美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
少し前になりますが、紀尾井町で開かれた「林家正蔵独演会 秋の正蔵」を
聞いて来ました。
演目は古典落語の「池田大助」と「淀五郎」。

「池田大助」は、大岡越前の守がお忍びで市内を巡視中に見付けた利発な
子供とのやり取りの話で、その頓知に感心した越前の守が、武士に取り上げる
というサクセスストーリー。
頓知のやり取りが正蔵さんのキャラにはまって、とても面白かったです。

「淀五郎」は歌舞伎のお話しで、忠臣蔵を上演する事になった名人団蔵と
新人淀五郎のお話しです。
切腹のシーンで、「なっちゃいない」と団蔵にけなされた淀五郎は、悩んで
本当に切腹する覚悟で稽古をして、やっと名人に認められるのですが、前日
あまり寝ていなかった私は、落ちになっても直ぐには判らず暫し考えて
しまったので、笑いがタイムラグ(^^;
途中寝てしまうかと心配していたのは杞憂で、最後までちゃんと聞けたのは
生で聞く面白さなのでしょうね~。

正蔵さんは初めてでしたが、客席とのやり取りがあったりして雰囲気も良く、
話し始めると引き込まれていくのはさすがで、結構楽しめました。

その後、ニューオータニの中にある「伊勢廣」という焼鳥屋さんへ。
鶏の色んな部位が味わえる焼き鳥コースもありますが、内臓が苦手な私は
単品でオーダー。
カウンターに座って、目の前で華麗な手付きで串を返すおじさんを眺めながら、
ご飯と焼き鳥を食べていました(笑)
ビール抜きの焼き鳥なんて間が抜けてるわ~と思っていたけど、意外や意外、
しっかり味わえるのでこれもまた乙な物♪
鶏肉も美味しかったけど、肉厚の椎茸が最高っす(^^)
スポンサーサイト
<< 「陣屋」 // HOME // 「マンダリンオリエンタルホテル」のアフタヌーンティ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sally55.blog90.fc2.com/tb.php/95-0ef6ef5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //