美味しい物を食べる事がよすがになっている管理人が、ランチの感想や食べ物にまつわる話しを徒然に書いています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
リンク
RSSフィード
全ての記事を表示する
ブログ内検索

プロフィール

サリィ

Author:サリィ
北海道在住。持論は、「人生の大いなる楽しみは、美味しい物を食べる事」。
見た目の優雅さに憧れて乗馬を始めたものの、こんなにハードだったとは・・・(トホホ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
まずは今食べている、実家から貰ったお米(ななつぼし)を炊いてみました。
「匠炊き」という、時間を掛けて給水させ、一気に加熱して”はり・つや”の
あるご飯に炊き上がるという、メーカー一押しの炊き方です。

このお米、知り合いの農家から毎年分けて貰っているけど、毎年味が違います(^^;
昨年は美味しかったのに、今年はどうも美味しくない(笑)
同じ農家でも田圃によってお米の味は違うらしいから、今年分は場所が
悪かったのかも?

良い炊飯器で美味しくないお米を炊いても、味が突然美味しくなる訳でもなく、
評価のしようがありません(笑)
それで「ゆめぴりか」を買って来て、試してみる事にしました。

「匠炊き」で炊くと、ご飯はつやつや光ってモチモチ。
甘味もあって美味しいです。
直売所の試食で食べた、同じゆめぴりかのご飯よりも、うちのご飯の方が
美味しく感じたのは、炊飯器の力でしょうか?

翌日は「四季炊き」という炊き方も試してみました。
これはそれぞれの季節のお米の性質に合わせて、また甘味・粘り・硬さを
好みで調整出来るという、賢い炊飯機能です。

こちらの方が、より好みに近く炊き上がる気がして、私は四季炊きの方が
好きかな~。
何れにしても、どちらの設定でも美味しく出来上がりました(^^)

炊飯器もどんどん進化していきますが、美味しくないお米が美味しく炊ける、
魔法の炊飯器を誰か開発して欲しいです(笑)
1ヶ月程前、炊飯器の外蓋中央部(パッキン調圧というらしい)のパッキンが
破れてしまいました。
そのまま使っていたのですが、縁に水分が溜まるし、ご飯の炊き上がりが
ベチャッとして美味しくありません。

我慢して食べていたのも限界になり、修理出来るかどうか問い合わせてみました。
SANYOの修理センターに尋ねたら、持ち込みで6000円くらい掛かるとの事。
購入してから5年経っているので、どうしようか迷ってネットで調べてみました。

すると、炊飯器の寿命は5~6年と書いてあるものが多く、内釜のコーティングが
痛んだり、センサー部分が壊れやすいのだとか。
電器屋さんでも5~6年で寿命と言われたので、我が家の炊飯器も買い換える
事にしました(^^;

価格comでチェックすると、圧力IH炊飯器では「象印の羽釜」と、「日立の
真空熱封」の評判が良さそうです。
実物を見てから決めようと、電器屋さんへ行くと、「羽釜」はお手入れも
楽そうで、お釜の形状がご飯を炊くと、如何にも美味しそうに見えます(笑)

炊き上がりがシャッキリしたご飯が好きなら日立、モチモチしたのが好きなら
象印と聞いて、ほぼ象印に心が傾きかけた時、店員さんが「パナのおどり炊きは
良いですよ~。 買った人は皆さん美味しいって言ってます!」と言うので、
よくよく見たら、SANYOの銅釜がパナに名前を変えて、売られているでは
ありませんか(@_@;)

パナの子会社になって、白物家電は中国に売られたと聞いたので、炊飯器も
無くなったと思っていたけれど、「おどり炊き」だけは生き残っていて
くれたのですね。
壊れた炊飯器も「おどり炊き」で気に入っていただけに、土壇場でパナが
大逆転! 「羽釜よ さようなら~」です(笑)

値段をチェックして、結局安く買えるネットで頼んでしまいました(^^;
明日は初のご飯を炊いて、感想はまた改めて。
お天気が良かったのと、かねてから旦那がヘンケルスのお店を見たがって
いたので、北広島市のアウトレットに出掛けました。

刃渡り16cmのペティナイフ(これ1本で何でも切れます(笑)の柄が
壊れかけてきたので、それを探していると、お店の人が丁度3000円ずつの
値段差の包丁を、3種類出してくれました。

値段の差は刃材の違いだそうで、当然高い程良く切れて、切れ味も長持ち
するとか。
高い物は道場六三郎とのコラボレーションで、コバルト・バナジウム・
モリブデン鋼のステンレススチールだから、TWINの包丁とは全然違うそうです。

でも6000円の差額は大きいし、道場さんのとコラボに、少し商売っ気を感じて
しまって、随分迷ってしまいましたが、「毎日使う物だから、良い物を
買った方がいいよ~。」と言われて、思い切ってコラボのMIYABIシリーズを
買ってしまいました(^^;

使ってみると、握りは和包丁の感じがします。
新しいだけあって、さすがに気持ちよく何でも切れます。
知らないうちに、左手の平がうっすらと切れていましたが、触っただけで
表面が切れるなんて凄いかも(笑)

お店では他に、staubのココット・オーバルも購入。
蓋をしたままオーブンに入れられるお鍋が欲しくて、以前からチェックして
いたのですが、半年以上経ってやっと決心が付きました(笑)
定価なら無理でも、4割引なら買えそうです。

何種類かの色の中から、色むらや傷等を確認して、1番良さそうだったのが
ブルーのお鍋。
希望色はチタンかブラックでしたが、アウトレット品に文句は言えません(笑)

    staub


クリスマスに向かって、ちょっと楽しみが増えました(^^)
JAの農産物直売所”あさがお”で見つけた「江丹別の白いチーズ」は、江丹別に
ある牧場「カウ&カーフ(COW&CALF)」さんの自家製フレッシュチーズです。

    cow&calf


ケースに入って柔らかそうに見えたので、お店の方に「クリームチーズですか?」
と尋ねてみると、「いえ、クリームチーズでは無く、フレッシュチーズです。
ジャムや蜂蜜を掛けて食べるといいですよ。」と教えてくれました。

自宅に戻ってから、取り敢えずそのままの状態で味見。
酸味が強くて、脂肪分のあるカッテージチーズのようです。
ボソッとした食感と酸味が気になって、このままではちょっと微妙な感じ(^^;
甘いチーズが嫌だったので、サラダのトッピングにしてみました。

ルッコラやサラダホウレン草、ミニトマトと一緒にバルサミコドレッシングを
掛けると、野菜の微かな苦みとドレッシングの酸味、チーズのクリーミィーさが
一体となった美味しさに吃驚!
そのまま食べた時は、正直イマイチだったチーズの酸味が、ドレッシングに
よって見違える味に変身♪
特にサラダホウレン草やミニトマトとはお似合いで、この組み合わせが
お気に入りになりました。

チーズって、そのまま食べただけじゃ判らない事もあるものなのね~。
我が家では、サラダ用にリピーターしてしまいました(笑)

ある雑誌で、ペットの頭の良い順番に 犬>ウサギ>猫 と書いてありました。
猫を飼ってる身としては、これは聞き捨てなりません(笑)

犬と猫は習性や行動が違うので、単純に比較は出来ませんが、子供の頃に犬を
飼っていた事があるので、犬と猫の頭の良さは同じくらいの感じがします。

親馬鹿ですが、うちの猫は飼い主の自動車の音を聞き分けて、毎回玄関まで
迎えに出るし、1度駄目と叱ると2度とやりません。
呼べば来るし、まるで人間の言葉が判るようで、話し掛けると会話になって
いたりします(笑)

そんな猫に悪戯して、たまに毛を挟んで遊ぶのに使っていたのが「クリップ・
イット」。
本来はお菓子や粉類の袋の口を止めるクリップで、密封性が抜群!
スウェーデンのWeLoc社製で、-20℃~140℃まで耐えられるので、使い勝手が
とても良く、かれこれ10年近く愛用しています。

    clip-it


壊れてしまった物が出たので、買い足そうとLoftへ出掛けたところ、もう
扱ってはいないとの事。
ホーマックや他のスーパーにも無く、セブンネットショッピングでは
販売・生産終了の表示が・・・
ネットで探してみたら、やっと1軒だけ扱っているお店を見つけましたが、
送料が700円とクリップ代より高いので、どうしようか迷っています(^^;

類似品はあっても、性能が良いのはやっぱりこれ。
手に入らないとなると欲しくなるのは、人間の性でしょうか(笑)
何処かで取り扱いを再開してくれないかしら・・・

BACK // HOME // NEXT