美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
道内でも港町に住んでいないと、なかなか”活イカ”にお目に掛かる機会は
ありませんが、先日初めてスーパーで、ビニール袋に海水ごと詰められている
活イカを発見。
透き通った身をくねらせている様は、見るからに魅惑的で美味しそう♪
でもお値段は、1杯750円と高嶺の花(^^;
庶民には縁が無いわ~と思っていたところ、偶然週末に出掛けた「すしもと」で
「活イカがあるよ~」と出してくれました。

ゲソ以外の部分はお刺身で、ゲソはサッと塩焼きです。
生きが良いとゴロ(肝)も生のまま食べられるそうで、初めて食べたゴロの
お刺身は、全然生臭くなくてベチョッとした感じもありません。
塩辛に入っているゴロのイメージとは違って、まったりした味とコクが
あるけど嫌みがないので、ゴロが苦手でも大丈夫でした。

活イカの良さは、やはりコリコリとした食感と生臭さがない事でしょうか。
味の面から見れば、死後に自己消化によって、ATPが分解されて出来るイノシン酸が
多い方が旨味があるため、少し時間が経った(経ち過ぎは腐敗ですが^^;)方が
美味しいので、後は好みの問題でしょうね~。

食事のお供は、青森のお酒「田酒 特別純米」。
甘くも辛くもなく、まろやかで後味もスッキリ。
口元でフワッとした優しい香りが漂うので、女性でも飲みやすいお酒です。
名前と名の付く物は、人もお酒も覚えるのが苦手だけれど、旦那曰く、
無意識でもこのお酒をいつも選んでいるらしい~(笑)

スポンサーサイト
<< 幻のじゃがポックル // HOME // 久々に蜂屋 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/77-74ed8797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //