーカー // HOME // 「おかだ 紅雪庭」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/486-7d554f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「道北地域TPP問題を考える講演会」を聞きに行きました。講師は勿論、京都大学の中野剛志先生です。以前このブログでも中野先生を取り上げたので、TPPに反対の考え方については大体判っているつもりでしたが、今回の講演でTPPが登場した背景や理由について理解出来ました?...
[ まとめwoネタ速suru ]
// HOME //