美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日歯医者に出掛けようとしたら、車の運転席側のドアが開きません。
助手席とリアのドアは開くので、助手席側から乗り込み、内側から開けようと
したのですがビクとも動かない。

凍り付いているのかと思い、取り敢えずエンジンを掛けて、車を20分程
温めてみました。
今まではこれで開いたのに、全く反応無し(-"- )
さすがにちょっと慌てました。

旦那に電話したら「お昼過ぎて、気温が高くなるまで待ったら~」と言うので、
この時点で歯医者はキャンセルして様子見(^^;
けれどドアは開く気配も無いので、札幌のディーラーに電話すると、
ロードサービスに連絡してと言われて、そちらへ電話。
30分後に来てくれたものの、やはり開かず原因も不明と言われて、修理工場
行きを宣言されてしまいました。

翌日車を工場に出したら、ドア内部のロック部分が完全に凍結しているのが
原因との事。
洗車した時や、窓ガラスに付いた雪などが溶けて内部に入り込み、それで
凍ってしまうそうです。
中の水分を完全に拭き取り、その部分をゴムで覆う対策を取ると言われました。

今まで大したトラブルも無かったのに、3年目でやってくれたわね~と
変なところで感心しています(苦笑)
ポロは好きでずーっと乗り継いでいるけれど、どの車もエンジンが掛からない
とか、タコメーターが壊れたとか、パワーウィンドが壊れるなど、必ず
1度はトラブル発生。
何か起こるのが当たり前だと思って乗るようにしています(笑)
スポンサーサイト
<< 「ポアールゝ月庵(てんげつあん)」のスフレと絹ロール // HOME // 「2plats(ドゥープラ)」 >>
お疲れ様でした (^^;;
ドア内部の凍結では、お湯やバーナーでドアを温めない限り無理ですね (^^;;

いろいろとトラブルが起きるのが、「あじ」と思ってしまうと、
可愛いがゆえに許せちゃう部分もあるかもですよね (笑)

ヨーロッパでも起こりそうなトラブルですが、
あちらでは、ドアの内部に水分が入る前に凍ってしまうのでしょうかね(?_?)

早く暖かくなるといいですね (^^ゞぽりぽり
【2013/02/12 Tue】 URL // Dr.K #1wIl0x2Y [ 編集 ]
一時はどうなる事かと・・・(;^_^A アセアセ…
ドアを温めても、中の水分を完全に乾かさない限り又凍結するので、素人には無理のようです。
真夏ぐらい暑くなれば、大丈夫だと言われました(笑)

ロシアなら水分が入る前に凍りそうですが(笑)、ドイツはここよりは暖かいんじゃないかしら。
ドイツ南部だと、雪もそんなに積もらないという話も聞いた事があります。
札幌のディーラでは、こういうトラブルを聞いた事が無いと言っていたので、ここは極寒なのでしょう(^^;
ホント、春が待ち遠しいです。
【2013/02/12 Tue】 URL // サリィ #aj3Xo1/6 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/543-3e991a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。