美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
猫がしきりに口を気にしていて、口が閉じられない様に見えたので
動物病院へ連れて行きました。

診察台に乗せて獣医さんが猫の口を開けると、「歯がグラグラしているから
抜いた方が良いね~」と言って、いきなり麻酔も無しにペンチで
歯を抜き始めました(゜o゜;;

麻酔をする方がこの子には良くないからと、一応猫は袋の中に入れて
顔だけ出した状態で、暴れにくいようにはしていますが、「ギャオ~ン」と
鳴いて必死に抵抗しようとします。
私も手伝って2人掛かりで猫を押さえて、まずは横の歯を2カ所抜歯。
猫の歯は2~3本繋がって生えているので、合わせて5本くらい抜かれました。

他にもぐらついている歯があるようですが、可哀想で見ていられません。
口が閉まらないのは、犬歯もぐらついて反対咬合になっていたためで、
左上犬歯も抜歯です。

まだ8歳ですが、昨年腎不全になってから口内炎を起こしたり、体内に
毒素が回ったりしたので、歯周病になって歯茎が痩せぐらつくように
なったとの事。
餌は丸呑みしても問題ないので、今まで通りにドライフードをやって下さい
と言われました。

診察ついでに腎不全用の輸液と抗生剤を注射され、猫には散々な
1日でした。

その後は少し餌を食べていましたが、週末の暑さでまた食べなくなり
気掛かりです。
夏を乗り切れるといいのですが・・・

    kinako5
スポンサーサイト
<< 「SA・KU・RA」のクリームぜんざい // HOME // 「緑のナポリタン」@秩父別 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/674-c9794323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //