美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
数年振りに本格的な風邪から気管支炎になってしまい、この1週間は喉の痛み、
鼻水、咳の症状で酷い気分でした。

それでも週末の陽気に誘われて、園芸店に取り置きして貰っていたバラを
2鉢引き取りに行き、帰りは3鉢に増加+クリスマスローズまで連れ帰って
しまったという体たらく(^^;
バラ欲しい病は相変わらず治りません(苦笑)

今年連れて来た子は、ドリューのフレンチローズ「アンナプルナ」と

annapurna2 annapurna1

「ヴァンデ・グローブ」

vandee-globe2 vandee-globe1

増加した子はデヴィット・オースチンの
イングリッシュローズ「アンブリッジ・ローズ」です。

ambridge-rose2 ambridge-rose1


ドリュー社は昨年辺りから日本に紹介されたみたいで、実物はまだ見た事が
ありません。
たまたまネットでバラを見ていたら、アンナプルナの写真に一目惚れ!
剣弁咲きの綺麗な白バラで、しかも大輪&強香に惹かれてしまいました。
その隣に載っていたヴァンデ・グローブも、鮮やかな黄色が気になりつつも、
お店にはないだろうと思っていたのです。

ところが2軒目に見たお店で、2つとも発見(@_@;)
舞い上がってしまい、両方とも買ってしまったのでした(;^_^A アセアセ…

アンブリッジ・ローズの方は、地植えのマルコポーロが寒さで逝ってしまったため、
もう1本増やしてもプラスマイナスゼロでいいかな~と勝手に解釈(笑)
一応自分の中の規制ラインを超えないようにしました(^^;

少ない経験ではありますが、寒さの厳しい地域でバラを地植えをする場合、
フレンチよりもイングリッシュローズの方が強い気がします。
マルコポーロはメイアン社、スヴニール・ドゥ・マルセル・プルーストは
デルバール社のフレンチローズですが、2本とも寒さにやられてしまいました。
ピュル・カプリスも毎春、枝が短くなってるし・・

それに比べて、イングリッシュローズやオールドローズは春先でも元気
なので、気候が合っているのかもしれません。
今回購入したフレンチローズ2本は、暫く鉢植えにして様子見するつもりです。
スポンサーサイト
<< 「緑道の竹八」 // HOME // ロイズ東苗穂店のパン >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/561-84c34622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //