美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
パスタを茹でる時は、深鍋を使う方が多いと思います。
我が家も以前パスタパンを購入して、そのためだけに鍋を使用していました。
麺が浸かるくらいの、たっぷりとしたお湯で茹でるのが正統派だと
思っていたのです(笑)

ところが先日見たTVで、パスタを茹でる時は中華鍋を使うと便利だと勧めていました。
たっぷりのお湯で茹でなくても、パスタは美味しく出来るらしいのです。
中華鍋だと水の量や沸かす時間も少なく、塩の量も減るので経済的だそうで・・

「へぇ~・・本当に美味しく出来るんだろうか~」と半信半疑で試してみました。
中華鍋に1Lの水を入れ、10gの塩(塩分濃度 1%)を加えて2人分の麺を茹でます。
今まで適当に塩を入れていたので、今回はきっちり計測(笑)
かなりの塩辛さで、今までの自分のいい加減さに吃驚・・(^^;

表示の茹で時間より1分15秒早く上げて、ソースの入ったフライパンに投入。
今回は、トマトとモッツアレラのソース。
炒めたニンニクと玉ねぎに、自家製トマトピューレとモッツアレラチーズを加えます。
麺にしっかりと塩味が付いているので、ソースが上手く麺に乗って絡みます。
まるでお店で食べるパスタのようで、見違えるくらい激ウマ~♪
今までは何故かソースが麺に絡まず、全体的に薄味だったのが嘘のようです。

塩味一つで、こんなにもパスタに違いが出てくるなんてねぇ・・・
しかもお鍋洗いも楽だし(笑)、中華鍋で茹でるパスタは定番になりそうだわ。
スポンサーサイト
<< 「大雪の蔵」 // HOME // チェロコンサートと「酒菜家」 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/91-e5a607d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //